« ・ベランダで咲き続けていたクリスマスカクタスの開花もやや峠を越したようです | トップページ | ・3度目の退職記念にアルストロメリアの花束を頂きました »

2017年3月15日 (水)

・促成されて咲いてきた冬ボタンの花を京都府立植物園で見てきました

弥生3月になり時折寒い風の吹くことがありますが、日差しは強くまた日長も長くなってきました。ちょうど植物園に行くことがあり、植物園会館の前には冬ボタンの鉢植えが展示されていました。冬ボタンとは咲き品種のボタンを、温室を利用して人工的に春の状態にして咲かせたものです。そしてシーズンが近づくと温室から取り出し、鉢ごと埋め込んだのが「冬牡丹」です。春のつもりで蕾(つぼみ)が膨らんだもので、青い長い茎と大きな緑の葉があるのが特徴です。

本来の「寒牡丹」は人手に寄らないで、自然の状態で時期が来れば自然に花を咲かせたものです。ただデリケートな品種ですから、気候の状態によって敏感に反応して開花せずに終わってしまうこともあるようです。

Dscn0690_2

 

冬ボタン

右上の写真のようにワラなどで北側からの寒風を防ぎ、保温して育てます。

寒牡丹ではこの冬牡丹と異なり、ひとたび咲けばその姿はいかにも冬の花らしくなります。牡丹は落葉樹ですですから、寒牡丹では茎が細くて短く、葉がほとんど出ていません。

 

Dscn0691a

新国色

ボタンはボタン科ボタン属の落葉低木です。中国原産で2世紀には既に薬用として使用され、その後5世紀頃から観賞用として栽培され、花の王様とも呼ばれます。春から梅雨の時期にかけて、バラのような美しく、大きな花を咲かせます。花色はこのように赤色から、桃色、黒赤色、白色、黄色など多様です。

 

Dscn0692a

稀世紅

 咲き始めは赤色ですが、その後やや色は薄く変わっています。原種より園芸種では花弁数は増して、八重化が進んでいます。

 

Dscn0693a

島の輝

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と、女性の美しさを表す言葉として有名です。芍薬の花は茎が高くなって咲くことから「立てば芍薬」と言われ、一方昔の牡丹品種は草丈が低くて葉の上に花が座っているように見えたことから、「座れば牡丹」と言われたようです。

 

Dscn0694a

黒芳

この品種から、花弁の色がやや黒みを帯びています。

 ボタンとシャクヤクは同じボタン属で、花色や咲き方が似ていることもあり、よく混同されます。牡丹と芍薬の違いは、次の通りです。

 

Dscn0695a

写楽

ボタンは木本で茎が太くなりますが、シャクヤクは草本で細い茎になり毎年新芽が伸びてきます。ボタンの葉には切れ込みがありますが、シャクヤクにはありません。ボタンのつぼみの先はとがっていますが、シャクヤクでは丸くなります。

 

Dscn0696a

不借金

この品種名である不借金(ふしゃっきん)は妙な名前ですが、花弁に可愛い斑紋があるようです。

 

Dscn0697a

墨流

黒味を帯びた、綺麗な赤色の花弁です。

 

Dscn0698a

黒芳

残念ながらやや開花盛期を過ぎていました。

 

Dscn0699a

春霞

今までの黒赤色と異なり、やや桃色を帯びた赤色花弁です。

 

Dscn0700a

八千代椿

綺麗な桃赤色の花で、八重の花弁も良く伸びています。

 

Dscn0701a

明日香

防風囲いで育てられた花です。

 

Dscn0702a

花の里

桃赤色でやや平たい花です。

 

Dscn0703a

黄冠

黄色で柔らかな花弁の、美しい花です。

 

Dscn0704a

玉天集

まだ堅い蕾だったため、どんな花になるか見たいものです。

 

Dscn0705a

暁の雪

これも先ほどの玉天集と同様に柔らかで、純白の花です。

 

Dscn0706a

白木蓮

これも白色の綺麗な花で、この花弁の先端はいくつかの切れ込みがあるようです。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  載せます

でそちらもご覧下さい

関連記事が 園芸植物・園芸事情 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・ベランダで咲き続けていたクリスマスカクタスの開花もやや峠を越したようです | トップページ | ・3度目の退職記念にアルストロメリアの花束を頂きました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 見事な牡丹ですね。
以前、上野東照宮の冬牡丹を観に言った事がございます。
藁の三角屋根?の中でひっそりと咲いていましたね。
これほど種類があるとは思いませんでした。
「白木蓮」がいいですね。

投稿: マコママ | 2017年3月15日 (水) 17時57分

こんにちは マコママさん sign01

丹精を込めて藁の三角屋根で育てて開花した、冬牡丹を私も初めてまとめ見せてもらいました。happy01
春咲きに比べて花数は少なく、花も小振りですが、これだけ3月に見られれば素晴らしいですね。smile

色も形も様々ですが、「白木蓮」が良かったですか。note 
牡丹というと柔らかな桃赤色の花が中々豪華で良いですが、黄色の「黄王冠」や白色の
「暁の雪」も中々素敵ですね。wink delicious

投稿: プロフユキ | 2017年3月15日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/65019053

この記事へのトラックバック一覧です: ・促成されて咲いてきた冬ボタンの花を京都府立植物園で見てきました:

« ・ベランダで咲き続けていたクリスマスカクタスの開花もやや峠を越したようです | トップページ | ・3度目の退職記念にアルストロメリアの花束を頂きました »