« ・エディッブルフラワーの一つナスタチウム(キンレンカ、ノウゼンハレン)の生育を観察しました | トップページ | ・今田美奈子さんのお菓子とテーブルアート「華麗なる薔薇のおもてなし」に行ってきました »

2016年3月24日 (木)

・ナスタチウム(キンレンカ、ノウゼンハレン)の花の形と果実を観察しました

前回、ナスタチウムの花を紹介しましたが、そのは鮮やかな黄色朱色花弁を持っていますが、そのもまた基部にある数本突起も何のためにあるのか不思議でした。花弁基部細長く伸びており、横から見ると花弁雄しべなどの形が良く見えることが不思議でしたので、詳しく観察してみました。また園芸大事典記載模式図とも若干の違いがあり、その点も観察してみました。

 

Dsc_0016a

花弁とがく片1

 ナスタチウム優雅で、特にから見た立体構造が良く見えて素敵に思えました。からガク、その上に雄しべ8、更にその上に花弁があり、花弁基部には数本の突起が上にカールして伸びていました。

Dsc_0018a2

花弁とがく片2

 更に拡大してよく見ると、雄しべ、更にその上の花弁基部から、長いまつ毛のように黄色突起カールして伸びていました。

 

Dsc_0019a

花弁と葯

 5花弁の基部のすべてから、黄色の突起がカールして伸びていました。前回に示した園芸大事典模式図では突起があるのは花弁3だけでしたが、観察したすべてのでは残り2からも突起が出ていました。

 

Dsc_0020a

めしべの柱頭

前回の記事の図では雌しべ先端が良く見られなかったので、今回はさらに拡大して見ました。メシベ先端柱頭3つに分かれ、基部子房のふくらみ3個と対応していました。時には柱頭四裂しているもありましたが、その場合には子房4あるようでした。

 

Dsc_0021a

花弁の突起

ここに見られるように、5花弁のすべてから、突起カールして伸びておりまし。

 

Dsc_0022a

葉の水玉

ナスタチウムの葉はハスのように円型であるだけでなく、中央部葉柄が繋がっており、まるでをさしているような感じでした。に落ちた水滴は丸くなり、葉の中央部にたまっています。

 

Dsc_0023a

花弁の上の水玉

ふと花弁基部からカールしている突起に乗った水玉のように、花弁に落ちた雨水を濡らして花粉が役に立たなくなるのを防いでいるのかもと思い、水玉をそっと乗せてみました。乗りました、小さな水滴花弁部の突起に抱え上げられ水滴になっていました。大きな水滴になると支えられなくなり落下しますが、花弁の伸びた基部に沿って落ち花弁基部は横から見るとすけすけなので水滴はそのまま落下するのではと思われました。

 

Dsc_0028a

花の側面1

から見るとこのように花弁ガクは離れており、花弁基部を伝った水滴は、雄しべに当たることなく落ちるようです。

 

Dsc_0029a2

花の側面2

花弁基部はこのように離れていて、すけすけになっています。またガクのどこにも、前回の記事の模式図に示したようなをためるは見られませんでした。

 

Dsc_0030

ナスタチウムの果実(園芸大事典)

普通にはめしべ柱頭3していて、その基部子房には3あり、タネ3入っています。タネの中はマメ科アブラナ科のように、大きな子葉が発達しています。

 

Dsc_0045

果実

 花弁老化して落下すると、このように3個のタネの入った果実が大きく肥大してきます。写真には3個の果実を示し、右端ではその果実3に分けています。

 

Dsc_0046a

果実の断面

 果実内3には、それぞれ1タネが入っています。この果実をすりおろすと、ワサビのようにピリッとしていて薬味に使えます。

 

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 野菜とその花の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸事情 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・エディッブルフラワーの一つナスタチウム(キンレンカ、ノウゼンハレン)の生育を観察しました | トップページ | ・今田美奈子さんのお菓子とテーブルアート「華麗なる薔薇のおもてなし」に行ってきました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
 
ナスタチウムは明るい花色にも、ほっそりとした茎、まぁるい葉の形にも
魅力を感じる好きな花ですが、育てたことも間近で見る機会もほとんどなく
今日まで来ています。 お花の構造がこんな風になっていることを、
プロフユキさんの前回と今回の記事で初めて知りました。
水滴の実験ともども、興味津々で拝見しました(*^^*)

投稿: ポージィ | 2016年3月25日 (金) 15時41分

こんにちは ポージイさん sign01

なぜかナスタチウムは栽培したことがなかったのですが、偶然ガーデンショップで見かけ
栽培してみました。丈夫な花でどんどんわき芽が伸びてくるのですが、ツル性と書いて
あるのに巻きひげは見かけず、長く伸びた葉柄と花柄で絡み付くようです。happy01

