« ・マイベランダのニュフェースであるスターチスが咲きだしてきました | トップページ | ・小雨模様の京の街角で見かけたハマユウとアガパンサスの花 »

2016年7月18日 (月)

・海外旅行で買ったり頂いたりまた利用してきた、お気に入りの時計を紹介します

イギリスで懇意にしていた先生から、ウエジウッドのワイルド・ストロベリー模様の小さな置時計を頂きました。ウエジウッドの陶器にはいろんな植物デザインが利用されているのも、創業者があのダーウインとも親戚関係であるためであることを先に紹介しました。また良く車で出かけたチルムの町で見かけたアンティークの時計も気に入って買ったりしました。時計と言えばスイスでは、せっかくだからとチューリッヒに行った折にはアンティークな懐中時計を買ったりしました。鳩時計も買いましたが、調子が悪くなって解体している内にばらばらになってしまい、修理を放棄したこともありました。

 今回はこれら愛用してきた時計のコレクションを紹介します。

  

Dsc_01

記念の時計

Dsc_02a

ウエジウッドのワイルド・ストロベリー 

 懇意にしていたイギリスの先生から頂いた時計です。ウエジウッドの陶器では、このワイルド・ストロベリー模様のカップとソーサーをよく見かけますが、時計はあまり見かけないようです。

 

Dsc_03a

アンティーク時計

 これは以前に紹介したアンティークの時計の再登場です。カンタベリーに行く途中のチルムの城のそばにあるお気に入りのアンティークの店で、ラベンダー・スティックなどと一緒に買いました。

 

Dsc_04a

スイスの懐中時計A

 スイスのチューリッヒで買った懐中時計です。実用品としてはオールドファッションですが、将来使うことがあるかと買いましたが、やはり今の生活には機能的でなく、戸棚に飾っています。チョッキに着ける鎖つきです。

 

Dsc_05a

スイスの懐中時計A

竜頭部分を押すとふたがあき、中の時計盤が見えます。

 

Dsc_06ab

スイスの懐中時計A

 時計盤を拡大して見ると、牛、牧童やお花の可愛い模様が描かれています。これは手巻き式で、ねじを巻くと動き出します。

 

Dsc_07a

スイスの懐中時計B

 これもチューリッヒで買った懐中時計です。先ほどの金色の時計と変わり、いぶし銀の銀色です。

 

Dsc_08a

スイスの懐中時計B

ただし蓋部分だけ、なぜか金色をしています。

 

Dsc_09a

スイスの懐中時計B

この時計も竜頭部分を押すと、蓋があき時計盤が見えるようになります。

 

Dsc_10a

スイスの懐中時計B

 時計盤部分は算用数字ですっきりと示されて実用的な感じで、これは手巻き式でなく電池を入れると動くようになっています。

 

Dsc_11a

旅行用目覚ましA

 これは専攻生から卒業の際に、記念品として頂いたものです。海外旅行によく出かける私には必要だろうと、選んでくれたようで有難く活用させて貰っています。可愛い小型の目覚まし時計が、皮ケースに入れられるようになっています。この専攻生はボリジの実験をしたいとの希望で分属し、熱心にボリジの開花促進に取り組み、今ではもう可愛い奥さんになっています。

 

Dsc_12aa

旅行用目覚まし

 こちらの旅行用時計はもう40年来愛用している時計で、この時計もシャープ製品で本当によく考えて作られた旅行用時計でした。世界各地の時刻に簡単に設定でき、またお金の換算も現地通貨のレートを入れることにより、簡単に日本円でも確認でき、おまけに目覚まし機能もありました。

 

Dsc_13a

腕時計

 左の時計は普段使っている、ソーラーバッテリーで動くほとんど電池不要の時計で、便利なことを先に紹介しています。さらに電波時計で、いつも正確に動いています。ただし、海外に行く際には現地時間への変換がやっかいで、海外に行く際には右のデジタル時計を持っていくようにしています。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの マイコレクションの紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。


|

« ・マイベランダのニュフェースであるスターチスが咲きだしてきました | トップページ | ・小雨模様の京の街角で見かけたハマユウとアガパンサスの花 »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
素敵な時計のコレクションですねnote
なんとなく昔から時計といえばスイス。。。のようなイメージがあります
懐中時計が好きなのでスイスの懐中時計に惹かれました。

投稿: momo(petya) | 2016年7月23日 (土) 10時27分

こんにちは momoさん sign01

やはり時計はスイスというイメージがありますね。普通の時計は殆どゼンマイなしの
デジタルになりましたが、高級品は今でもゼンマイの手作りがあるようですね。happy01

なんとなくねじを毎日まいていた始めてもらった時計が懐かしいですね。懐中時計が
似合う年になりましたので、これからはベストの胸に入れようかなと思っています。smile note

投稿: プロフユキ | 2016年7月23日 (土) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/63932700

この記事へのトラックバック一覧です: ・海外旅行で買ったり頂いたりまた利用してきた、お気に入りの時計を紹介します:

« ・マイベランダのニュフェースであるスターチスが咲きだしてきました | トップページ | ・小雨模様の京の街角で見かけたハマユウとアガパンサスの花 »