« ・6月のある日イチョウの木の下に小さくてまだ黄緑色や黄褐色の銀杏が無数に落ちていました | トップページ | ・6月のある日キンギョソウの開花後の成熟した実を見ると、なんと髑髏(どくろ)の形をしていました »

2018年7月 3日 (火)

・6月のある日ヒマラヤスギの巨木の枝に可愛い松ボックリ(球果きゅうか)が可愛く並んでいました

 

ヒマラヤスギはマツ科ヒマラヤスギ属の常緑針葉樹で、別名はヒマラヤシーダーです。このヒマラヤスギは学生時代見慣れた木で、バス停から講義棟へ行くまのアクセスに、この木が両側に植わっていた懐かしい木です。

学名はCedrus deodara(「deodara」は神の木という意味)で、原産地はインドのヒマラヤ地方・アフガニスタンです。開花期は1011月です。庭木あるいは公園・街路樹としてよく植えられ、建築・土木・器具材等に使われます。ヒマラヤスギは雌雄同株で、秋になると雄花と雌花を咲かせ、その後球果を、枝の上に直立してつけます。ヒマラヤスギの開花期は1011月で、受粉して球果が完成するのは翌年の1011月で、成熟するのに一年かかります。

ヒマラヤスギとは言いますが、スギよりはマツに近い仲間です。従って松ボックリをつけるのですが、今までよく見たことはありませんでした。ところがバラの花を見に行こうと6月の初め、京都府立植物園のバラ園に行きました。バラ園の中央にかなり大きなヒマラヤスギが2本植わていますが、その1本の枝の上に可愛い薄黄緑色の松ぼっくりがちょこんと並んでのっかかっておりました。近くにいたバラを見に来た人達も不思議そうに松ボックリを見上げて、「なんだろう、これは初めて見たけれど」と言っていました。

Dsc_0038

ヒマラヤスギとその球果

Dsc_0039a

ヒマラヤスギ

左の木のたくさんの松ボックリが見られましたが、この距離ではなかなかよくは見えません。

雌花は小さくて開花期でも約5㎜しかなく、その上高いところに上向きにつくので、観察は困難です。しかも、樹齢30年を超えないと雌花を付けず、その数も雄花に比べずっと少ないようです。開花期に雄花は、花粉症の原因となる真黄色の花粉をまき散らします。花粉をまき散らした後は、樹下に落ちます。ヒマラヤスギの球果は、成熟すると種子の入った種子鱗片(しゅしりんぺん)が球果の軸から離れ落ちて、離散します。

Dsc_0040

ヒマラヤスギ

もう少し近寄りましたが、まだちょっと見にくいでしょう。

Dsc_0042

ヒマラヤスギ

 ここまでくれば、何とか松ボックリが見えてきます。

自然界では、ヒマラヤスギの実(球果)の鱗片の隙間にあるタネは風に飛ばされ、鱗片は重たいのでパラパラとヒマラヤスギの根元に落ちます。球果の先端は、バラバラにならずそのまま落ちてきます。これが「シダーローズCedar rose)」です。このバラの花のような形の「シダーローズ」、実はヒマラヤ杉の松ぼっくりなのです。最後に写真を示します。

Dsc_0043a

球果

これはもっと近寄って見た、松ボックリです。薄黄緑色で何個かまとまって、枝の上についています。

Dsc_0044a

球果

 さらに近寄って拡大して見ました。何個かまとまった松ボックリの中には、茶褐色になりかけたものも見かけますが、ほとんどは白っぽい薄緑色をしていました。

Dsc_0045a

球果

松ボックリの一つを拡大して見ますと、タネをつけた種子鱗片の重なっている筋状の模様が見えました。

Dsc_0046a

球果

 更に松ボックリを拡大して見ましたが、タネの入った種子鱗片のすじがはっきりしてきました。この花が咲いたのは昨年1011月で、受粉して球果の成熟するのに一年かかります。そして11月~12月頃タネが飛散する頃、この松ボックリの先端部がまとまって落下してきます。それが次に示すシダーローズで、よく観賞用のリースなどに使われています。

Dsc_0047

シダーローズ

この松ボックリの先端部はまとまって落ちてきますので、運が良ければそれを拾って飾りに使えます。バラの花の様にマツカサが開いているので、結構綺麗なものです。

 

少し大きな写真と特性などは、右サイドの 果実と樹木の紹介  に載せますの

でそちらもご覧下さい。

 

関連の記事が 園芸植物・園芸事情  にもありますので、ご覧ください。

 

 

|

« ・6月のある日イチョウの木の下に小さくてまだ黄緑色や黄褐色の銀杏が無数に落ちていました | トップページ | ・6月のある日キンギョソウの開花後の成熟した実を見ると、なんと髑髏(どくろ)の形をしていました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information」カテゴリの記事

コメント

プロフユキさん、こんばんは。
シダーローズになる前の、成熟過程にある球果も、色もグレーがかったグリーンで素敵だし、形もとっても可愛いですね
花が咲いてから、受粉して球果が熟するまで1年もかかるなんて驚きました!
それにしても、バラ園の真ん中に2本のヒマラヤスギを植えたのはどんな人なのでしょう。
バラの花に見える松ボックリを落とすことで,バラ園を訪れる人々を驚かそうとしたお茶目な人なんだろうな~などと想像してしまいます

投稿: 亜麻 | 2018年7月 5日 (木) 22時44分

こんにちは 亜麻さん!

本当に面白いですね、シダーローズもバラ園に落ちるように考えたとすれば、素晴らしい
アイデアですね。とてもそこまで気が回りませんでした。(o^-^o)

球果もとてもかわいい色で仲良く枝の上にちょこんと並んでいるみたいで、みんな不思議
そうに眺めていましたね。(*^o^)

何年も通ったキャンパスの入り口にヒマラヤスギの並木があったのですが、この
シダーローズには気がつきませんでした。(^-^*)

投稿: プロフユキ | 2018年7月 6日 (金) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・6月のある日ヒマラヤスギの巨木の枝に可愛い松ボックリ(球果きゅうか)が可愛く並んでいました:

« ・6月のある日イチョウの木の下に小さくてまだ黄緑色や黄褐色の銀杏が無数に落ちていました | トップページ | ・6月のある日キンギョソウの開花後の成熟した実を見ると、なんと髑髏(どくろ)の形をしていました »