profyuki.cocolog-nifty.com > 果物と樹木の紹介 Fruit and trees

h干柿3

h干柿3

2011年12月11日 (日)

カキの渋みはタンニンによるもので、このカキタンニンは果肉のタンニン細胞の中にあります。甘ガキは一般にこの細胞が小さいが、渋ガキでは大きいため、渋ガキを食べると細胞がつぶれ、それが溶け出て渋く感じます。

関連の記事が ・今年も干しガキのシーズンとなり、「干しガキに ベランダとられて 風呂場干し」  にもありますので、ご覧ください。 

| トップページ |