« ・茅の輪くぐりを平野神社と北野天満宮でして夏越の祓いをした後、北野天満宮で七夕飾りを見てきました | トップページ | ・6月初めの府立植物園バラ園ではツルバラが満開に咲き、噴水横ではギガンチウムのブルーの花が真丸で咲いていました »

2020年7月17日 (金)

・アジサイのガクアジサイと外国種のアナベルについて、中央部にある両性花と周辺にある装飾花を観察しました

 

梅雨時には街路樹の下などにアジサイをよく見かけその特性を2013に、また同じ頃咲く白い花と共にアジ

サイを2014年に紹介しています。よく見かけるガクアジサイはアジサイ科アジサイ属に属します。日本が原

生地で、これに他の種類が掛け合わされて多くの品種が育成されています。アジサイは中央部に小型の両性

花が無数にあり、周辺に大型の装飾花があります。ガクアジサイの仲間で、花序全体が装飾花のものをホン

アジサイと呼びます。江戸時代長崎にホンシーボルトは、これに対してオタクサと命名していますが、これ

は既に命名されていた品種と同じであるため、学名としては今では使われていません。長崎のシーボルト記

念館には今もこのアジサイが栽培されていることを先に紹介しています。一般にガクアジサイ、ヤマアジサ

イ、ハイドランジアなどの西洋アジサイ、カシワバアジサイなどの外国種のアジサイに分類されますが、ど

んどん多くの品種が育成されその関係は複雑になっています。

 アジサイの花は複集散花序で、枝分かれした小花が多数集まって球形にできています。そのほとんどの小

花は雄しべ・雌しべのある両性花ですが、その周囲をやや大型の装飾花が取囲んでいます。両性花の雄し

べ・雌しべの形態は明らかでなく、装飾花では雄しべ・雌しべが退化した中性花と書かれたりしますが、そ

の特性は明らかでないことが多いようです。そこでこれらの小花の雄しべと雌しべについて、観察してみま

した。

 

  • Dscn8920b

アジサイの花

ピンクの花はガクアジサイ、白い花はアジサイの品種‘アナベル’です。

  • Dscn8921b

ガクアジサイ

このガクアジサイでは、中央部にたくさんの小花がありこれらは雄しべと雌しべのある両性花です。その周

辺に5つ見える小花は、雄しべと雌しべが退化したとされる装飾花です。

 

  • Dscn8927b

ガクアジサイ

装飾花の一つをアップしています。多数の花弁があり、その中央に雄しべ・雌しべは見られないようです。

 

  • Dscn8928abjpg

ガクアジサイの装飾花

装飾花を拡大して観察しましたが、やはりその中心には雄しべも雌しべもないようです。

 

  • Dscn8929a

ガクアジサイの両性花

一方の中央には、両性花とされる小花が多数あります。咲いている小花もあれば、まだ硬い蕾の小花もある

ようです。

 


  • Dscn8930ab_inpixio

両性花

花序の中央部を、拡大して見ました。花弁は4~5枚で、その中心部に雄しべか雌しべらしきものが観察され

ます。

 

  • Dscn8930bb_inpixio

両性花

この両性花では、花弁は3枚、雄しべが3本、雌しべも3本に分かれているようです。雄しべの先には白っぽ

い葯があり、その下の花糸は花弁と同じピンク色です。同じく濃いピンク色の雌しべの先の柱頭は、3本に

分かれています。

 

  • Dscn8930cb_inpixio

両性花

この両性花では、花弁が3枚、その間からガク片も3枚見えます。雄しべは2本、雌しべは3本に分かれていま

す。

 

  • Dscn8930eb

両性花のつぼみ

左のまだ緑色のつぼみでは、花弁と花弁の間の基部にガク片が見えます。右の開きかけた両性花でも、ピン

ク色の花弁の下にやはりピンク色のガク片が見えます。

 

  • Dscn8930fb

両性花

この両性花では花弁は4枚、雄しべは3本、雌しべは3本に分かれています。

 

  • Dscn8930hb

両性花

この両性花では花弁は4枚、雄しべは見られなくて、雌しべは5本に分かれているようです。

 

  • Dscn8963

アナベル

マンションの坪庭に、‘アナベル’が咲いていました。アナベルは、北アメリカ東部に自生するアメリカノリノ

キ(Hydrangea arborescens)の変種を品種化したアジサイです。


アナベルは大きな装飾花を手毬状に咲かせ、枝が細くててまり上の花が多い場合には、やや垂れ気味になり

ます。蕾の時は黄緑色ですが、開花すると純白の花になります。その後白色からまた黄緑色に変色していく

ため、枝につけた状態で長く楽しむことができます。

 

  • Dscn8964ab

アナベルの花序

このように純白の小花が、びっしりと球状についています。

 

  • Dscn8964bb

アナベルの花

小花はすべて装飾花で、純白の4枚のガク片があるだけです。

 

  • Dscn8964cb

アナベルの花

装飾を拡大して観察しましたが、ガク片が4枚あるだけで、雄しべと雌しべは退化してないようです。中央

の小突起は花はどうかは不明でした。

 

 

 

|

« ・茅の輪くぐりを平野神社と北野天満宮でして夏越の祓いをした後、北野天満宮で七夕飾りを見てきました | トップページ | ・6月初めの府立植物園バラ園ではツルバラが満開に咲き、噴水横ではギガンチウムのブルーの花が真丸で咲いていました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ・茅の輪くぐりを平野神社と北野天満宮でして夏越の祓いをした後、北野天満宮で七夕飾りを見てきました | トップページ | ・6月初めの府立植物園バラ園ではツルバラが満開に咲き、噴水横ではギガンチウムのブルーの花が真丸で咲いていました »