« ・大徳寺塔頭瑞峰院にお年始に行き、お茶を頂いた後お庭を拝見し、お土産に色紙と大徳寺納豆を頂きました | トップページ | 3月10日に「NHKうまいっ!」でビロードのような‘広島・祇園パセリ’の紹介がありますよ ! »

2019年2月11日 (月)

・今年もオキナワスズメウリが緑色から赤く色づき、白のストライプが鮮やかになりました

オキナワスズメウリをグリーンカーテンとして、ベランダのネットに這わせてもう3年目になります。家人がお友達から赤くなった果実を数個頂いたのが始まりで、それからタネを取りだして毎年育てています。買ったタネからでないのではっきりはしませんが、わりと短日性が強くて10月になって開花して間もなく果実が膨らんできますが、もう気温が下がりだしてくるためツルの上では赤くならないで、収穫してから部屋で赤くなってきます。プランター植えで根がすくなかったためとも考えられ、地植えなら早く色づくのかもしれません。昨年もツルをあまり伸ばさせずに、先端を摘心してわき芽を伸ばさせて花を早く咲かせるようにしました。しかし、欲張ってたくさんの実を着けすぎたせいか、やはりツルの上では赤くなりませんでしたが、部屋で綺麗に赤くなて来ました

Dsc_000919112a

沖縄雀瓜19.1.12

 オキナワスズメウリの着果から赤く成熟するまでを示しています。左上は20181017日、上右が2019112日、下左が120日、下右が26日の果実です。

Dsc_0010a181017

果実と雄花18.10.17

 果実が肥大しかけてきたところで、下にある3つの花はどれも雄花です。オキナワスズメウリはウリ科オキナワスズメウリ属のツル性1年草です。学名はDiplocyclos

palmatus (L.) C. Jeffrey で、沖縄のほか、インドやネパールなどにも自生しています。グリーンカーテンとして、最近人気が出つつあり、葉からの蒸散による冷房効果と遮光効果があります。また、一つの株に雄花と雌花がつき、雌花が咲いて結実します。 食べると苦く、毒が含まれているので注意します。


Dsc_001119112a

沖縄雀瓜19.1.12-1

 収穫して部屋に持ち込み、色づき始めた112日の果実です。赤くなった果実はまだ少なく、緑色の果実が多く、いずれも白いストライプ模様が鮮やかです。

 

Dsc_001219112a

沖縄雀瓜19.1.12-1

 少し拡大しました。果実がツルになった状態でないと熟さないというわけではなく、収穫して室内に持ち込みどこかに吊るすなどしておけば、実は赤くなり始めます。時期としては年明けごろから緑色の果実が黄色味を帯びてきて薄いオレンジ色になり、やがて真っ赤に着色してきて、白いストライプとのコントラストが鮮やかになってきます。

 

Dsc_001219116a

沖縄雀瓜19.1.16-2

 4日後ではかなり赤くなった実が増えてきました。カラスウリはオレンジ色、スズメウリは灰色になりますが、オキナワスズメウリは緑色の果実が真っ赤になり一番綺麗です

 

Dsc_001319116a2

沖縄雀瓜19.1.16-2

 少し拡大し見ましたが、果実が赤くなるほど白のストライプが際立ってきます。

 

Dsc_002119120a3

沖縄雀瓜19.1.203

 120日では赤くなった果実の方が多くなってきました。今年の果実は摘心して早く肥大させたため、例年よりはかなり大きくなっています。

 

Dsc_002419120a3

沖縄雀瓜19.1.20-3

 拡大した果実です。ツルのままでは色づくのが遅れるので、かなりの果実は小さい内に取りました。その結果実は直径2.53㎝くらいに大きくなりました、色付きには効果はなかったようです。

 

Dsc_003019127a4

沖縄雀瓜19.1.27-4

 127日の果実です。これくらい赤い実が増えてくれば、リースにしたり、ハロインやクリスマスの飾りにも使えます。

 

Dsc_003219127a4

沖縄雀瓜19.1.27-4

 色付きは果実の先端部からうっすらとオレンジ色になりかけ、それが広がりながら、赤く色ずいてきます。

 

Dsc_004819130a5

沖縄雀瓜19.1.30-5

 130日の果実で、これくらい果実が赤くなれば、中の種子はもう十分発芽能力を持ってきています。ただ、種子を綿毛のような組織が取り囲んで絡みついていますので、もう少し成熟させた方がタネを取りだしやすくなります。

 

