« ・日本イタリア国交150周年の綺麗な記念切手が昨日売り出されていました | トップページ | ・美術館「駅」で、『世界の巨匠たちが子どもだったころ』描いた絵の美術展を見てきました »

2016年8月30日 (火)

・数十年に一度咲いて枯れるアオノリュウゼツランが、京都府立植物園で今咲いています

先日京都新聞に、数十年に一度咲いて枯れるというアオノリュウゼツランが咲いているという記事が載っており、早速見に行きました。同じ科で属は違うがユッカと同じような花かと思っていましたが、全く異なった花でした。ユッカの花は先に紹介しましたように毎年咲きその房状についたたくさんの釣鐘状の白い花は下向きに咲きます。しかし、アオノリュウゼツランの黄色味をおびた花は、たくさんついていましたが上向きに咲いていました。

アフリカのケニアに住んでいたときに、乾燥地によくユッカのような硬い葉の植物を見かけましたが、それはサイザルでした。相手がよく知らないとケニアの人は、それはジャンボパイナップルだとよく冗談を言って説明していました。

 

039a

アオノリュウゼツラン

開花してきたときの状態です。普段位は伸びていない花をつけた茎(花茎)がよく伸びています。

040a

説明書

リュウゼツラン科リュウゼツラン属の植物です。和名は竜舌蘭で、メキシコを中心に米国南西部と中南米の熱帯域に自生しています。日本ではリュウゼツラン、アガベと両方で呼ばれる事が多いようです。

 

041a

アオノリュウゼツランの葉

 花が咲くまではこのように、硬いとがった葉だけが生長しています。

 一般に生長は遅く、花を咲かせるまでに数十年を要すします。あまりの生長の遅さに、100年に一度開花すると勘違いされたことから、英語で“century plant”(センチュリー・プラント、「世紀の植物」)という別名がつきました。

 

043a

アオノリュウゼツランの花茎

原産地である熱帯地域では10-20年間栄養生長をした後に、開花します。日本では30-50年生育した後に、開花するようです。

 

045a

アオノリュウゼツランの花1

 多くの花はもう咲き終わり子房が膨らみかけています。

花はロゼットの中心から「マスト」と呼ばれる背の高い花茎が伸び、その先に短い筒状のものがたくさんつきます。ごく少数の例外を除いて、基本的には開花・結実後に植物は枯れる一回結実性(一稔性植物あるいは一巡植物)です。繁殖は種子による以外に球芽を形成したり、あるいは茎の根元からひこばえを密生することで増殖します。

 

050a2

アオノリュウゼツランの花2

同じ仲間にサイザルがあり、ケニアにいるときよく見かけました。繊維作物でロープなどに使われましたが、化学繊維に取って代わられたため、現在ではサイザイルバグとして使われ一時期は人気がありました。

 

 

053a3

アオノリュウゼツランの花3

 大阪では庭先や生垣にユッカがよく植えられています。ユッカは形態的にはアオノリュウゼツランとよく似ていますが、ユッカ属に属します。その主な違いは、ユッカの葉はより薄く、細く、葉は真っ直ぐで棘がありません。またユッカは生長に伴って茎を形成して高くなりますが、リュウゼツランは殆ど茎を形成しません。ユッカについては、先にその白い花を紹介しています。

またリュウゼツランの大半は1回結実性で10年から数十年に1度しか開花せず、結実後には枯れてしまいます。一方、ユッカの成熟個体はほぼ毎年開花し、結実後も枯れずに生長を続けます。 

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介  載せます

でそちらもご覧下さい

関連記事が 園芸植物・園芸事情  にもありますので、ご覧ください。

|

« ・日本イタリア国交150周年の綺麗な記念切手が昨日売り出されていました | トップページ | ・美術館「駅」で、『世界の巨匠たちが子どもだったころ』描いた絵の美術展を見てきました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
 
アオノリュウゼツランは、以前、新宿御苑で見て来ました。
まだ花が咲く前の、まるで 巨大なアスパラのようなものと
1枚目と4枚目のお写真の、もう少し前の状態の時でした。
 
一生に一度、花を咲かせると枯れてしまうと、確か看板か何かに書いてあったのを見て
アオノリュウゼツランだって、もう一花も二花も咲かせたいんじゃないのかなぁ、
なんて思って帰って来ました (゚ー゚)

こんな黄色のお花が 咲くんですねえ。
機会があったら また出会ってみたいですが
あまりに背が高過ぎて、目視で花は難しそう ( ´艸`)プププ

投稿: 花mame | 2016年9月 1日 (木) 14時04分

こんにちは 花mameさん sign01

花の咲く前にご覧になったんだったら、まさに巨大なグリーンアスパラガスですね。happy01

ちょっと巨大すぎてやはり植物園で育てる植物ですね。ユッカなら手ごろな大きさで花も可愛いですが、
この花はあんまり愛想も良くなさそうhappy02

でも年配と思しきおばあさん?が、望遠レンズをつけて先の花を写そうとしているのには驚きました。smile

1,2年草と宿根草の間はあいまいなものもあり、伸びてきた花茎を早めに切ってやればひこばえが出てく
るのではないかと思ったりしています。eye bleah

投稿: プロフユキ | 2016年9月 2日 (金) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/64132585

この記事へのトラックバック一覧です: ・数十年に一度咲いて枯れるアオノリュウゼツランが、京都府立植物園で今咲いています:

« ・日本イタリア国交150周年の綺麗な記念切手が昨日売り出されていました | トップページ | ・美術館「駅」で、『世界の巨匠たちが子どもだったころ』描いた絵の美術展を見てきました »