カテゴリー「・日本の街角 Hilights of Japan」の19件の記事

2016年11月 5日 (土)

・北海道の函館にある「天使の聖母トラピスチヌ修道院」は何か心惹かれる所です(2)

英国に住んでいた時滞在していたロンドン大学ワイカレッジは、ほかの大学と同様に教会に属するラテン語学校から発達してきています。だからワイチャーチの牧師も大学行事に参加していて、学生にいつも教会に来るよう話しかけていました。しかし若い学生のミサへの参加は、減ってきているようでした。時々日曜日のミサに参加しましたが、村人の多くは参加して一週間の行動を振り返っているようでした。私も日本ではまれにしかお寺や神社に行かず年一回だけ天竜寺の座禅に参加するぐらいで1週間の生活を振り返ることなく過ごしています。

前回聖母トラピスチヌ修道院の来歴、設備やお土産品などを紹介しました。この修道院は祈りと労働を主要な手段として、神と人々に奉仕する隠世共住修道会です。その厳しい毎日の修道生活を、修道女の生活から紹介します。

T014

トラピスチヌ修道院

修道院は木々と緑に囲まれ、公開部分は左の図のようで、白い線で示した内側です。

続きを読む "・北海道の函館にある「天使の聖母トラピスチヌ修道院」は何か心惹かれる所です(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

2016.11.01・北海道の函館にある「天使の聖母トラピスチヌ修道院」は何か心惹かれる所です

北海道には連絡船の時代から何度か旅行に訪れ、特に函館にはエキゾチックな雰囲気を残す函館ハリストス正教会、五稜郭などがあり、特にトラピスチヌ修道院には何度か訪れました。子供の頃に母に連れられ、巡回牧師が来られる日曜学校に行っており、讃美歌や聖書の話には何度か触れていました。そんなことから海外でもよく教会を訪れていまして、海外の修道院にも行ったことがあり、なんとなく修道院は気になるところでした。特に、幼友達のEさんが病魔に侵され、キリスト教に助けを求め、トラピスチヌに行きたいと言っていたことを思い出します。現在の進んだ医学でも、中々完全治癒のできない病気がり、精神的拠り所をどこに得られるかは大きな問題です。

Dsc_0070a

トラピスチヌ修道院

 右は聖母マリア像、左は読書をしている修道女。

続きを読む "2016.11.01・北海道の函館にある「天使の聖母トラピスチヌ修道院」は何か心惹かれる所です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

・今年のお盆には、イルカと楽しく遊べる日本ドルフィンセンター(香川県さぬき市)へ孫たちと行きました

今年のお盆には長男のところに次男が生まれましたので、全家族お盆休み高松に集まって過ごすことになりました。帰省ラッシュに巻き込まれながら、次男家族鳴門ビンビ屋で新鮮なお魚料理をとるつもりでした。びんび屋は以前に、ブログで紹介したことがあります。しかし誰が考えることも同じで、びんび屋超満員で、警察のパトカーが出て整理をする有様でした。やむなく他の店昼食をとり津田海岸を目指しました。お目当ては津田松原手前にある、日本ドルフィンセンタ-イルカとの触れあいをすることで、センター長男家族合流しました。

 

Kis1

イルカのジャンプ

続きを読む " ・今年のお盆には、イルカと楽しく遊べる日本ドルフィンセンター(香川県さぬき市)へ孫たちと行きました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行3(伊吹山山頂のお花畑2)

酷暑京都市内を離れ、琵琶湖クルーズの遊覧船で多景島をめぐり、琵琶湖の大きさを満喫しました。またその後伊吹山ドライブウエイを快適に進み、いよいよ標高1260スカイテラス駐車場に到着し、お花畑を散策しました14種類の高山植物のお花を見つけ、そのうち6種類を前回に紹介しまして、今回は残りの8種類紹介します。必ずしも高山植物とは言えないものもありますが、ここ伊吹山にしか生息していない種類も幾つかありました。また1種類だけでなく、23種類は混ざって一緒に群生して生えているところもたくさんあり、本当にお花畑様相でした。


 

Iko1

伊吹山の花々

続きを読む " ・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行3(伊吹山山頂のお花畑2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行2(伊吹山山頂のお花畑1)

酷暑京都市内を離れ、琵琶湖クルーズの遊覧船で多景島をめぐり、琵琶湖の大きさを満喫しました。またその後バスに戻り、伊吹山ドライブウエイを快適に進み、いよいよ標高1260スカイテラス駐車場に到着しました。先に書きました通り、頂上見上げるとはるかかなた遠くに歩いているが見えますが、登りが待ち構えていることはとんと忘れていました。覚悟を決めてルートを検討すると、登りルートは二つあり約40分の西登山コースと、急こう配の階段を上る約20分の中央登山道コースがありました。そこで、お勧めの時間はかかるがこう配の緩やかな西登山コースで登り、下りに中央登山道コースを取ることに決めました。開花していた数・種類は結構多く2回に分けて紹介します。

