« ・3月末に京都植物園で開かれる椿展のため、平岡八幡宮へ花寄せに行きました | トップページ | ・4月初めに地蔵院(椿寺)の五色八重の散椿を見てきました »

2017年4月19日 (水)

・3月末に西院付近の散歩道で見かけたヒマラヤユキノシタ、ドウダンツツジとモクレンなど

いつもの散歩道とは別に、時折西大路四条の西院の本屋に寄ったときに、交差点付近を散歩します。四条通の西の端になりますが、カトリック西院教会や高山寺があり、また交差点には近所の人が整備した花壇に季節の花が咲いています。この周辺で見た、ドウダンツツジ、サンシュユ、ハクモクレン、胡蝶侘助、ユスラウメと、先日花寄せの折に大聖寺で見たヒマラヤユキノシタを紹介します。ヒマラヤユキノシタは同じく花寄せの折に、奥村邸でも見かけましたが中々きれいな花です。

Dscn09801

散歩道で見た花たち

Dscn09802

ヒマラヤユキノシタ

 大聖寺の庭で見かけたヒマラヤユキノシタです。ヒマラヤユキノシタはユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属の植物で、庭園などに栽培されます。 ヒマラヤ山脈周辺の原産の常緑多年草です。

 

Dscn09803

ヒマラヤユキノシタの花

 別名ベルゲニアで、葉は長さ10-20cm10cmほどのキャベツに似た形で、らせん状に茎につきロゼット状です。桃色の花が春に多数、集散花序をなして咲き、なかなか綺麗な花です。耐寒性が高く育てやすいようです。

 

Dscn09804

カトリック西院教会

西大路通りから四条通にちょっと東に行ったところに、このカトリック西院教会がありハクモクレンの木がありました。

 

Dscn09805

ハクモクレン

ハクモクレンについては先に、京都御苑の紫モクレンと共に紹介しています

 

Dscn09806

ハクモクレンの花

Dscn09807

ハクモクレンの花

ハクモクレン(白木蓮、学名:Magnolia heptapeta)はモクレンの仲間で白色の花をつけます。しばしば、「モクレン」と混同され、そう呼ばれることがあります。モクレン属の中では大型の種類で樹高は10-15m程度まで生長し、春、葉に先立って大形で白色の花が開きます。お寺や公園などでもよく見かけます。

 

Dscn09808

高山寺

 カトリック西院教会の少し西側に、高山寺があります。右京区の高山寺と紛らわしいですが、この寺の本尊は子安地蔵と呼ばれ、安産地蔵として信仰を集めています。足利義政夫人日野富子もここで祈願し、義尚を生んだといい、この地は平安前期、淳和天皇の後院(ごいん)淳和院があったところで石碑が立っています。境内は開放されていて、自由に見学できます。たくさんの花木が植えられています。

 

Dscn09809

ドウダンツツジとサンシュユ

お庭の一角にドウダンツツジとサンシュユが植えられていて、いまが花盛りでした。

 

Dscn098010

ドウダンツツジ

 ドウダンツツジはツツジ科低木で、日本原産でもあり山野でよく見かける花木です。個別に見るとも小さくて白色で、アセビと非常によく似ていて混同しそうです。庭園にもよく植えられるドウダンツツジは高さ15mでアセビよりやや低く、開花期は3~6月でアセビよりやや遅く咲き出して、遅くまで咲きます。

 ドウダンツツジとアセビについては先に、丹波で見た花を紹介しています。

 

Dscn098011

サンシュユ

Dscn098012

サンシュユの花

 サンシュユも先日植物園で見た花を紹介しています。 サンシュユはミズキ科ミズキ属の落葉小高木で、原産地は朝鮮半島です。学名はCornus officinalis.主な開花期は3月~4月上旬で、葉の出る前に5㎜ほどの黄色の花を枝いっぱいに咲かせます。

 

Dscn098013

胡蝶侘助

門のわきに胡蝶侘助の木があり、たくさんの可愛い花が咲いていました。

 

Dscn098014

胡蝶侘助の花

Dscn098015

胡蝶侘助の花

 ツバキについて先に城南宮のツバキコレクションを紹介しました、その折にも綺麗な胡蝶侘助がありました。ツバキとしては極小輪の一重で猪口咲きです。開花は主に34月です。

 

 

Dscn098016

ユスラウメ

DSCN0980(17)

Dscn098017

交差点の花壇には丹精されたボタン、スイセン、菜の花、チューリップなどが咲いていましたが、可憐なユスラウメの花も咲いていました。ユスラウメはバラ科の木本低木で、学名はPrunus tomentosaです。中国原産で、樹高は1-3m、開花期は4月で、6月ごろに熟する果実は食用になります。

 

 

少し大きな写真と特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  に載せますの

でそちらもご覧下さい。

関連の記事が 園芸植物・園芸事情  にもありますので、ご覧ください。

|

« ・3月末に京都植物園で開かれる椿展のため、平岡八幡宮へ花寄せに行きました | トップページ | ・4月初めに地蔵院(椿寺)の五色八重の散椿を見てきました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
 
花盛りですね~ どの花も素敵です。
偶然にも今日、実家のヒマラヤユキノシタを記事にしました。
雪が融けるか解けないかと言う頃から ツボミを付けて、
今 花が少しずつ咲き始めています。
葉は まだ新しいものが出ていなくて、枯れた状態なのですが
花だけは、早い物では、プロフユキさんご紹介のものと 同じ程に咲いています。

投稿: 花mame | 2017年4月20日 (木) 20時54分

こんにちは 花mameさんsign01

拝見しました、雪の中からかを出したヒマラヤユキノシタ、素敵ですね。
まさにヒマラヤユキノシタの名前のような感じがします。happy01

寒さに強い花たちの開花時期はそれほど変わらないのですね、驚きました。bleah

これからは一気に春が広がることでしょうね。smile

投稿: プロフユキ | 2017年4月21日 (金) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/65171383

この記事へのトラックバック一覧です: ・3月末に西院付近の散歩道で見かけたヒマラヤユキノシタ、ドウダンツツジとモクレンなど:

« ・3月末に京都植物園で開かれる椿展のため、平岡八幡宮へ花寄せに行きました | トップページ | ・4月初めに地蔵院(椿寺)の五色八重の散椿を見てきました »