« ・京都府植物園での椿展のため平岡八幡宮にツバキの花寄せに行きました | トップページ | ・京都府立植物園ではチューリップの花が出迎えてくれ、その横では西洋シャクナゲが花盛りでした »

2016年4月14日 (木)

・京都府立植物園での椿展のため、柊野の奥村邸でツバキの花寄せをしてきました

前回に引き続き、3月下旬の京都府立植物園での椿展に展示するため椿花寄せに、上賀茂神社北側柊野にある旧家・奥村邸に行ってきました。ツバキ類原産地中国南部を中心に東アジアに広がっています。その内のヤブツバキ日本原産であり、色々の変異が出ています。日本人古くから椿の花を好んだようで、幾つかのツバキ品種万葉集で詠んでいます。このように古い歴史を持つツバキ品種は、京都貴族寺院などで古くから保存されてきたようです。今回ツバキ展でも多くの珍しい椿名花が一堂に展示され、多くの人が見に来られました。

 

Pcn01c

五色八重散り椿の花々

奥村邸ツバキは、その名前の通りいろんな色の花が見られ、また花弁が次々とおちる散り椿特徴を持っています。散り椿の礼として、先に豊臣秀吉から北野茶会の宴で寄進された「五色八重散椿」地蔵院にあることを紹介しています。

Pcn02a

五色八重散り椿

 ここに紹介するツバキは、すべてこの1咲いた花です。今年は暖かかったためやや適期を過ぎていましたが、多くの花色のツバキが見られました。

 

Pcn03

奥村邸のツバキ

これは昭和596月に京都市により、市の天然記念物として指定された柊野チリツバキ説明立札です。柊野旧邸奥村宅前庭にあるこのは、高さ、幅とも9で、樹齢450とされています。この辺りは柊野(ひらぎの)の地で、京野菜柊野ササゲ産地でもあります。地元では「ひらぎの」と読み、「ひいらぎの」とは言わないようです。

 

Pcn04_a

五色八重散り椿

 椿の花はやや盛りを過ぎて、枯れかけたも見られます。違った花色ツバキ接ぎ木したのではないかと思うほど、正に五色赤、白、ピンクなど色とりどり花色が見られます。

 

Pcn05_a

五色八重散り椿

大きく分けて4本の枝骨格として見られますが、ごとにある程度花色のまとまりがあるようです。

 

Pcn06_a

五色八重散り椿

この枝部分では、赤色の程度の異なるいろいろの花色が見られます。

 

Pcn07_a

五色八重散り椿

前に紹介しました地蔵院散り椿同様に、花単位ではなく花弁が別々に落下します。

 

Pcn08_a

五色八重散り椿

これは淡いピンク色の花で、花弁に縦赤絞りの部分が見られます。

 

Pcn09_a

五色八重散り椿

これが上の花と異なり、やや赤みを帯びた八重の花のようです。

 

Pcn010_a

五色八重散り椿

これは二つ上の同様にピンクの花ですが、ピンク花弁に縦赤絞りが広がっています。

 

Pcn011_a

五色八重散り椿

 この花では白地花弁に、縦赤絞り細いスジが入っています。

 

Pcn012_a

五色八重散り椿

 このでは外側花弁ほどやや赤い色をしており、内側花弁には白い色部分が入っているようです。

 

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸事情 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・京都府植物園での椿展のため平岡八幡宮にツバキの花寄せに行きました | トップページ | ・京都府立植物園ではチューリップの花が出迎えてくれ、その横では西洋シャクナゲが花盛りでした »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/63487019

この記事へのトラックバック一覧です: ・京都府立植物園での椿展のため、柊野の奥村邸でツバキの花寄せをしてきました:

« ・京都府植物園での椿展のため平岡八幡宮にツバキの花寄せに行きました | トップページ | ・京都府立植物園ではチューリップの花が出迎えてくれ、その横では西洋シャクナゲが花盛りでした »