« ・菊のドーム作りや遅咲きの嵯峨菊の展示を植物園で見てきました(その4) | トップページ | ・木々が紅葉に彩られると、学生時代に習ったあの和歌が思い出されます(北野天満宮) »

2016年12月 8日 (木)

・北野天満宮のお土居のもみじ苑を守る悪水抜き・版築工法と見事な紅葉を見てきました

私の散歩コ-スの北野天満宮は折に触れ訪れたい場所で、今までにその歴史夏越しの茅(ちがや)輪くぐり妖怪がらみの灯ろう節分祭での狂言と舞の奉納道真公ゆかりの紅白梅 整備されたお土居 雪中の初詣再度の紅梅と白梅 などを、8回にわたり紹介しています。太閤ゆかりのお茶会の跡や天神さんの7不思議、さらに世界遺産に登録していないわけなど、まだまだ紹介しきれていません。

整備されたお土居は新緑の頃にも訪れるのに良いところですが、横に流れる紙屋川それにかかる鶯橋と更にお土居を取り巻く木々の紅葉を見る晩秋にも絶好のスポットです。お土居は太閤秀吉が、洛中を戦火から守るために築いた土塀で、ここ北野天満宮ではこれが綺麗に保存されています。

 

Dscn0410b

お土居もみじ苑

お土居のもみじ苑には約300本の紅葉する木が植えられ、10月下旬から12月上旬まで公開されています。

Dscn0411a

もみじ苑入口

入り口付近から、真っ赤に紅葉した木が迎えてくれます。

 

Dscn0412a

お土居もみじ苑マップ

これがマップで、お土居には大欅(けやき)、舞台などがあり、横を流れる紙屋川には朱色に塗られた鶯橋が架かり、300本の紅葉が点在しています。

 

Dscn0413a

本殿背景1

これは本殿の屋根部分を西側から見たところですが、その鮮やかな模様と紅葉の色どりがとてもマッチしています。

 

Dscn0414a

本殿背景1

これは先の写真から更に紅葉に近寄ってみました。色鮮やかな紅葉が、緑色の葉と屋根の黒色に比べて一層鮮やかに見えます。

 

Dscn0415a

お土居の大ケヤキ

お土居の入り口付近にある大欅(けやき)で、太閤秀吉がここにお土居を築いたころから生長を続け、幹回りは6mあります。京の地より遠く九州の太宰府まで、東風を吹かせ続けていることから東風(こち)の名前があります。梅の頃には一層その香りを、大宰府に届けたことでしょう。

 

Dscn0416a

お土居の悪水抜き

お土居を降りて下から見ますと所々に、石組みの悪水抜きが見られます。お土居を築いた際に外側への排水を遮ったところでは水がたまったため、このような切石組の暗渠(あんきょ)を設け、雨水が神域を侵さないように工夫がされています。

 

Dscn0417a

悪水抜き拡大

このような切石組暗渠はやや勾配を下げ、紙屋川に向かって雨水が流れるようになっています。

 

Dscn0418a

お土居の版築工法

お土居が長年御風でも浸食されないように、古代からの土木建築方法で土を何層にも突き固めて堅牢(けんろう)な土るいや建物の基壇を築造する方法・版築工法で補強されています。

 

Dscn0419a

遊歩道

お土居から下った紙屋川沿いの遊歩道には、上からの紅葉が折敷いてまるで紅葉の絨毯が敷かれているようです。

 

Dscn0420a

背景は鶯橋

紙屋川にかかる鶯橋の朱色と、木々の紅葉が混然と混じって溶け合っています。

 

Dscn0421a

もみじ苑最終地

もみじ苑最終地近くには、ひときわ色鮮やかな紅葉の木が別れを惜しむように仰ぎ見られました。

 

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  載せます

でそちらもご覧下さい

関連記事が 京の街角  にもありますので、ご覧ください。

|

« ・菊のドーム作りや遅咲きの嵯峨菊の展示を植物園で見てきました(その4) | トップページ | ・木々が紅葉に彩られると、学生時代に習ったあの和歌が思い出されます(北野天満宮) »

・京の街角 The Hilight of Kyoto」カテゴリの記事

コメント

プロフユキさま
 こんにちは。
凄い!見事な紅葉mapleですね。
お土居は以前「ぶらタモリ」で拝見して
その存在を知ったような訳です。
いろいろ工夫が施されていますね。
でもやはりこの紅葉は凄いです!
太閤さまもご覧になられたのでしょうか?

投稿: マコママ | 2016年12月 8日 (木) 11時58分

こんにちは マコママさんsign01

ブラタモリでお土居の紹介がありましたか?知りませんでしたが、残念しました。coldsweats01

欅や杉の巨木は今に残っていますから、太閤秀吉も見た可能性はありますが、
紅葉は残念ながらそれほど年数は経っていませんので見ていないでしょうね。catface

今年は特に紅葉が色鮮やかなようで長く楽しんでいます。note eye

でも太閤さんがお土居を築いてくれたおかげで、今に多くの人が紅葉や新緑を
楽しめるわけで有り難い事です。

投稿: プロフユキ | 2016年12月 8日 (木) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/64596241

この記事へのトラックバック一覧です: ・北野天満宮のお土居のもみじ苑を守る悪水抜き・版築工法と見事な紅葉を見てきました:

« ・菊のドーム作りや遅咲きの嵯峨菊の展示を植物園で見てきました(その4) | トップページ | ・木々が紅葉に彩られると、学生時代に習ったあの和歌が思い出されます(北野天満宮) »