« ・11月下旬に大徳寺での紅葉と今宮神社参道の黄葉を見てきました | トップページ | ・今年の暮れもベランダでは家人の作るたくさんの干し柿が暖かい日を浴びています »

2019年12月24日 (火)

・11月初めの京都府立植物園ではサルビア・レウカンサの紫色の綺麗な花が満開でした

 

秋になると京都府立植物園の大芝生では菊花展が開かれ、鉢植菊の優秀作品が並べられ、盆栽菊や懸崖菊も

並べられています。嵯峨菊と小菊のドーム作りについては、先に紹介しています。子供さんに人気なのは、

菊の花で飾った乗り物で、今年は新幹線の形でした。家族連れの人達は盛んにその前に子供を立たせて、

シャッターをきっていました。鉢植菊を見た後、正門前にはいつも円形花壇が季節の花で飾られているので

すが、この季節では何の花かと思っていると縁をマリーゴールドで飾られ、その中央には紫と白色の花がた

くさんついたサルビア・レウカンサでした。

 サルビア・レウカンサは、シソ科サルビア属の多年草です。中央アメリカ原産で、非耐寒性の植物です。

学名はSalvia lencanthaで、別名にはアメジストセージ、メキシカンブッシュセージなどがあります。以前

紹介しましたラベンダー・セージによく似た、シソ科特有の唇状の花を着けます。

 

  • Dscn9490aa

サルビア・レウカンサ

満開のサルビア・レウカンサの紫と白色の綺麗な花です。霜に当たると地上部は枯れますが、地下茎は越冬

し、翌春にまた生育を再開します。

草丈は、150cm前後になり、比較的大型のサルビアです。

  • Dscn9491a_20191224000801

サルビア・レウカンサ

無霜地帯では低木状になりますが、0~5℃以上でなければ生育しません。株元からたくさんの茎を出して茂

り、横にも広がります。日が短くなると咲く短日植物で、8月から11月中旬にかけて咲くサルビアです。冬

の寒さが来るまで咲き続けます。

 

  • Dscn9492ab

サルビア・レウカンサ

花期になると、茎の上部または枝先に花序を出し、花径2㎝程度の唇形花を多数穂状に咲かせます。ガクは

唇形、花冠も唇形状となります。赤紫色のガクの中に、白色のビロード状の花を咲かせます。

 

  • Dscn9493a0a_inpixio

サルビア・レウカンサの花

唇形花とは、筒状になった花の先が上下に分かれ、唇のような形になる花のことで、シソ科やゴマノハグサ

科の植物に多く見られる形状です。赤紫色のガクから、白い花弁(花冠)が伸びだしてきています。中には

雌しべの先の柱頭が見えている花もあります。

 

Dscn9493bapixio

サルビア・レウカンサの花

赤紫色のガクと、それから伸びだしてきた白色の花弁(花冠)と、更の花冠から伸びだしてきた雌しべの先

端の柱頭が二つに分かれています。雄しべが5本ありそのうち3本は退化し2本だけが伸びますが、同じ白色

でほとんど外からは見えないようです。

 

  • Ars5

ラベンダー・セージの花

これは先に紹介しました同じサルビア属の、ラベンダー・セージの花です。

緑色のガクから、青紫色の花弁(花冠)が伸びています。

 

  • Ars6

ラベンダー・セージの花

二つに分かれた唇状の花から、おなじく青紫色の雌しべの柱頭が突き出ています。

 

 

  • 少し大きな写真と特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 に載せますのでそちらもご覧下さい。

 

 

|

« ・11月下旬に大徳寺での紅葉と今宮神社参道の黄葉を見てきました | トップページ | ・今年の暮れもベランダでは家人の作るたくさんの干し柿が暖かい日を浴びています »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information」カテゴリの記事

コメント

プロフユキさん こんばんは。
サルビア レウカンサはご近所の広いお庭で見事な大株になっていてとても綺麗です。
別名がアメジストセージなのが納得できる素敵な花色ですね♪
赤紫の部分も花の一部かと思っていたのですが、ガクだったなんて初めて知りました。
ラベンダーセージは私の庭にも植えています。
肥料など与えなくても春夏秋と絶えることなく花を咲かせ続け、バラの背景として大活躍してくれています。
今も咲いているんですよ。
別名がインディゴ・スパイヤーズなのは花色がインディゴブルーを思わせるからでしょうか。

クリスマスも終わり、今年もあとわずかになりましたね。
今年も多岐にわたる素敵な記事を楽しませていただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
よいお年をお迎えになってください^^*

投稿: 亜麻 | 2019年12月25日 (水) 19時05分

こんばんは 亜麻さん!

サルビア・レウカンサは本当にきれいで、花序にたくさんの花が着きますね。赤紫のガクと
白いろの花弁の組み合わせも素敵ですが、丈夫で寒くなっても咲いてくれるのは有難いですね。(*^o^)

花も拡大してみるとガクにも花弁にも綿毛のような突起がたくさんついていて、まるでビロードの
ようで、ビロードセージという別名もあるようですよ。ラベンダーセージも綺麗なインデイゴブルーですね。

今年も亜麻さんのバラを中心にした綺麗な花の写真を見せて頂き、たくさんの元気をもらいました。
自動車事故とか嫌な事件もあり、もう少し穏やかな日々になればよいのですが! どうか良いお年をお迎えください。(o^-^o)

投稿: プロフユキ | 2019年12月27日 (金) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ・11月下旬に大徳寺での紅葉と今宮神社参道の黄葉を見てきました | トップページ | ・今年の暮れもベランダでは家人の作るたくさんの干し柿が暖かい日を浴びています »