« ・今年も北野天満宮の紅梅・白梅を見に行きました | トップページ | ・京都府植物園での椿展のため平岡八幡宮にツバキの花寄せに行きました »

2016年4月 5日 (火)

・今年も京都御苑では紫モクレン、白モクレンが桜、梅に混じり咲いています

先にご近所に咲いたシモクレンを、春の花々と一緒に紹介しました。まだ気温の低い頃から鮮やかな赤紫色あるいは白色モクレンが咲きだし、到来を感じさせてくれます。ここには京都御苑に咲く紫モクレン白モクレンなどはいずれも歴史を感じさせるように大きな木で、花数多数あり見事です。普通にはモクレンと言えば紫モクレンを指しますが,どちらもモクレン科モクレン属に属していて、分類上ではが異なります。これらモクレンに比べ、は更にたくさん植えられており、訪れる人を喜ばせています。

 

Asm1

 

京都御苑の花々

さすがに年輪を感じさせるどれも大きな木で、花数豊富です。

Asm2

 

紅梅・白梅

御所西側梅林には、見事紅梅・白梅が咲き乱れています。

 

Asm3

 

枝垂れ桜

 近衛邸跡咲く見事な枝垂れ桜で、毎年のように訪れる人々魅了しています。

 

Asm4_1

 

紫モクレン1

 中立売御門から入ってしばらく歩くと、見事紫モクレン巨木が見られます。

モクレン(木蓮、木蘭)はモクレン目モクレン科モクレン属落葉低木で、花弁裏側の基部が赤紫色になることから、シモクレン(紫木蓮)とも、またハネズ、モクレンゲと呼ばれることもあります。

 

Asm5_2

 

紫モクレン2

近寄って拡大して見ると、本当にたくさんのが咲いているものと驚きます。

紫モクレンも先程の同様に、「花葉見ず、葉花見ず」でが伸びるに先立って開花します。

 

Asm6_3

 

紫モクレン3

濃い紅色から桃色で、花弁6枚、ガク3枚、雄しべ雌しべは多数が螺旋状についていて、上品な強い芳香を放ちます。同じ仲間の花にタイサンボクがあり、いずれも恐竜時代からある花で、その雄しべと雌しべも古い形をしていることを先に紹介しました。

 

Asm7_1

 

白モクレン1

「猿が辻」と呼ばれる御所の北東角の横にある森の中に、白モクレンが咲いています。これもかなりの大きさの立派な木で、花数も無数に咲いています。 

御所の鬼門にあたる北東角の屋根には、が去るようにと御幣を担いだ猿神像が安置されていることを先に紹介しました。

 

Asm8_2

 

白モクレン2

モクレン属の中では大型種類樹高10-15m程度まで伸長します。春、桜と同じように、葉に先立って大形で白色開きます。

 

Asm9_3

 

白モクレン3

どの自然上向きに「私をよく見て」と咲いていてくれ、よく観察することができます。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸事情 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・今年も北野天満宮の紅梅・白梅を見に行きました | トップページ | ・京都府植物園での椿展のため平岡八幡宮にツバキの花寄せに行きました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
 
どれも見事な木ですね。
そして 花の様子も見事です。
これだけ大きな木に たくさん咲いていますと 見応えがありますね(o^-^o)

投稿: 花mame | 2016年4月14日 (木) 12時55分

こんいちは 花mameさん sign01

今の京都御苑には、平安時代には多くの貴族の邸宅があり、それらの庭園の
木が見事に咲いているようです。やはり大きい木は見栄えがしますね。happy01

近くの公園で撮った写真と比べると見劣りして、少し古い写真でしたが、
御所周辺で撮った写真に切り替えました。happy02

過ごしやすい気候になりましたが、いつまでもこの春が続いてほしいものです。smile

投稿: プロフユキ | 2016年4月14日 (木) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/63444953

この記事へのトラックバック一覧です: ・今年も京都御苑では紫モクレン、白モクレンが桜、梅に混じり咲いています:

« ・今年も北野天満宮の紅梅・白梅を見に行きました | トップページ | ・京都府植物園での椿展のため平岡八幡宮にツバキの花寄せに行きました »