« ・今年のバレンタイチョコはピーターラビット模様でした | トップページ | ・弥生3月になりリビング窓際のファレノプシスとデンドロビウムも花盛りです »

2017年2月28日 (火)

・秋に室内に移動したバジルは元気に生長し、今も良い香りがして花盛りです

気温が低下してきた11月頃、プランター植えのバジルを鉢上げして、室内に移動しました。その後に雪が降ったりして、室内に移動して正解でした。バジルは毎年ベランダで育て、スパゲッティやパスタ、スープなどにトッピングして利用してきて家人にも好評です。ベランダでは世話の合間に葉に触れるたびに良い香りがして、ローズマリーと共にリフレッシュになります。

バジルの栽培と利用、特にシソ代わりに葉や花も天ぷらに使えることを紹介 しました。また普通のスイートバジルとも呼ばれる種類以外に、シナモンバジル、ダークオパールバジル、ブッシュバジルなどの種類もあり、クッキーにも使えることを紹介しました。

今回は特にたくさん咲いている白い花と、タネ播きしてくらんだタネを紹介します。

Dsc_0001a

バジル

 左上の写真はバジルのタネを播いた後、水を吸って膨らんできた様子で、このことからメボウキの名前が付きました。

Dsc_0004a

バジルタネ播き

 バジルのタネを数粒ずつ、ウレタンの播種ベッドに播きました。穴にタネを播き、底から給水させます。

 

Dsc_0011a

バジルタネ播き(拡大)

 バジルの種子はグルコマンナンを多く含みます。このグルコマンナンは水溶性の多糖類で、水分を含むと乾燥状態の約30倍にも膨張してゼリー状の物質で覆われます。この膨らんだゼリー状の物質により、目の汚れを取り去る目薬とされ、メボウキ(目箒)の名前が付きました。

 

Dsc_0021a3

バジル3

室内に持ち込んだバジルは、このように大小様々な3鉢でした。バジルはシソ科メボウキ属の多年草で、熱帯アジア・アフリカ・太平洋諸島などに広く分布します。日本では冬に枯れるので1年草として扱われています。別名にはスイートバジル、バジリコ(イタリア語)、メボウキなどがあります。

 

Dsc_0022a1

バジル1

これは最も大きな株で、古い枝は木のように茶褐色で太くなって、そこから分枝が伸びています。

 中世以来ヨーロッパでは普通に用いられてきたハーブで、現代ではトマト料理によく用いられ、チョウジのような芳香が尊重されます。

 

Dsc_0023a2

バジル2

これは中くらいの株で、枝が伸び放題になっていますので、あとで整理してやりました。

もともとあった葉は気温の低下と共に硬くなるので、さきの2/3くらいは切り戻し、わき芽から分枝を出させでた若い葉を利用した方が良いようです。

 

Dsc_0024a3

バジル3

もっともこじんまりした株です。綺麗な白い花が良く咲いています。バジルの葉や花に触れると良い香りがしますが、香りの主成分はメチルカビコール(エストラゴール)、リナロール、シネオール、オイゲノールで、刺激性は低く生食でも食べられます。

 

Dsc_0025a1

バジル花穂1

 花は各枝の先端につき,各節に6花ずつ輪生して花穂となります。花穂の長さは1525cmにもなります。

 

Dsc_0027a2

バジル花穂2

花はシソ科特有の唇形で上と下の2弁に分かれ、上の弁は4個の切れ込みがあります。花で白色,長さ約1cmで、雄しべは4本あります。一つの花にタネが4個入っています。

タネはたくさん採れますので、空き缶などに保存しておくと良いですね。

 

Dsc_0029a3

バジル花穂3

バジルの花言葉は好意、好感、神聖、高貴、良い望み、強壮、憎しみ、なんという幸運などがあります。

 

Dsc_0035a1

バジル花穂拡大1

 上の唇弁に4裂あるのが良く見えます。雄しべは2本ずつ、左右に分かれています。

 

Dsc_0043a2

バジル花穂拡大2

少し近くに寄ってみました。

 

Dsc_0047a1

バジル花拡大1

近ずき過ぎると、ちょっと見にくいですね。

 

Dsc_0051a

バジル花拡大2

 これくらいの近さが良いようで、唇弁の切れ込みと雄しべが良く観察されます。

 

Dsc_0057a

キク科?

一株の鉢には何か、キク科の草が一緒に生えていました。

 

Dsc_0058a

ツルナ

この鉢にはツルナのタネがこぼれていたのか、元気に伸びてきました。

 

Dsc_0061a

風船カズラ

この鉢には風船カズラのタネが入っていたみたいで、2本の茎が伸びてきました。長くなると支柱をしてやらなければなりそうです。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せます

でそちらもご覧下さい

関連記事が 園芸植物・園芸事情 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・今年のバレンタイチョコはピーターラビット模様でした | トップページ | ・弥生3月になりリビング窓際のファレノプシスとデンドロビウムも花盛りです »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/64950722

この記事へのトラックバック一覧です: ・秋に室内に移動したバジルは元気に生長し、今も良い香りがして花盛りです:

« ・今年のバレンタイチョコはピーターラビット模様でした | トップページ | ・弥生3月になりリビング窓際のファレノプシスとデンドロビウムも花盛りです »