« ・停電時にソーラーシリコンライトがあれば明かりにもなり、また携帯にも充電できます | トップページ | ・百万遍の知恩寺で開催された洛趣会で、京都の工芸品を拝見しまた懐かしいお菓子とお蕎麦を頂きました(2) »

2018年12月 7日 (金)

・百万遍の知恩寺で開催された洛趣会で、京都の工芸品を拝見しまた懐かしいお菓子とお蕎麦を頂きました(1)

今年も11月初めに開催された洛趣会の招待券を頂き、家人と出かけました。1昨年は仁和寺で開催され、昨年は黒谷の金戒光明寺で開催されそれについては1 2回に分けて紹介しています。洛趣会には京都の伝統産業のお店がブースを出し、京友禅、京呉服、西陣織物、京履物、お香、扇、茶道具、御所人形、扇、京菓子、ソバなどの商品展示があり、またその後に抹茶を頂き、更におそばを頂いてきました。今年は百万遍の知恩寺で開催され、学生時代何度も前を通った場所で、懐かしく訪れました。知恩院と知恩寺はよく似た名前ですが別の寺で、同じ浄土宗の寺院であり祇園近くの知恩院が総本山で、百万遍の知恩寺は七大本山の一つという関係になります。かつて、浄土宗の本山の地位をめぐって相争った関係ですが、洛趣会の説明では浄土宗大本山とあります。約八百十数年前に法然上人が住まわれていた加茂の神宮寺が前身であり、法然上人の滅後、弟子の源智上人が師の恩に報いるためには「恩」を「知」らなければならないと「知恩寺」と名付けられました。

広い境内ではよく「手作り市」や「古本市」が開かれ、この日にも「古本まつり」が開かれており、本マニアの人がたくさん訪れていました。洛趣会では京都ならではの工芸品が見られるのが楽しみですが、普段は入れない奥のお庭も拝見できるのも楽しみです。

Dscn7386a

知恩寺

重要文化財の御影堂で、御影堂にある木造阿弥陀如来立像は、作風・技法等から快慶作と推定されています。

Dscn7392a

 綺麗に波目状にすじの付けられた白砂に、大海に浮かぶ島々のように石が配置されています。

 

Dscn7396a

瓢亭

 懐石料理の瓢亭では、懐石料理がお品書きと共料理も展示されています。壁には武者小路実篤の書が掛けられていました。

 

Dscn7396a_2

瓢亭・実篤の書

 武者小路実篤90歳の時の書で「日日是好日」は、実篤が好んで描いた言葉です。禅語としては「にちにちこれこうにち」と読むのが正しいとされますが、「にちにちこれこうじつ」とする例もあります。日常的な表現としては「ひびこれこうじつ 」と読まれています。

 

Dscn7403a

宮脇賣扇庵1

 京扇子の宮脇賣扇庵では、扇状の綺麗な絵が掛けられていました。1枚はこれで、平安時代の女御が金地バックに描かれています。

 

Dscn7404ab

宮脇賣扇庵2

 2枚目はどこか山の景色を眺められる建物の2階から、書を読む女御がやはり金地に描かれています。

 

Dscn7406ba

 次は京寿司のいづうです。左側に蒸し寿司、中央に鯖姿寿司、右側に京寿司盛り合わせが飾られていました。京都人には、鯖寿司は欠かせないご馳走です。

 

Dscn7410_a

ゑり善 訪問着

 京呉服のゑり善では、上品な寿松模様の訪問着が展示されていました。

 

Dscn7412aa

とらや

  京菓子のとらやでは、ようかんの「夜の梅」がお気に入りですが、最近では食事制限でご無沙汰しています。今回は上左には「延寿の春」、右に「千代の春」、下左には豪華な「蓬が嶋」、右には「高根羹(かん)」が並べられていました。

 

Dscn7419a

象彦・金蒔絵棚

 350余年の歴史を持つ京漆器の象彦では、見事な金蒔絵棚が展示されていました。上面には梨地に何点かの扇が見事に描かれています。

 

Dscn7421_a

富岡鉄斎 景徳鎮陶屈図

 思いがけず、富岡鉄斎の景徳鎮陶窟図が展示されていました。京都生まれの鉄斎は深い学識と研鑽を積んだ確かな画技により、流派を問わず既成の描法に捉われない自在な画境で国際的にも高く 評価されています。

 

Dscn7423a

求仙亭大原

 美術の求仙亭大原では、猫模様の蓋のある容器が出品されていました。菓子器にもなりそうで、美しい模様をしています。

 

少し大きな写真と特性などは、右サイドの 京の街角 に載せますの

でそちらもご覧下さい。

関連の記事が 京の街角 にもありますので、ご覧ください。 

|

« ・停電時にソーラーシリコンライトがあれば明かりにもなり、また携帯にも充電できます | トップページ | ・百万遍の知恩寺で開催された洛趣会で、京都の工芸品を拝見しまた懐かしいお菓子とお蕎麦を頂きました(2) »

・京の街角 The Hilight of Kyoto」カテゴリの記事

コメント

プロフユキ先生
 こんにちは。
さすが京都でございますね。
知恩寺とは存じませんでした。
夫の実家も浄土宗ですが・・・。
 とらやさんは東京のとらやさんと
同じでしょうか?
「夜の梅」もございますから・・・。
鯖寿司大好きですが、いづうさんのは敷居が高い!

投稿: マコママ | 2018年12月 7日 (金) 12時04分

こんにちはマコママさん!

昨日は大雪、幸い降らなくて良かったですね。京都でも思いのほか暖かい日でした。(*^-゚)

とらやは宮中御用達のお菓子屋さんでしたから、天皇さんと明治になって東京へついて行き、
京都と東京にあります。それ以外にもたくさんの店がお供でついて行っていますね。(^_^)

いづうの鯖寿司は別格ですね。我が家も暮れにはいつも鯖寿司が届きますが、
残念ながらいづうさんではありませんが美味しいです。(*^o^)

でも大阪人の私は栗おこわの方が好きで、こればかりは家人と好みが違います。(o^-^o)

投稿: プロフユキ | 2018年12月 7日 (金) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/67457355

この記事へのトラックバック一覧です: ・百万遍の知恩寺で開催された洛趣会で、京都の工芸品を拝見しまた懐かしいお菓子とお蕎麦を頂きました(1):

« ・停電時にソーラーシリコンライトがあれば明かりにもなり、また携帯にも充電できます | トップページ | ・百万遍の知恩寺で開催された洛趣会で、京都の工芸品を拝見しまた懐かしいお菓子とお蕎麦を頂きました(2) »