« ・5月中旬の京都植物園ではシャクヤクの花が見ごろを迎えていて、いろんな色や形の花が見られました | トップページ | ・私だけの天神川沿いの散歩小径で、4月中旬に見かけたヒイラギナンテン、マルバスミレとキランソウ »

2017年6月24日 (土)

・平野神社で塀から桐の木が伸びていて、藤色の花が咲きやがて大きな実がなりました

いつもの散歩道で平野神社に近づくと、いつもは気がつかなかったのですが塀の上から、1本の木が伸びていました。いつもは花が無かったので気にならなかったのですが、

この5月初めには藤色の花がたくさん咲いているので目に留まりました。その後、6月中頃になってもう一度見ると今度は大きな実がたくさんなっていました。キリの木は知識として知っていましたが、こんな街中でしかも神社に生えているのでちょっと驚きました。

キリ(桐)の学名は Paulownia tomentosa。キリ科(以前はゴマノハグサ科あるいはノウゼンカズラ科)キリ属の落葉広葉樹です。原産地は中国とされ、日本では北海道南部以南において植栽されています。英名はprincess treeという優雅な名前が付いています。高さは10mほどで、初夏の頃に円錐花序に淡い藤色の筒状の花をつけます。葉も特徴的であり、広卵形の大きな葉をつけます。伝統的に神聖な木とみなされ、家紋や紋章の意匠に取り入れられてきました。

 

Dscn2798

桐の花と果実

キリの花、その拡大と生長してできた果実です。

Dscn2799

桐花紋のある首相演台

 日本には桐をデザイン化した家紋がいくつかあり、それらを総称して桐紋あるいは桐花紋といいます。とくに有名なのは五七の桐と呼ばれる紋章です。政府を代表する首相の演台にも五七の桐の紋章が入っています。

 

Dscn2800

キリ

 5月初めにみたキリの木です。たくさんの藤色の花が咲いていて気が付きました。

キリは日本国内でとれる木材としては最も軽く、また湿気を通さず、割れや狂いが少ないという特徴があります。高級木材として重宝され、特に家具のうちでも箪笥の材料として、桐箪笥といえば高級家具の代名詞でした。皆さんのお宅でも奥さんの着物は桐ダンスに収まっていることでしょう。それ以外にも桐は、琴や箱なども用いられてきました。

 

Dscn2801

キリの花

日本では女の子が生まれるとキリの苗を植え、結婚する際にはそのキリで箪笥を作り嫁入り道具にするという風習もありました。それくらいキリは生長が早いことを物語っているのでしょう。

 

Dscn2802

キリの花(拡大)

Dscn2803a

キリの花(拡大2)

キリは古くから鳳凰の止まる木として神聖視されており、日本でも嵯峨天皇の頃から天皇の衣類の刺繍や染め抜きに用いられ、「菊の御紋」に次ぐ高貴な紋章とされてきました。鳳凰は平等院の屋根に乗っており、10円硬貨にそのデザインが使われています。

また、五七の桐の模様は500円硬貨に用いられています。

 

Dscn2831a

キリの果房

 6月中頃に花の後に、大きな実がついているのが見られました。

足利尊氏や豊臣秀吉なども桐の紋を天皇から賜っていて、紋章として使っていました。近代以降も五七の桐は「日本国政府の紋章」として、大礼服や勲章のデザインに取り入れられています。また、菊花紋に準じる国章としてビサやパスポートなどの書類や金貨の装飾に使われたり、「内閣総理大臣の紋章」として官邸の備品や総理の演台に取付けられるプレートに使われています。

 

Dscn2832a

キリの果実

Dscn2833a

キリの果実(拡大)

 

先に「パスポート申請には写真サイズにご注意を」でパスポートの紹介をしましたがパスポートの写真と旅券番号のページには、五七の桐マークが印刷されています。

 

Dscn2840a

キリの葉 

お隣の国の人はパスポートやこの首相官邸の演台にある五七の桐マークをどうも嫌うようで、それは朝鮮出兵をさせた豊臣秀吉の紋だと思っているようです。日本では、五七の桐マークは日本国のシンボルとしてこれを使っているので、豊臣秀吉の紋章と思う人はまずないでしょう。

 

少し大きな写真と特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  に載せますの

でそちらもご覧下さい。

関連の記事が 園芸植物・園芸事情 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・5月中旬の京都植物園ではシャクヤクの花が見ごろを迎えていて、いろんな色や形の花が見られました | トップページ | ・私だけの天神川沿いの散歩小径で、4月中旬に見かけたヒイラギナンテン、マルバスミレとキランソウ »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

プロフユキ先生
 こんばんは。
桐のお花は以前、軽井沢で見たことがございます。
でも実がなるとは存じませんでした。
その実はどうなるのでしょうか?

投稿: マコママ | 2017年6月24日 (土) 17時40分

こんにちは マコママさんsign01

今回は名前を確認してから、返信しています。よく名前が抜けているのに
気が付かない失敗をしています。bleah

桐の大きな実は中に二部屋あり、たくさんのタネが詰まっていて、
フリルみたいな羽をもって広がっていくようです。happy01

幹自体はそれほど太くないようですが、たくさんお花と実を着けるものです。wink eye

投稿: プロフユキ | 2017年6月24日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/65451761

この記事へのトラックバック一覧です: ・平野神社で塀から桐の木が伸びていて、藤色の花が咲きやがて大きな実がなりました:

« ・5月中旬の京都植物園ではシャクヤクの花が見ごろを迎えていて、いろんな色や形の花が見られました | トップページ | ・私だけの天神川沿いの散歩小径で、4月中旬に見かけたヒイラギナンテン、マルバスミレとキランソウ »