profyuki.cocolog-nifty.com > プロフ・ユキの訪れた海外の国々 Overseas recollections

インドネシア・ラフレシアの旅2:1

インドネシア・ラフレシアの旅2:1

2012年2月29日 (水)

14日にベンクルに到着して直ぐホテルに向かい、チェックインをしましたが、フロントで名前、住所と国籍を書くぐらいで、通常見せるクレジットカードもいらないと返してきました。どうしてとマリンに尋ねると、自分の方で払うから要らないとのことで、困ったなと思っていました。それでもチェックアウトする際に、早めにフロントに行き、こちらで払えばいいだろうと思っていましたが、後で書くように事前にすべてマリンが払っていました。この後の食事代も更に、帰りのジャカルタまでの飛行機代も出してもらっていたことに、今書いていて気がつきました。

関連の記事が ・スマトラ島のジャングルに、世界最大の花ラフレシアとブンガ・バンカイを探し求めての旅(2)  にもありますので、ご覧ください。 



ここでちょっとインドネシアの歴史に触れると、17C初め英国の東インド会社が東南アジアのコショウなどの香辛料貿易のため、シンガポールなどに拠点を置いていました。しかしその後のイギリスとの覇権争いに勝ったオランダの東インド会社が、インドネシアのバタビア(現在のジャカルタ)やスマトラ島のパダンなどを拠点に、日本の長崎・出島に貿易に来るなど発展してきました。その名残がベンクルにも残っており、その英国の要塞跡があって、大砲はインド洋に向けて配置されていました。

| トップページ |