« ・京都府立植物園でポインセチアの新しい品種の展示会がありました | トップページ | ・中国に出かけた折に頂いた秦の始皇帝絡みのお土産などを幾つか紹介します »

2019年1月15日 (火)

・あなたはナンテンの花がどんな色か分かりますか?

先月からあちこちでナンテンの艶やかな赤い実を、見かけるようになりました。まれにやや黄色味を帯びた、白いナンテンの実も見かけます。今迄にも毎年7月頃になるとヤマボウシや、クチナシ、アジサイの白い花が見られる頃、ナンテンも白い花を咲かせていることを紹介 しています。しかし、あまりにも小さな花であるため、誰にも見られることなくひっそり咲いているようです。秋も深まり晩秋頃になると、キンモクセイやハギの花に交じり、ナンテンも艶やかな赤い実を着けることを紹介しています。  

ナンテンはメギ科ナンテン属の常緑低木です。複数の茎が多数直立する潅木で、あまり枝分かれはしません。 初夏に白い花が咲き、晩秋から初冬にかけて赤色(あるいは白色)の小球形の果実が着きます。ナンテンの名前は、「難を転じる」ことにかけてめでたい木とされ、昔から庭園に植えられたり、お正月の飾りに使われていす。そんなナンテンですが、ふと花はどんな形をしているのだろうと思い、昨年6月頃にナンテンの花を観察してみました。ナンテンは散形花序と呼ばれる花序に、たくさんの花を枝分かれしながら着けていました。各分枝の先端ほど蕾は開いて開花し、子房が膨らみかけ、その先端の柱頭は赤い色をしています。

 

Dscn0001

ナンテンの蕾、花と果実

Dscn0001a

ナンテンの木(12月)

 ご近所で見たナンテンの木です。直立した茎の先端近くに赤い実と、稀に白い実が着いています。赤い色は真っ赤な色ですが、白い実はやや黄色味を帯びています。ナンテンは日本の山野に自生し、天然記念物となっているところもあります。庭木としてよく植えられていますが、鳥などがその種を運ぶため野山にも生えるようです。中国から古く、渡来したものともいわれています。

 

Dscn0002a

ナンテンの赤い実(12月)

 果実は直径67㎜の球形の液果で、真っ赤で艶やかに色づいています。赤い実の間に、後から枝分かれした花序では、米粒ぐらいの小さい蕾が着いているのが見えます。

 Dscn0003a

ナンテンの白い実(12月)

 こちらは白い実です。実際には真っ白ではなく、薄黄色を帯びています。こちらの果実の間にも数は少ないですが、後から着いた小さな蕾が見えます。

 

Dscn0004a

ナンテンの蕾(5月、北野天満宮)

 そこでナンテンの花が咲いた時期には、どんな花だったかを観察しました。花は大きな散形花序に多数ついています。花は白色で、直径67㎜くらいになります。花序によって白色でなく、やや赤味をおびた蕾もあるようです。中央の花序はやや赤味をおび、下の花序では真っ白のようです。

 

Dscn0005a

ナンテンの蕾(5月)

 これは白い花序で、どの蕾も真っ白のようです。

 

Dscn0006a

ナンテンの蕾(5月)

 これも白い花序ですが、蕾はやや薄赤味が付いているようです。

 

Dscn0007a

ナンテンの蕾(5月、ご近所)

 上の花序はやや赤味を帯び、下の花序は真っ白のようです。

 

Dscn0008a

ナンテンの蕾(5月、ご近所)

 白い蕾を接写しました。たくさんの白い蕾が、びっしりと着いています。各花序の基部は、赤くなっています。

 

Dscn0009a

ナンテンの花(6月)

 開花してきた花序では、各花には萼片は3個ずつ輪状に多数つき、内側の2輪が6個の花弁状になり、花が開くと外側の萼片は先に落ちます。

 

Dscn0010a

ナンテンの花(6月)

 1本の花序についた花の様子です。各分枝の先端の花ほど早く開花し、花弁は落花し、子房が膨らみかけて、その先端の柱頭は赤くなっています。

 

Dscn0029a

ナンテンの花(6月)

花弁は6枚(内花被と外花被)あり雄しべは6個あり、その内側に雌しべがあり、子房は大きくなっています。花が終わると萼片と雄しべは全て落ち、肥大しかけた子房では柱頭が赤くなっています。

 

Dscn0038a

ナンテンの花(6月)

 受精が終わった花(左と下の花)では、花弁は反転し、やがて花弁は落下します。その後子房は膨らみかけ、柱頭が赤く色づきます(中央と下左の花)。

 

Dscn0052a

ナンテンの花(6月)

 各花序の先の花では花弁は落下し、その下の花では花弁が反転しています。さらに下の花はまだ蕾の状態です。

 

Dscn0065a

ナンテンの花(6月)

 中央の二つの花では、花弁が反転して受精の終わったことを示しています。その柱頭はまだ薄黄色をしています。

 

少し大きな写真と特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  に載せますの

でそちらもご覧下さい。

関連の記事が 園芸植物・園芸事情  にもありますので、ご覧ください。 

|

« ・京都府立植物園でポインセチアの新しい品種の展示会がありました | トップページ | ・中国に出かけた折に頂いた秦の始皇帝絡みのお土産などを幾つか紹介します »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
 初めて拝見させて頂きました。
南天のお花は可愛いのですね?
暮れに友人から南天を頂き、
外のお花や松などと生けました。
今朝、実がポロポロと
落ち始まましたので処分致しましたよ。

投稿: マコママ | 2019年1月16日 (水) 11時32分

こんにちは マコママさん !

南天は赤い実がつている時には良く見られるのですが、花の時には
ついつい他の花に比べ地味なので、見過ごされる方が多いようです。(*^o^)

でもじっと花を見ると意外に可愛い花で、精一杯咲いているようです。
南天は水揚げが難しいのでしょうかね。そういえば鉢植が多いですね。(^-^*)

投稿: プロフユキ | 2019年1月16日 (水) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・あなたはナンテンの花がどんな色か分かりますか?:

« ・京都府立植物園でポインセチアの新しい品種の展示会がありました | トップページ | ・中国に出かけた折に頂いた秦の始皇帝絡みのお土産などを幾つか紹介します »