« ・私だけの天神川沿いの散歩小径で、4月中旬に見かけたヒイラギナンテン、マルバスミレとキランソウ | トップページ | ・近衛通りの楽友会館で放談会に出席して、OBとの会話を楽しんできました »

2017年7月 3日 (月)

・京都植物園の温室ではモンキーオーキッドやホットリップスに交じりマダガスカルジャスミンやブルーハイビスカスも咲いていました

6月の京都府立植物園では各種の色のバラが咲き乱れ、懐かしい木のタイサンボクの花もどっさりと大きな白い花をたわわにつけていました。植物園では下の枝も残していてくれているので、すぐ間近にその花を観察できることを先に紹介しています

夏休みに香川のお祖母さんの家に行くと、座敷につながる庭にはタイサンボクの花が良い香りをして咲き、その下の池にはイトトンボがよく止まってことを思い出します。

 久しぶりに温室をのぞいて見ると、昼夜逆転暗室ではピンクや黄色のサガリバナが咲いていました。熱帯温室では猿の顔をしたモンキーオーキッドや、先に紹介したホットリップスの花が更に咲いていました。更に進むと、純白のアフリカシタキズルの花と、紫色のブルーハイビスカスが咲いていました。

 

Dscn2935a

温室で見かけた花

Dscn2940a

ドラクラ・ギガス

 サルの顔のように見えるドラクラ・ギガス(別名・モンキー・オーキッド)は、標高1700メートル以上の南米の多湿な高地に生息し、サルの目や鼻に見える場所が花びらにあたるという。

 大きな木の枝にぶら下がった鉢に、猿の顔をしたドラクラ・ギガスの花がありました。

 

Dscn2941a

ドラクラ・ギガスの花

 ほんとうにお猿さんの顔そっくりで、どうしてこんなことが起こるのだろうと不思議でした。その横には以前紹介しました、悪役「ダース・ベイダー」によく似たアリストロキアの花も相変わらず咲いていました

Dscn2944a

ドラクラ・ギガスの花

 横の鉢ではちょっと違いますが、やはり奇妙な顔が見られました。

 

Dscn2955a

ドラクラ・ギガス

これもまた違った趣きですが、やはり顔のような模様が見られます。

 

Dscn2968a

アフリカシタキズル

  気分直しに綺麗な花を紹介します。これはアフリカシタキズル(マダガスカルジャスミン)で、学名はStephanotis floribunda です。

 

Dscn2970a

アフリカシタキズルの花

ガガイモ科の花で、マダガスカル原産です。花の様子からジャスミンと名前が付いていますが、モクセイ科のジャスミンの仲間とは全く違う植物で、7月上旬までが見頃です。

 

Dscn2973a

アフリカシタキズルの花

5枚の純白で肉厚のビロードのような花弁が、可愛らしく見えます。

 

Dscn2975a

ホットリップス

先に紹介しましたくちびるのお化けのような、ホットリップスの苞が開き、中の小さな花が咲いていました。アカネ科ボチョウジ属の植物で、和名はサイコトリア・ペピギアナで、別名がホット・リップス(熱い唇)です。原産地はコロンビア、コスタリカなどの中南米諸国の熱帯雨林です。開花時期が近づくと苞が緑色から口紅のような濃赤色に変化し、あたかも人の唇を連想させる外観となります。

 

Dscn2976a

ホットリップスの花1

一層グロテスクさを増していますが、ここまで来るとなにか滑稽さを感じます。どうしてこんな咲き方をするんだろうかと、思わずにはいられません。

 

Dscn2978a

ホットリップスの花2

 こちらの花は少し前よりも早い時期の花でしょうか。黄色の頭状花のツボミと開花中の花が見られます。

 

Dscn2980a

ブルーハイビスカス

 少し行くと爽やかな紫色の花が咲いていました。

ブルーハイビスカスはハイビスカスという名がついていますが、ハイビスカス属ではなくアリオギネ属です。

 

Dscn2981a

ブルーハイビスカスの花

ブルーハイビスカスは、本来アリオギネ・ヒューゲリイ(Alyogyne huegelii)を指します。ヒューゲリイは葉が掌状で深く切れ込み、花が紫色や赤紫色、または白色です。花の寿命は13日と短いのですが、次々に咲き続けます。花が時間をかけながらほころんでいく姿がとても美しいです。

 

Dscn2982a

ブルーハイビスカス

ハイビスカスのように巻いた花弁の中に、トウモロコシの粒粒のような雄しべの中から5枚に開いた雌しべの柱頭が見えます。

 

 

少し大きな写真と特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  に載せますの

でそちらもご覧下さい。

関連の記事が 園芸植物・園芸事情  にもありますので、ご覧ください。

|

« ・私だけの天神川沿いの散歩小径で、4月中旬に見かけたヒイラギナンテン、マルバスミレとキランソウ | トップページ | ・近衛通りの楽友会館で放談会に出席して、OBとの会話を楽しんできました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

プロフユキ先生
 こんばんは。
蒸し暑さにうんざりの日々ですが、
綺麗なお花や珍しいお花のご紹介ありがとうございます。
特にドラクラ・ギガスの花って面白いですね。
初めて知りましたよ。おさるさんそっくり!ですね?
アフリカシタキズルの花も白くて綺麗!
 お暑さの折、ご自愛くださいますように・・・。

投稿: マコママ | 2017年7月 3日 (月) 22時06分

こんにちは マコママさんsign01

蒸し暑い毎日ですが、お変わりはありませんか。台風3号の来襲で、
少しお湿りになるでしょうかhappy01

ドラクラ・ギガスはまさにモンキーオーキッドで、猿の顔は面白い
でしょう、その横には悪役のダークベイダーがあり面白いコーナーです。smile eye

台風の被害が出ないと良いですね。delicious

投稿: プロフユキ | 2017年7月 4日 (火) 17時36分

こんばんは☆
 
まぁ、楽しそうな温室ですね (o^-^o)
 
モンキーオーキッドは、テレビか書籍で見たことがありますが
実際に見ると感動でしょうね。
こうして写真で見せていただいても、本当におサルさんのお顔のようで面白いなぁと思いますもの。
 
お花、と言うと 綺麗なバラとか桜とか、今だとアジサイのような
華やかなものを思い浮かべますけど
世界には様々な形のお花があるのだなぁと 改めて思いますね。
 
珍しいものを見せていただき、ありがとうございます♡

投稿: 花mame | 2017年7月 7日 (金) 00時33分

こんにちは 花mameさんsign01 

ご無沙汰していますがお変わりはありませんか! 当方は何とか植物園頼みで、
頑張っています。happy01

モンキーオーキッドは人面魚と同様、どうしてと思いますが、以前紹介しました悪役の
ダークベーダーみたいなのもあり、本当に驚きます。smile

それれだからこそ、整った綺麗な牡丹や芍薬、百合の花に憧れるのかも知りませんね。
そういえば人間のの性格も色々ですね。smile eye

投稿: プロフユキ | 2017年7月 8日 (土) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/65489742

この記事へのトラックバック一覧です: ・京都植物園の温室ではモンキーオーキッドやホットリップスに交じりマダガスカルジャスミンやブルーハイビスカスも咲いていました:

« ・私だけの天神川沿いの散歩小径で、4月中旬に見かけたヒイラギナンテン、マルバスミレとキランソウ | トップページ | ・近衛通りの楽友会館で放談会に出席して、OBとの会話を楽しんできました »