 

Ish1

伊吹山のお花畑マップ

続きを読む "・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行2(伊吹山山頂のお花畑1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行1(多景島クルーズと伊吹山ドライブウエイ)

京都例年にない暑い日が続きておりそれを逃れ、7月下旬には伊吹山お花畑満開になる見込みだとのことで、申し込んでいました。当日730分に京都駅南口駅前広場バスは定刻に出発し、一路琵琶湖を目指しました。快適に高速道路を走り、9時半頃には彦根に到着し、彦根藩井伊家の居城であった彦根城が見えてきました。には琵琶湖クルーズ遊覧船が、停泊していました。うっかりと竹島クルーズと思っていましたが、同じ発音でも多景島クルーズとかで、目を白黒しました。

そこで、今回は多景島クルーズ伊吹山ドライブウエイで見た山なみを紹介し、次回に伊吹山お花畑を紹介します。

Nbi1

 

納涼バス旅行

続きを読む " ・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行1(多景島クルーズと伊吹山ドライブウエイ)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

・北海道の余市で見事なサクランボとリンゴ、ブルーベリー、プルーンの果物を見てきました

北海道余市6月末に行く機会があり、見事なサクランボを見て来ました。サクランボといえば山形産が有名ですが、実は明治初年に北海道サクランボ栽培が始まった歴史があります。明治新政府農業近代化促進のため、西欧の野菜・果物の導入のため、まず気候風土がヨーロッパに似た北海道でこれらの栽培技術・品種改良が始められました。農業教育機関として札幌農学校駒場農学校と共に、京都府農牧学校京丹波に設置されたことは先に、「日本三大農業教育発祥の地・京都府農牧学校の跡」で紹介しました。

余市にはNHKドラマ「マッサン」で有名になったニッカウヰスキーがありますが、冷涼な気候で果樹栽培にも適しており、サクランボ、リンゴに加えプルーン、ブルーベリーが栽培されており、余市で見かけたそれらの果物を紹介します。

 

Byk

 

余市の果物

続きを読む "・北海道の余市で見事なサクランボとリンゴ、ブルーベリー、プルーンの果物を見てきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

・久しぶりに大阪造幣局の桜の通り抜けをしてきました

大阪の旧淀川河畔にある造幣局は、私が子供時代にも訪れたことのある桜の名所通り抜けに解放されています。今年は411日(金曜日)から417日(木曜日)までの7日間で、14日(月)に太極拳の講座で汗を流した後向かいました。さすが大阪の人は毎年のように訪れるらしく、超満員の人込みで本当の文字通りの通り抜けで、写真のシャッターを切るのが難しいくらいの混雑ぶりでした。

 造幣局八重桜が多く、一方通行の通り道560mに造幣局の説明によれば、現在関山、普賢象、松月、紅手毬、芝山、楊貴妃など 131品種350 が植えられています。以下には私の気に入っただけを選び、造幣局HPから各品種の説明をつけました。

Azs1

 

造幣局

続きを読む "・久しぶりに大阪造幣局の桜の通り抜けをしてきました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

・家人の誕生祝のリクエストで、伊勢神宮参拝となばなの里のウインター・イルミネーションを見に行きました(2)

今年も家人の誕生日が近づいたある日、新聞広告に載っていた“伊勢神宮参拝となばなの里のウインターイルミネーション”に行ってみたいとのリクエストで、早速申し込みました。2年前にも私は三重県長島のなばなの里に行っていまして、その見事なベゴニアガーデンフクシャガーデンについて先に紹介しました。

An1

なばなの里

続きを読む "・家人の誕生祝のリクエストで、伊勢神宮参拝となばなの里のウインター・イルミネーションを見に行きました(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

・家人の誕生祝のリクエストで、伊勢神宮参拝となばなの里のウインター・イルミネーションを見に行きました(1)

私は2年前の東北大震災当日、愛知県のM式水耕研究所のモデルハウスに見学に行っていました。水耕装置の液面がゆらゆらゆれるのにおかしいなと思っていて、ふと遠くの電柱を見るとそれもユラユラ揺れているのでこれは地震だと驚いたものでした。そのあと、三重県長島のなばなの里に行っていまして、その見事なベゴニアガーデンフクシャガーデンについて先に紹介しました。

Ai1

伊勢神宮

続きを読む "・家人の誕生祝のリクエストで、伊勢神宮参拝となばなの里のウインター・イルミネーションを見に行きました(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)