Dsc_004919130a5

沖縄雀瓜19.1.30-5

 一部の早く色づいた果実は、やや丸味が無くなりかけている果実も出てきます。それは、中の綿毛とタネが乾燥してきているためです。

 

Dsc_0063a1926a6

沖縄雀瓜19.2.6-6

 26日の果実です。ほとんどの果実が赤く色づきました。こうなればいつ果実を破って中のタネを取りだしても良いのですが、乾燥させたほうがその処理が楽になります。

 オキナワスズメウリの花言葉は、イタズラ好きの」または「イタズラ好き」で、それはこの果実の色が緑から赤く変化する様子が、いたずらをしているように見えることから来ているのでしょうか。

 

Dsc_0064a1926a6

沖縄雀瓜19.2.6-6

 昨年も良くタネを洗って乾燥させたつもりですが、まだ休眠物質が残っていたのか、発芽にはかなり時間がかかりました。あるいは硬実種子で吸水できなかったこともあったようで、硬い種皮を傷つけてやれば発芽は早くなったようでした。

 

少し大きな写真と特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  に載せますの

でそちらもご覧下さい。

関連の記事が 園芸植物・園芸事情  にもありますので、ご覧ください。 

|

« ・大徳寺塔頭瑞峰院にお年始に行き、お茶を頂いた後お庭を拝見し、お土産に色紙と大徳寺納豆を頂きました | トップページ | 3月10日に「NHKうまいっ!」でビロードのような‘広島・祇園パセリ’の紹介がありますよ ! »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 まぁ、何と可愛い事でしょう。
ストライプが一段と映えておりますね。
赤に混ざって緑も綺麗です!

投稿: マコママ | 2019年2月11日 (月) 11時39分

こんにちは♪
オキナワスズメウリ、可愛くて楽しくて好きです~
収穫後にもどんどん熟成が進んで赤くなっていくのですね。
もう何年も前、1度だけ地植えで育てたことがありますが、
雨続きと高温に当たったせいか??枯れてきてしまい、
ちゃんと熟さずじまいに終わってがっかりでした。
プロフユキさんのオキナワスズメウリの果実たち、
お見事です。楽しく拝見しました。

投稿: ポージィ | 2019年2月11日 (月) 12時02分

こんにちは マコママさん!

緑に白ストライプ、赤に白ストライプも、なかなか可愛いでしょう。

ツルの上で、赤くなってくれればもっと素敵なのですが(*^o^)

よくリースや、お花とのコラボに使われいますね。(o^-^o)

投稿: プロフユキ | 2019年2月11日 (月) 13時43分

こんにちは ポージイさん!

地植えで育てられたことがありましたか。なかなか可愛いく色が変化するので、
グリーンカーテン代わりにフウセンカズラと一緒に植えています。(*^-^)

なかなか暖かくなるまで発芽しないで、また花も短日性なためか秋になって咲き、
それから肥大するのでツルの上ではなかなか赤くなってくれません。(ノ_・。)

プロフィールにメールアドレスを書いていますので、それで連絡頂ければタネは
いつでもお送りしますよ。たくさんありますから。是非もう一度作ってみて下さい。(*^-゚)

投稿: プロフユキ | 2019年2月11日 (月) 13時55分

プロフユキさん、こんにちは。
 
嬉しいお言葉ありがとうございます♪
お心遣いに感謝いたします o(_ _)o
ですが、現在育てるのによいスペースが無いこと、
何度も山口へ行かなくてはいけないことなどから、
今年は諦めようと思います。

投稿: ポージィ | 2019年2月12日 (火) 17時11分

こんばんは ポージイさん !

了解しました。当方もベランダだけになり、広い庭付きの時には
良かったと痛感しています。(ノ_-。)

今ハヤトウリをベランダでネットに張らせようと試みていますが、尺鉢を
使っても無理であきらめようかと思いつつ、もう一回トライすることにしています。(*^o^)

いつでもまたスペースができましたら連絡してください。タネをお送りしますので(o^-^o)

投稿: プロフユキ | 2019年2月13日 (水) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・今年もオキナワスズメウリが緑色から赤く色づき、白のストライプが鮮やかになりました:

« ・大徳寺塔頭瑞峰院にお年始に行き、お茶を頂いた後お庭を拝見し、お土産に色紙と大徳寺納豆を頂きました | トップページ | 3月10日に「NHKうまいっ!」でビロードのような‘広島・祇園パセリ’の紹介がありますよ ! »