« ・ベランダでは5月になるとナデシコ4種の赤、白、ピンクに赤・ピンクの花が満開になっててきました | トップページ | ・ベランダでは新顔のミニバラ‘ほほえみ’が極小サイズの花ながら沢山咲いています »

2021年6月12日 (土)

・ベランダでは3月になるとムスカリ坊やが休眠から目を覚まして、たくさの花をつけるようになります

 

ムスカリは丈夫な花で、3月になると、野原のあちこちで咲いているのを見かけます。小さな球根で簡単に

増えるため、自然に広がってくるのでしょう。ブルーの釣鐘状の可愛い花なので、先にその写を載せまし

た。

今回はベランダの小さなプランターに植えたムスカリが、休眠から目を覚ましムックリと花首を伸ばしなが

ら、たくさんの可愛い花を発達させてくるのを観察しました。

清少納言は枕草子に「何も何も、小さきものは、みなうつくし(可愛い)」と書いています。本当に小さい

ながらよく見ると可愛い形をしています。

ムスカリ(学名: Muscari botryoides (L.) Mill.)はユリ(キジカクシ)科ムスカリ属の植物の総称です。地

中海沿岸~南西アジアにおよそ40種が分布する球根植物です。

花は一見するとブドウの実のように見えることから、ブドウヒアシンスの別名があります。開花期は3月初

めから4月終わり頃まで咲きます。

  • Dsc_0046a

ムスカリ

ムスカリ坊やの目を覚ましたところから、開花してくるまでの過程です。

  • Dsc_0047a

ムスカリ

3月が近づくと、まず葉が伸びだしてきます。葉の間から、にょきにょきと小さな蕾が見えてきます。

 

  • Dsc_0053a_20210612162101

ムスカリ

蕾の全体が見えてきたところです。もう既に見えているだけで20個くらいの蕾ができています。

 

  • Dsc_0054a_20210612162101

ムスカリ

ムスカリの花の集まりは総状花序と言いますが、下向きに釣鐘状の花を隙間なくつきます。普通見かけるの

はブルーの花色ですが、白や黄緑の花もあるようです。写真では、最も下の蕾からブルーに色づいていま

す。花被(花弁+ガク片)は6枚なのがよく分かります。

 

  • Dsc_0055a_20210612162201

ムスカリ

花序はだいぶん長く伸びてきました。各蕾の基部はブルーに色が着き、最下段の2段の蕾はブル-に染まっ

てきました。

 

  • Dsc_0056a_20210612162201

ムスカリ

各蕾の色はブルーが一層広がってきています。

 

  • Dsc_0057a_20210612162301

ムスカリ

ムスカリの花序はよく発達して、どの蕾もブルーになってきました。

 

  • Dsc_0058b

ムスカリ

花序をアップしました。蕾は9段くらい並び、最下段の2段の花はよく発達し、花被の先端は白色で、外に展

開しています。

 

  • Dsc_0059a_20210612162401

ムスカリ

良く発達したムスカリの花です。各花は下を向いているので、各花の先は白い縁取りがされているように見

えます。各花序の先端の花は水平から上に、向かって咲いています。

 

|

« ・ベランダでは5月になるとナデシコ4種の赤、白、ピンクに赤・ピンクの花が満開になっててきました | トップページ | ・ベランダでは新顔のミニバラ‘ほほえみ’が極小サイズの花ながら沢山咲いています »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ・ベランダでは5月になるとナデシコ4種の赤、白、ピンクに赤・ピンクの花が満開になっててきました | トップページ | ・ベランダでは新顔のミニバラ‘ほほえみ’が極小サイズの花ながら沢山咲いています »