« ・「ロームシアター京都」のオープニング記念で、“由紀さおり・安田祥子のファミリーコンサート”を聴いてきました | トップページ | ・京都府立植物園ではブーゲンビレアがカラフルな赤紫、ピンク、赤色などの花を咲かせていました »

2016年9月15日 (木)

・切手趣味週間を記念して、「上杉本洛中洛外図屏風」の切手が発行されています

今年の4月に、切手趣味週間の記念切手として、「上杉本洛中洛外図屏風」の切手が発行されています。洛中洛外図は京都の市街(洛中)と郊外(洛外)の景観や、風俗を描いた屏風絵です。戦国時代から、江戸時代に何度か描かれています。先に安野光雅の描く洛中洛外展を紹介し、また江戸時代に書かれた洛中洛外図に関白英次の首塚が描かれ 、その後角倉了以により秀次一族を弔う瑞泉寺が創建されたことを紹介しました。

今回の切手図案に用いられたものは、米沢藩主の上杉家に伝来する「上杉本洛中洛外図屏風」で、織田信長から上杉謙信に贈られた狩野永徳の作品とされています。絵の内容から、室町幕府13代将軍足利義満の時代の景観が描かれていると推定されています。

Ae001

上杉本洛中洛外図屏風

Ae002

上杉本洛中洛外図屏風1

 上に吉田神社、銀閣寺、永観堂が描かれています。その下左には北野天満宮、御所が描かれ、その中間に収穫の季節で、稲刈りや脱穀の作業が描かれています。室町幕府の時代には田んぼがあったものでしょうか。またその右には、大原女が描かれています。

京の北東、大原の里の薪はとても良質で知られ、大原の女たちはその薪を京の町で売り歩きます。売るものは薪以外に花など多様になりましたが、現在も大原女の風俗は残っています。更に右には55日は端午の節句で、東洞院通では軒先に菖蒲が吊るされ、菖蒲や粽(ちまき)売りが描かれています。

 

Ae003

上杉本洛中洛外図屏風2

 上には南禅寺、知恩院、八坂神社、建仁寺が描かれています。中央左側に、弁慶石が描かれています。これは鞍馬口にあった弁慶の腰掛け石が、洪水で流されてきたとも伝えられる伝説の石です。その右には三条河原で相撲が行われており、見物人がのんびり見守っています。その右の神輿渡御の下に、祇園祭りの傘鉾、長刀鉾、螳螂山、函谷鉾が描かれています。祇園祭の山と鉾については、先に紹介しています。 その左には庶民に愛された六角堂、寺名は頂法寺が描かれています。立花の名手を輩出し、代々池坊の家元が住職を兼ねています。

Ae004

上杉本洛中洛外図屏風3

 左には武衛門前鶏合せが描かれ、鶏合せは闘鶏の古称で、33日の節句の行事として行われていました。両脇に描かれた馬が賭けられているのでしょうか。その下には染物屋があり、中庭で布が干され、家の中では職人が染色をしているようです。その右には板売りの風景が見られ、また上御霊御旅所、下御霊御旅所、円融寺、妙覚寺、それに信長が襲われた本能寺が描かれています。

 

Ae005

上杉本洛中洛外図屏風4

 左側の室町通六角あたりの町屋では、屋根葺き作業の真っ最中です。また、髪結床と言われた床屋が描かれています。更には町屋の中で、草履を作る職人までが描かれています。その上には祇園祭の白楽天山、鶏鉾、岩戸山、船鉾が描かれています。更に右には現在のお盆の行事に当たる盂蘭盆会風景が描かれています。

 

Ae006

上杉本洛中洛外図屏風5

 上には八坂の塔に続き、清水寺、東福寺が描かれています。五条橋の下の鴨川では鵜飼いが描かれ、また現在でも実施されているアユ捕りがすでにあった様子がうかがえます。右下に切れかけていますが東寺があります。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの マイコレクションの紹介  載せますでそちらもご覧下さい

 

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。

|

« ・「ロームシアター京都」のオープニング記念で、“由紀さおり・安田祥子のファミリーコンサート”を聴いてきました | トップページ | ・京都府立植物園ではブーゲンビレアがカラフルな赤紫、ピンク、赤色などの花を咲かせていました »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/64207860

この記事へのトラックバック一覧です: ・切手趣味週間を記念して、「上杉本洛中洛外図屏風」の切手が発行されています:

« ・「ロームシアター京都」のオープニング記念で、“由紀さおり・安田祥子のファミリーコンサート”を聴いてきました | トップページ | ・京都府立植物園ではブーゲンビレアがカラフルな赤紫、ピンク、赤色などの花を咲かせていました »