« ・今田美奈子さんのお菓子とテーブルアート「華麗なる薔薇のおもてなし」に行ってきました | トップページ | ・今年も京都御苑では紫モクレン、白モクレンが桜、梅に混じり咲いています »

2016年3月30日 (水)

・今年も北野天満宮の紅梅・白梅を見に行きました

もう早咲き桜便りを聞く頃になりましたが、ここ京都金閣寺あたりではまだつぼみはかたいようです。そこで少し遅くなりましたが、3月初めに北野天満宮に行ってみた紅梅白梅紹介します。北野天満宮について先に紹介しており、またここ天神さんの梅についてもすでに紹介していますので、今回は梅の花中心に紹介します。

 

Dscn1

天神さんの梅の花

Dscn2

文子天満宮の梅

北野天満宮境内東北角に、文子(あやこ)天満宮があります。文子天満宮北野天満宮発祥になる神社です。菅原道真大宰府で亡くなって40年後、道真の乳母であった多冶比文子(たじひのあやこ、巫女であったとの説もある:北野天満宮)の夢枕に「われを北野の右近の馬場に祀れ」との道真お告げがあった。しかし、文子の家は貧しく、とりあえず西京七条二坊自宅の庭にを建てて道真を祀りました。その後この北野に移され、北野天満宮となりました。東本願寺の東側にも文子天満宮があり、そのことは先に紹介しています。

 

Dscn3

文子天神の梅

灯篭のわきにはこのように、紅梅色鮮やかに咲いていました。

 

Dscn17

牛と梅

 天神さまのお使いとして、境内には神牛の像彫刻が数多くみられますが、これは大宰府左遷されてわずか2年後菅原道真が亡くなられた際、「人にひかせず牛の行くところにとどめよ」との遺言から御遺骸牛車でお運びする途中で車を曳く座り込んで動かなくなり、付近安楽寺埋葬したという故事に由来しています。

 

Dscn4_a

紅梅A

Dscn5_a2

紅梅A2

Dscn6_a3

 

紅梅A3

楼門を入ってすぐの手水舎の前にあった、紅梅白梅です。丁度満開の見頃でした。

 

Dscn7_b1

紅梅B1

 本殿背景にした紅梅白梅で、本殿妻部檜皮葺(ひわだぶき)の茶色、貼ってある金箔金色調和して一層美しくなっています。

 

Dscn8_c1

紅梅C1

Dscn9_c2

紅梅C2

Dscn10_c3

紅梅C3

 社務所背景紅梅白梅見事で、拡大して詳しくその形と色拝見しました。

 

Dscn11

枝垂れ梅

 これは見事枝垂れ梅芽接ぎされた源平仕立てで、紅梅と白梅が同時に咲くように仕立てられています。

 

Dscn12_d1

紅梅D1

Dscn12_d2

紅梅D2

Dscn13_d3

紅梅D3

 本殿背景にした紅梅で、本殿建物の黒っぽい色と、吊り灯篭の金色との配色が一層紅梅の鮮やかさ際立たせています。

 

Dscn14_1

白梅1

Dscn15_2

白梅2

Dscn16_3

白梅3

三光門手前摂社背景にした白梅で、花は小ぶりでしたがたくさんの満開でした。3人の庭師さんだけで、これらのすべての管理されているとのことでした。

 

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸事情 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・今田美奈子さんのお菓子とテーブルアート「華麗なる薔薇のおもてなし」に行ってきました | トップページ | ・今年も京都御苑では紫モクレン、白モクレンが桜、梅に混じり咲いています »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/63416743

この記事へのトラックバック一覧です: ・今年も北野天満宮の紅梅・白梅を見に行きました:

« ・今田美奈子さんのお菓子とテーブルアート「華麗なる薔薇のおもてなし」に行ってきました | トップページ | ・今年も京都御苑では紫モクレン、白モクレンが桜、梅に混じり咲いています »