« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023年7月31日 (月)

・ビル・ゲイツ氏から唯一日本で選ばれて府立植物園へ贈られた本とお人形

 

ビル・ゲイツ氏(William Henry "Bill" Gates III、1955年10月28日生まれの67歳)は、マイクロソフ

ト社の創設者として一代で巨万の富を築いたアメリカ合衆国の実業家です。パソコンを動かす基本システ

ムであるOSとしてWindows95などのソフトを開発して、Macintoshと並ぶソフトメーカーとなっていま

す。会社が安定して以降、恵まれない人への慈善活動にも取り組んでいます。彼は熱心な読書家であり、

毎年のホリデーシーズンに「年末年始に読みたい本」リストとして過去12箇月に読んだ本をブログで紹介

しています。2022年11月には、「人生で読んだ最高の本5冊」を自身のブログで紹介し、世界100箇所の

リトルフリーライブラリーにプレゼントすると公表しています。ブログには世界100箇所の地名が記載さ

れ、日本では43番目として京都のみ記載があります。

府立植物園の南にある正門を入り、観覧温室へ向かう途中左側にベニテングタケをモチーフにした「きの

こ文庫」があります。ここに4基の書庫があり、自由に閲覧できる絵本など約2400冊が収納されてい

て、子どもたちに親しまれています.今年の4月、本の定期点検を行なっていた際に、英語の本4冊が見つ

かりました。植物園の担当者は、誰かが読み終えた本を棚に入れたものだと思っていました。しかし頁を

繰るうちに、ビル・ゲイツ氏のメッセージカードが本の扉に貼られており、そこには「あなたが手にしてい

る本は、私が置いた6冊のうちの1冊です。』との記述がありました。そこでさらに4基の書庫をくまなく

探したところ、最畿の1冊と小さなかわいい妖精のお人形が見つかりました。

クリスマスプレゼントとして、世界中に こっそりと配架されたチャーミングでさりげない所作はゲイツ氏

らしいはからいだと思われますし、世界100箇所のうち、日本で唯一選ばれたことは府立植物園にとっ

てとても名誉なことです。

府立植物園へのエールと捉え、次の100年に向けて、IT社会の種を蒔かれたゲイツ氏にあやかって、植物

がもたらす未来への種を蒔く植物園として人類社会への貢献に微力ながらも尽くしたいと決意を新たにし

ています。(府立植物園のHPから紹介させてもらっています。)

Photo_20230731174101

① きのこ文庫マップ

赤丸で示した場所に「きのこ文庫」の書架が4個あります。この「きのこ文庫」の書架に、ビルゲイツ氏

の依頼を受けて5冊の本とお人形がそっとプレゼントされていました。

続きを読む "・ビル・ゲイツ氏から唯一日本で選ばれて府立植物園へ贈られた本とお人形"

| | コメント (0)

2023年7月14日 (金)

・最近のソニー・ウォークマンは小型化し、一層便利になり愛用しています

 

音楽を聴くのはかっては音楽テープでしたが、今はCDになり更にスマホなどでダウンロードして聞く時代

になり、ICT機器も多様化しています。流行に疎い高齢者ではなかなかそれを活用するには至らず、流行

の後尾を遅れ遅れについていっています。

私が経験して重宝したのは、ソニーのウオークマンでした。もうかなり以前だと思いますが、ホルダーが

ありベルトに着けて携行できて便利でした。それがいつしかパソコンにつないで、ダウンロードして保存

して聞くタイプの東芝ギガビートに変わり、これは画像も保存でき、また音楽も聞けて便利でした。ただ

パソコンでデーターのやり取りが専用ソフトに限られていたため、少し使い勝手が良くなくて、何か便利

な機器はないかと探していました。

それで2020年に見つかったのがソニーウオークマンS-315で、極めて小型でありながら記憶容量が大き

く、何よりもスリープターマーがついているのが、気に入り今も愛用しています。

1日の仕事が終わり、ほっと落ち着き愛読書を読んだリ、音楽を聴きながら眠りにつくには、至福のひと

時です。

 

1sony

sonyウォークマン

ソニーウオークマンは長く愛用していましたが、いまだに電池を変えれば十分に使えます。ただカセット

テープを使うことが無くなり、出番が無くなっています。寸法は83mmx105mmx28mmで、重さは

213gです。FMとAMのラジオが聞けます。最近ではリバイバルで、カセットテープの音色が見直され

てきているようで、また出番があるかも知れません。

続きを読む "・最近のソニー・ウォークマンは小型化し、一層便利になり愛用しています"

| | コメント (0)

2023年7月 1日 (土)

・5月中頃になると京都府立植物園のバラ園では色とりどりのバラが咲き揃ってきます(2)

 

先にバラにはツル性のツルバラ、ポールにツル性の強いバラを誘引するポール仕立て以外に、切り花に

もする大輪のハイブリドティー、更に房状に多くの中輪の花が咲くフロリバンダなどの種類があること

を書きました。バラはチベット、中国雲南省からミャンマーが原産地で、ここから中近東、ヨーロッパ

へ、また極東から北アメリカへ伝搬しました。最初は一重で5枚の花弁がありましたが、園芸的には八重

が好まれることから、多くの八重咲きで四季咲き性の品種が育成されています。モッコウバラも何度か

紹介しましたが、この品種は中国原産で一季咲きのつる性のバラです。花色は白色か黄色で一重と八重

があり、共にトゲが無いのが特徴です。

ここには前回に続き、京都府立植物園のバラ園で見たバラを紹介します。

 

  • 1dscn3225a

シェエラザード

2013年日本作出の品種で、強香があり半つる性のシュラブローズです。

四季咲き性で、花色はピンクグラデの奇麗な花です。

続きを読む "・5月中頃になると京都府立植物園のバラ園では色とりどりのバラが咲き揃ってきます(2)"

| | コメント (0)

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »