profyuki.cocolog-nifty.com > プロフ・ユキの紹介する京の街角 The highlight of Kyoto

d大徳寺土塀3

d大徳寺土塀3

大徳寺

2004年5月 6日 (木)

大徳寺は臨済宗大徳寺派の大本山で、京都十刹の随一。応仁・文明の乱に罹災した。時の住持一休和尚はその後、堺の裕福な商人の支持を得て再建した。安土桃山時代には豊臣秀吉が織田信長の葬儀を行い、信長の墓は北大路通りを挟んで南側の建勲神社にある。

大徳寺の西北の角から下がる道は、今宮神社の参道で、大徳寺の土塀には瓦が補強のためかきれいに埋め込まれている。単なる補強のためだけとは思えず、邪気払いか何かのためではないかと思われる般若の顔などが埋め込まれている。

その埋め方が面白く、また普通の屋根瓦だけでなく、鬼瓦それも恵比寿様や、家紋など図案の違った瓦が配置されており、人目を引いている。

関連記事:・大徳寺土塀に埋め込まれた瓦は必見(2010年8月16日)

| トップページ |