葉っぱの中央に葉柄が付いているのも、そのため絡み付きやすいですね。でも結局丸く
アーチ形に支柱をしましたが。bleah

花を横から見ると花弁とおしべがスケスケで、中が良く見えとても不思議な形に感じて
観察してしまいました。smile

花弁基部のカールした突起もなぜあるのか不思議で、こじつけみたいな実験をして
しまいました。happy02 興味を持って見て頂き有難うございます。note

投稿: プロフユキ | 2016年3月26日 (土) 00時28分

こんにちは。
ナスタチウム、こちらで、この数年、毎年植えていました。
よその猫や犬が庭に入るので、食べることはしませんでしたが、お花がきれいで、すぐに成長して、ボリュームがでるので、こちらの庭ではたいへんありがたい植物でした。
水滴のお話、とても面白く思いました。私たちのナスタチウムによく水滴がついていましたが、そんなこと、考えもしませんでした。たしかに!ですね。

投稿: きいろひわ | 2016年3月27日 (日) 12時12分

前回の記事とともに、とても興味深く読ませていただきました。
ナスタチウムは以前ベランダで育てていたことがありますが、
果実をすりおろして薬味に使えるとは知りませんでした!
今回の記事のように、花と葉の細部までていねいに
観察してみると、ますますおもしろいですね。
エディブルフラワーは最近よく見かけるようになりましたが、
お料理やお菓子をパッと華やかにしてくれていいですねshine

投稿: hanano | 2016年3月27日 (日) 16時21分

私の家でもナスタチウムが満開です。何も世話しなくても勝手に生えて来てフェンスを覆いつくしています。花や葉を何度かサラダに入れたことがあります。結構辛いですが、サラダが華やいで良いです。
我が家のナスタチウムは赤とオレンジと黄色がありますが、どれも5枚の花弁のうち3枚だけに突起があります。突起の無い花弁2枚は基部に向かって模様が入っていて、その部分はがくにも線が入っています。距もあります。食べてみたら、甘かったです。

花と葉だけでなく、種まで利用できるとは。子供の髪に花を差すだけじゃなく、もっと利用しないと勿体ないですね。

投稿: わさんぼん | 2016年3月27日 (日) 20時23分

こんにちは きいろひわさん sign01

ナスタチウムは本当に丈夫でよく咲いてくれますね。note
しかもコンパニオンプランツなんですよ。キャベツ、トマト、ピーマン、キュウリ、ナスと
相性が良くて、てんとう虫などの益虫を呼び寄せ、アリを遠ざけてくれますしね。smile

犬や猫が入り込むところでは、一寸食べるわけにはいきませんね。私も街路樹の下に雑草を
見かけると抜きたくなるのですが、待てよ確かワンちゃんが?と思い止めたりしています。bleah

雨が降っても花の中にはたまることはありませんが、でも横から見てもきれいな花ですね。delicious

投稿: プロフユキ | 2016年3月27日 (日) 23時56分

こんにちは hananoさん sign01

記事を読んで頂き有難うございます。smile 綺麗な花で作りやすい花ですが、
なんだか形が変わっていて、いっぱい突起がカールしていて不思議でした。happy01

長い年月環境に対応してきた歴史があるのでしょうね。あんなに首すじが伸びた花弁も
珍しいですね。smile
枯れた花を取ろうとすると何か丸いものにコロンと触れるので、よく見ると大きな果実で
驚きました。happy02

最近は本当に綺麗なエディッブルフラワーを売り場で見かけます。バラの花もきれいですが、
ボリジは綺麗ですね。smile
ボリジをぜひ卒論に選びたいと言ってきた熱心な学生さんもいましたね。delicious

投稿: プロフユキ | 2016年3月28日 (月) 00時08分

こんにちは わさんぼんさん sign01

元気でガンバっているようですね。note ナスタチウムは本当に丈夫で
よく咲いてくれますね。happy01
栽培している品種ではやはり3枚の花弁に突起があり、1枚の萼片に距があるん
ですね。こちらの品種は大分元とは性質が変わってきているようです。smile
花弁の基部にいろんな模様がありますね。そうですか、距はやはり甘かったですか、
かなり大きいようですね。note

赤、黄、オレンジと綺麗な花ですし、サラダの彩にはぴたりですね。それにカイワレの
ようにピリッとした辛みがありますね。smile
本当に花も葉も、果実まで全部食べられるのは珍しいですね。shine up

投稿: プロフユキ | 2016年3月28日 (月) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/63391319

この記事へのトラックバック一覧です: ・ナスタチウム(キンレンカ、ノウゼンハレン)の花の形と果実を観察しました:

« ・エディッブルフラワーの一つナスタチウム(キンレンカ、ノウゼンハレン)の生育を観察しました | トップページ | ・今田美奈子さんのお菓子とテーブルアート「華麗なる薔薇のおもてなし」に行ってきました »