« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

・長崎の大浦天主堂を15年振りに訪れ「日本之聖母像」と「信徒発見」レリーフを見てきました

15年振りに長崎を訪れる機会がありました。暑い時期でしたが、中々チャンスはないので思い切って家人と出かけました。今回の訪問予定は、大浦天主堂、シーボルト記念館、浦上天主堂、26聖人記念館とハウステンボスなどでした。久しぶりの伊丹空港ということで、京都からの行き方を調べると大分以前と変わっています。モノレールが伊丹空港まで行っていたのは知っていましたが、阪急電車の南茨木市駅で乗り換えるのが最も便利で、早く伊丹空港に着きました。1時間15分のフライトで長崎空港に着き、長崎空港からはリムジンバスで長崎市内に向かい、ホテルにチェックインした後、市電で大浦天主堂に向かいました。

大浦天主堂は、江戸時代末期の1865年(元治2年)に建立された日本最古の現存するキリスト教建築物です。正式名は日本二十六聖殉教者堂で、その名のとおり日本二十六聖人に捧げられた教会堂で、殉教地である長崎市西坂に向けて建てられています。大浦天主堂は二つの歴史的出来事と密接に関わっています。一つは、1597年日本で最初に殉教した日本二十六聖人たちに捧げられた教会です。もう一つは1865年におきた信徒発見です。大浦天主堂が1864年にたてられた翌年2月に、浦上の隠れキリシタン達が信仰告白をして名のりを挙げました。プティジャン神父は大喜びでフランス、ローマに報告しています。

Dscn3038a

大浦天主堂

市電の大浦天主堂下駅で下車して、石畳の坂を上っていくと間もなく大浦天主堂に着きました。天主堂の入り口には「日本之聖母」像が見え、その上には建設当時の神を表す「天主堂」の文字が見えます。天主堂右の建物は旧羅典神学校で、その右下の建物は

旧大司教館です。

続きを読む "・長崎の大浦天主堂を15年振りに訪れ「日本之聖母像」と「信徒発見」レリーフを見てきました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

・いつもの散歩道でカラタチを見かけたと思っていたら、花が咲きやがて緑色の実を着けてきました

いつもの平野神社前の散歩道を通っていて、カラタチの生け垣に気が付きました。冬の間は葉が落ちて気が付きませんでしたが、4月になり芽が動きだすと共に、あちこちに白い蕾ができかけていたのです。その後も時々白い花を見ていると大きく膨らんできて楽しみにしていましたら、やがて緑色の実が大きく膨らんできました。カラタチ枳殻、枸橘)はミカン科カラタチ属の落葉低木です。学名はPoncirus trifoliata。原産地は中国で、日本には8世紀頃には伝わってきました。カラタチの名は唐橘(からたちばな)が詰まったものされています。漢字では「枸橘」もしくは「枳殻」と書いて「カラタチ」と読みますが、「枳殻」はキコクとも読みます。京都の河原町通沿いに枳殻邸という、正式名称は京都東本願寺の渉成園という庭園があります。この名前もかっては周囲にカラタチの垣根が植わっていたため、枳殻邸の名前で今も知られています。

カラタチの樹高は24m程で枝に稜角があり、長さ約3㎝の鋭い刺が互生しています。3小葉からなる葉が互生し、小葉は楕円形または倒卵形で周囲に細かい鋸状歯があります。アゲハチョウは好んでこの葉に集まるので、子供の頃は網をもって、ミカン類の木を探して、アゲハチョウをよく追いかけたものです。

Dscn1709

カラタチの花と果実

 カラタチに花が咲き、やがて緑色の丸い実がついてきました。

続きを読む "・いつもの散歩道でカラタチを見かけたと思っていたら、花が咲きやがて緑色の実を着けてきました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

・散歩道でサクラの花が咲いた後幾つかの小さなサクランボが色づく頃、花ザクロも咲いてきました

いつもの散歩道には花ザクロが咲きだしていましたが、すぐご近所の庭では桜の開花した後幾つかの実が肥大を始め、赤く色づいてきました。以前に北海道の余市で見た見事なサクランボを紹介しました,京都でも品種により小さな実がわずかですが、肥大してきます。植物園の桜でもいくつかの品種は小さな実をつけています。またサクランボの実が色ずく頃、散歩道では花ザクロが朱色の花を開いていました。大きなザクロの実が秋になって熟した赤くて固い皮が裂けると、赤くて透明で多汁性の果肉のつぶつぶが無数に見えるようになった様子も以前に紹介しました。このつぶつぶ一個の中にタネが入っています。日本ではザクロは果実用というよりは、観賞用の花ザクロとして改良されて来ています。先にも散歩道で見た花ザクロとサクランボの実を紹介しています、今回の花ザクロは天神川沿いではなく、平野神社の前の道沿いで見た花です。

Dscn2000

サクランボと花ザクロ

続きを読む "・散歩道でサクラの花が咲いた後幾つかの小さなサクランボが色づく頃、花ザクロも咲いてきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

・近衛通りの楽友会館で放談会に出席して、OBとの会話を楽しんできました

二か月に一回大学に勤めた卒業生OBが集まり放談をする会のお世話をしていますが、昨日も14人ほどが集まり旧交を温めてきました。東山通(東大路通)の近衛通バス停そばに、京大の楽友会館があります。これは大学の同窓会館で、1925(大正14)年に京都大学創立25周年を記念して、建設されました。鉄筋コンクリート2階建の瓦葺でスパニッシュ・ミッション様式を基調とした外装は大正建築の特徴をよく伝えており、1998(平成10)年に国の登録有形文化財に指定されています。

この2階のホールで毎年卒業シーズンには全学生教員が一堂に会して、同窓会のお世話で食事を楽しんだものです。この折にテーブルマナーに慣れ親しむ習慣ができ、また先輩後輩とのつながりが深まってきました。多くの人はまた2階のホールで結婚披露宴をしたもので、私もその一人でした。1階の食堂は一般の人も利用できますので、簡単に会館を紹介します。お近くに来られればぜひ訪れてみて下さい。

Dsc_0008a

楽友会館

続きを読む "・近衛通りの楽友会館で放談会に出席して、OBとの会話を楽しんできました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

・京都植物園の温室ではモンキーオーキッドやホットリップスに交じりマダガスカルジャスミンやブルーハイビスカスも咲いていました

6月の京都府立植物園では各種の色のバラが咲き乱れ、懐かしい木のタイサンボクの花もどっさりと大きな白い花をたわわにつけていました。植物園では下の枝も残していてくれているので、すぐ間近にその花を観察できることを先に紹介しています

夏休みに香川のお祖母さんの家に行くと、座敷につながる庭にはタイサンボクの花が良い香りをして咲き、その下の池にはイトトンボがよく止まってことを思い出します。

 久しぶりに温室をのぞいて見ると、昼夜逆転暗室ではピンクや黄色のサガリバナが咲いていました。熱帯温室では猿の顔をしたモンキーオーキッドや、先に紹介したホットリップスの花が更に咲いていました。更に進むと、純白のアフリカシタキズルの花と、紫色のブルーハイビスカスが咲いていました。

 

Dscn2935a

温室で見かけた花

続きを読む "・京都植物園の温室ではモンキーオーキッドやホットリップスに交じりマダガスカルジャスミンやブルーハイビスカスも咲いていました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »