« ・京では暖冬のせいでベゴニア・センパフローレンスがまだいろんな色の花を咲かせています | トップページ | ・19年ぶりの日本人横綱・稀勢の里による明治神宮奉納土俵入りを見ました »

2017年1月17日 (火)

・京では暖冬のせいでチロリアンランプは咲き続け、マンリョウも艶やかな実を着けています

先日咲き続けていると書いたベゴニア・センパフローレンスは、3日前からの降雪のせいで、残念ながら寒風に当たり枯れてしまいました。ベゴニア・センパと同じ昨年末に撮ったチロリアンランプやマンリョウは、幸い傷むことなく元気でいます。そこで年末に撮ったチロリアンランプの可愛い花と、マンリョウの艶やかな実を紹介します。

チロリアンランプはアオイ科イチビ属(アブチロン属)の常緑性低木で、細い茎が数本伸びてたくさんの花を着けます。ブラジル原産で学名はAbutilon megapotamicum (Spreng.)で、和名はウキツリボクで別名がチロリアンランプです。高温にも低温にも強く、暖地では露地でも越年します。花は新しい枝につきますので、45月に1/21/3に切り戻してやればたくさん花が着き、610月頃までよく咲きます。花は葉の付け根から垂れ下がり、赤いガクに包まれた中から黄色い花弁が突き出ていて、その中央から更におしべとめしべが一緒に伸びてきます。その姿からチロリアンランプと呼ばれています。挿し木でもよく増えますので、摘心するときに切った枝を挿し穂にできます。

マンリョウのことは先に、6月頃白い花が咲きその後10月頃から赤い実が発達してくることを紹介 しました。今年はたくさん花が咲いたのですが、ベランダの端に置いておいたため強風で何度か床に落下して、赤い実が傷んでかなり落果しました。それでも数は少なりましたが、赤くて艶やかな実を着けています。

Dsc_0001a

チロリアンランプとマンリョウ

チロリアンランプの花と、学生時代に登った山の記念バッジに下がったランプとを並べてみました。

Dsc_0002a

チロリアンランプ

チロリアンランプの枝は1.5~2mくらいに数本伸びてきて、葉の付け根から花が垂れ下がってきます。黄色い花は赤いガクに包まれています。

 

Dsc_0003a

チロリアンランプ

枝はこのようにやや垂れますので、中央部までを束ねて支柱に誘引しておき、何本かの枝を斜めに伸ばします。するとこのように数個の花が綺麗に垂れてきて来ます。

 

Dsc_0004a1

チロリアンランプの花1

花を包むガクも、最初は黄緑色ですがやがて赤く色が変わってきます。

 

Dsc_0005a2

チロリアンランプの花2

赤いガクから黄色の花弁が伸びだし、更に雌しべと雄しべが共に伸びてきます。

 

Dsc_0006a3

チロリアンランプの花3

ここにはホオズキ状の、赤くて膨らんだガクを示しています。

 

Dsc_0007a4

チロリアンランプの花4

ガクは袴のように五つの切れ込みがあり、また5枚の黄色い花弁から、雄しべ・雌しべが更に伸びています。多数の雄しべから、やがて5本の雌しべが伸びてきます。

 

Dsc_0008aatm3

八甲田山

これは学生時代リュックを担いで登った、八甲田山の登山記念バッジです。バッジから、赤いランプが下がっています。

 

Dsc_0009aatm5

中央アルプス

これはまだケーブルカーができる前、リュックを担いで中央アルプスを縦走したときの記念バッジです。このバッジからも、赤いランプが吊るされていました。

 

Dsc_0010a

マンリョウ

鉢植えのマンリョウです。ちょっと葉が傷んでいますが、幾つかの赤い実が膨らんでいます。

 

Dsc_0011a1

マンリョウの実1

赤い実を拡大して見ると、まるでサクランボのように見えてきます。

 

Dsc_0012a2

マンリョウの実2

数個の赤い実は艶やかに育っていますが、いつまでも着けていると株が弱るので、残念ですがそろそろ実を落とそうかなと思っています。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  載せます

でそちらもご覧下さい

関連記事が 園芸植物・園芸事情  にもありますので、ご覧ください。

|

« ・京では暖冬のせいでベゴニア・センパフローレンスがまだいろんな色の花を咲かせています | トップページ | ・19年ぶりの日本人横綱・稀勢の里による明治神宮奉納土俵入りを見ました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 可愛いですね。初めて拝見eye
チロリアン・ランプ、ネーミングもいいですね。
沢山の花々をお育てで楽しみに拝見させて頂きます。

投稿: マコママ | 2017年1月18日 (水) 15時08分

こんにちは マコママさんsign01

チロリアンランプは丈夫でたくさん花が咲き、一株あると楽しめますよ。happy01
つゆごろどうせ剪定しますから、ご近所に見かけたら枝を貰って挿し木すると増えますよ。wink

これからは厳寒期で、寒さに弱いお花は居間に移動です。また紹介しますので、見てください。bleah

投稿: プロフユキ | 2017年1月18日 (水) 21時03分

こんばんは(^^)
福山でも咲いています。寒さに強いんですね。
ずーっとアブチロンと思っていましたが、チロリアンランプというかわいいheart04名前なんですね。
とても可愛いので、
園芸店で見かけたら育ててみようと思います。

投稿: 花みずきょん | 2017年1月19日 (木) 00時05分

花みずきょん さんsign01

寒い日が続いていますね、お変わりありませんか?wink

奈良で苗生産をしている友人からチロリアンランプの苗をもらい、それ以来ずっと育てています。happy01
細い潅木状の枝が数本伸びてきますので最初はどのように管理するか迷いました。bleah

ご近所で株を見かければ、枝を分けてもらえると挿し木できますねeye smile

投稿: プロフユキ | 2017年1月19日 (木) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/64776496

この記事へのトラックバック一覧です: ・京では暖冬のせいでチロリアンランプは咲き続け、マンリョウも艶やかな実を着けています:

« ・京では暖冬のせいでベゴニア・センパフローレンスがまだいろんな色の花を咲かせています | トップページ | ・19年ぶりの日本人横綱・稀勢の里による明治神宮奉納土俵入りを見ました »