« ・紫式部の墓所と平野神社で見たムラサキシキブとシロシキブ  | トップページ | ・京都植物園の温室で色鮮やかなヘリコニアと可憐なグロッバの花が咲いていました »

2016年10月20日 (木)

・秋の平野神社には優美な白色から酔ったような紅色までの酔芙蓉の花が咲き乱れていました

先に京の町角で見かけたアラビアジャスミン(茉莉花)の花に、見とれたことを紹介しました。また先日散歩で訪れた平野神社では思いがけず、酔芙蓉のあでやかな色の花々を見ました。バラは力強いきりっとした花で、先に京都植物園で見かけたハイブリッドティー ツルバラなどを紹介しています。それに較べてボタンやシャクヤクは日本的な優美な花の代表ですが、酔芙蓉もまた日本的な優美な花の代表と思われます。先日紹介しましたムラサキシキブに交じり、平野神社で見かけた優美な酔芙蓉の白色から紅色への一日花の色の変化を紹介します。

Dscn0100

酔芙蓉の花色の変化

Dscn0101

酔芙蓉の花々

 スイフヨウ(酔芙蓉)はアオイ科フヨウ属の落葉低木で、学名はHibiscus mutabilis f. versicolor です。原産地は中国、日本で、開花時期は9~10月です。酔芙蓉の名は花色の変化を、酒に酔っていく様にたとえて名づけられました。

Dscn0102

白色の酔芙蓉

 平安の昔から人々に愛され、観賞されてきた芙蓉の花。ムクゲと違って変異が出にくく、品種はあまり多くないようです。その数少ない園芸品種の一つが酔芙蓉です。

 

Dscn0103

白とピンクの酔芙蓉

本来の芙蓉は中国ではもともと蓮の花を指してきましたので、水の中に咲くものを水芙蓉、木に咲くものを木芙蓉と区別していました。だから日本では、芙蓉といえば木芙蓉のことを指します。

 

Dscn0104

白とやや赤味の増した酔芙蓉

フヨウは朝に咲き、夕方には萎んでしまう一日花で、早朝に開花したときには淡紅色ですが、夕方になるその色は次第に濃くなり、そして萎んでいきます。
 一方、酔芙蓉の花は朝のうちは純白色で、午後には淡い紅色になり、夕方から夜にかけては濃い紅色になります。お酒を飲むと顔の色がだんだんと赤みを帯びくることから、この酔芙蓉の名がついたとされています。

 

Dscn0105

白と紅色の酔芙蓉

一本の木に白い花とピンクの花が多種多色咲いているように見えます。スイフヨウは芙蓉よりも花期が遅いようです。
 芙蓉の花は一日花の短命であり、さらにその色の白色から農紅色への変化が鮮やかであり、一層人生のはかなさを暗示させるようで、その魅力に人々は魅せられ愛されてきたのでしょう。

 

Dscn0106

紅色の酔芙蓉

樹形、葉形はフヨウとほぼ同様ですが、一重咲きが基本のフヨウに対し、酔芙蓉は八重咲きで、時間が経つにつれて変色していくのが大きな特徴です。

 

Dscn107

薄紅と紅色の酔芙蓉

酔芙蓉は優美な花であり、その花言葉は繊細な美、しとやかな恋人です。酔芙蓉の花芽7月以降に出来ますので、7月以降に剪定をしません。剪定の適期は冬です。寒さで葉っぱが枯れこむ12月から3月に、適当な大きさに剪定します。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  載せます

でそちらもご覧下さい

関連記事が 園芸植物・園芸事情  にもありますので、ご覧ください。

|

« ・紫式部の墓所と平野神社で見たムラサキシキブとシロシキブ  | トップページ | ・京都植物園の温室で色鮮やかなヘリコニアと可憐なグロッバの花が咲いていました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/64372732

この記事へのトラックバック一覧です: ・秋の平野神社には優美な白色から酔ったような紅色までの酔芙蓉の花が咲き乱れていました:

« ・紫式部の墓所と平野神社で見たムラサキシキブとシロシキブ  | トップページ | ・京都植物園の温室で色鮮やかなヘリコニアと可憐なグロッバの花が咲いていました »