教会の前庭には大阪ゆかりのキリシタン大名、高山右近像とその説明文があります。説明にあるとおり、家康の時代にキリスト教への信仰を貫いてマニラに追放され、その地に眠っています(1552~1615)。 関連記事:・高山右近と細川ガラシャの足跡(2010年10月 9日)