« ・スーパーマリオの記念切手が発行されています | トップページ | ・人工衛星から日本は、こんなに明るく綺麗に見えるんですね! »

2017年9月24日 (日)

・9月にいつもの散歩道でアメリカチョウセンアサガオとフヨウの花を見ました

東大路通を歩いていると、ダチュラですが上向きに咲いているのを見かけました。よく生け垣などで見かけるエンゼルストランペットは、大きな花が下向きに咲いています。でもこのダチュラではどの花も上向きに咲いていて、調べてみるとアメリカチョウセンアサガオのようでした。道端の街路樹の下で、しっかりと枝を広げて咲いていました。  

また散歩の途中でいつもお参りする平野神社ではキョウチクトウの隣には、フヨウのピンクから赤の綺麗な花が次から次と咲いていました。フヨウはフヨウ属で、多くの仲間があり、どれも綺麗で大きな花を咲かせます。ここには、アメリカチョウセンアサガオとフヨウの花を紹介します。

 

Dscn3803

ダチュラとフヨウ

Dscn3805a

ダチュラ

旺盛に78輪の白い花が咲き、またたくさんの蕾も着いて利ました。

ダチュラはナス科、ダチュラ(チョウセンアサガオ)属の1年草あるいは多年草です。別名はチョウセンアサガオで、原産地はインド、熱帯アメリカなどです。ダチュラには草タイプのダチュラ()と木タイプのブルグマシア属(エンジェルストランペット)の2種類があります。

 

Dscn3809a

ダチュラの花

草タイプは春にタネをまいて夏に花を楽しみ、冬は枯れる春まき一年草あるいは多年草です。大型の草花で、草丈は1.5mほどに生長し横にもよく茂り、夏~秋に花が咲きます。花はラッパ型で上から横向きに咲き、花色は白、紫、黄色などがあります。茎、葉、花、果実、根など植物全体にアルカロイドを含む有毒植物です。汁液に触れないかぎりには問題はありません。がくは長い筒形で先は 5 裂し、長さ約 4.5 cmくらいです。花冠は漏斗形で長さ 1520 cm、筒部が長くて、先は浅く5 裂し、裂片の先端は尾状にとがっています。5 本の雄しべと 1 本の雌しべがあります。花が八重咲きで紫や黄色の色をつけるものもあります。

 

Dscn3811a

ダチュラの花(拡大)

草タイプには更に3種に分けられます。①チョウセンアサガオはインド原産の一年草で、草タイプのダチュラの中でも最もポピュラーな種です。花色は白、黄色、紫などがあり、花の直径は5㎝です。②アメリカチョウセンアサガオは北アメリカ南部、メキシコに分布する多年草です。乳白色で直径1013㎝の大型の花を上向きに咲かせます。花は芳香性で夕方から咲き始めて翌日の昼頃にしぼみます。③ヨウシュチョウセンアサガオは熱帯アメリカ原産の一年草です。花色は白、淡紫です。葉に欠刻状の切れ込みがあります。そこで、今回観察したのは、アメリカチョウセンアサガオのようでした。

 

Dscn3812a

フヨウ

フヨウ(芙蓉、Hibiscus mutabilis)はアオイ科フヨウ属の落葉低木です。 中国、台湾、日本の沖縄、九州・四国に自生しています。関東地方以南で観賞用によく栽培されていて、幹は高さ1.5-3mくらいです。英名はcotton rosemallowです。

 

Dscn3813a

フヨウの花

710月始めにかけてピンクや白色の花で、直径10-15cm程度の花をつけます。1日花で朝咲いて夕方にはしぼみますが、長期間にわたって毎日次々と開花します。

 

 

Dscn3817a

フヨウの花

花は他のフヨウ属と同様な形態で、花弁は5枚で回旋し椀状に広がっています。先端で円筒状に散開するおしべは根元では筒状に癒合した雄ずい筒を作り、その中心部からめしべがさらに突き出て5裂しています。

 

Dscn3818a

フヨウの花

内部がよく見えるよう、正面から観察しました。

先に同属のスイフヨウハイビスカス ハマボウムクゲを紹介 しています。スイフヨウ(Hibiscus mutabilis cv. Versicolor)はフヨウの変種です。ムクゲのところで両者の違いを、ムクゲの葉は花より小さくて濃い緑色ですが、フヨウの葉は花より大きく、また薄い緑色をしていると書いています。

 

Dscn3819a

フヨウの花

花の中央部では雌しべの先の柱頭が5つに分かれ、雌しべをとりまく雄ずい筒にはたくさんの短い花糸の先に葯が着いています。

 

少し大きな写真と特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  に載せますの

でそちらもご覧下さい。

関連の記事が 園芸植物・園芸事情  にもありますので、ご覧ください。

|

« ・スーパーマリオの記念切手が発行されています | トップページ | ・人工衛星から日本は、こんなに明るく綺麗に見えるんですね! »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
 
昔、実家で アメリカチョウセンアサガオを育てていたことがあります。
ダチュラと言うんですね。
 
フヨウは、近所に咲いているところがあります。
このあたりでは夏場に見かけていたような?
意外と大きな花ですね。

投稿: 花mame | 2017年9月28日 (木) 22時16分

こんにちは 花mameさん

エンジェルストランペットとしてよく生け垣や花壇に植わっているダチュラは下向きに咲くのに、
今回見たのは上向きに咲いているのでちょっと気になり調べてみました。

江戸時代に花岡青洲はチョウセンアサガオを全身麻酔薬として使い、世界で初めての乳がんの
手術に成功して有名になりました。  お母さんと奥さんが実験台に名乗りを上げたみたいですね。

フヨウは丈夫な花で大きさもかなりあり、ボケよりもかなり目立つ花ですね。

投稿: プロフユキ | 2017年9月29日 (金) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・9月にいつもの散歩道でアメリカチョウセンアサガオとフヨウの花を見ました:

« ・スーパーマリオの記念切手が発行されています | トップページ | ・人工衛星から日本は、こんなに明るく綺麗に見えるんですね! »