« ・世界遺産・上賀茂神社での新年会に参加し、薪能を鑑賞してきました | トップページ | ・先日のNHK「あさイチ」で“カリフラワーを応援”の番組があり、その特性と料理が紹介されました »

2016年2月 5日 (金)

・クローンコエも水やりを普通にしてやれば、葉の縁に子宝を作らなくなります

先にクローンコエが旺盛にその葉の縁(葉縁)に不定芽を作る様子と、さらにその増殖の過程を詳しく紹介しました。クローンコエはベンケイソウ科ブリオフィルム属の多肉植物であり、少々雨が降らないでも乾燥や寒さに耐える性質があります。そのためか容易に葉縁ミニチュア植物のような不定芽を着けますので、それを子供に見立てて、子宝ベンケイ、シコロベンケイ、コモチベンケイソウなどの別名がつけられています。  

クローンコエは旺盛に不定芽をつけるため、水やりもしないで放置していたりうっかり寒さに当てたりして、消えてしまうことがあります。その用心で、発根しかけた不定芽を時々ベランダのあちこちに播いて残すようにしています。そんな一つがローズマリーのポットの中で大きくなっていました。ローズマリーは頻繁にではありませんが時折たっぷり潅水しています。そのクローンコエを見ていると、葉縁にぎざぎざの切れ込みはあるものの、不定芽はできる様子はなく、は同じように対生に出ていますが、節間もやや伸びています。そこで、あんなにたくさんの不定芽葉縁につけるのも、乾燥条件に対応した結果であり、十分にあれば葉縁に慌てて子宝を残すことなく生長するのだと思われました。先日珍しく京都雪が積もりベランダローズマリーは大丈夫でしたが、その足元にあったクローンゴエは残念ながら枯れてしまいました。室内潅水をしていたクロンーコエはまだ残っていましたので、乾燥条件の違いによるクローンコエ生育の違い紹介します。


Dcc_10

クローンコエの葉の変化

乾燥条件水やりをして育てたクローンコエです。

Dcc_11

乾燥条件

 ほとんど潅水しないで育てたクローンコエでは、いつものように葉縁にたくさんの不定芽をつけています。

 

Dcc_12

乾燥条件

葉の縁についた不定芽はすでに発根していり、いつ母体から離れてもそこにを生やし生きていけます。親離れできない昨今の青年に見せたいものです。

 

Dcc_13

加湿条件

一方、普通園芸植物のように表面が乾くと水やりをしていると、このように葉の縁切れ込みはありますが不定芽はできないで、生長します。

 

Dcc_14

加湿条件

葉縁を詳しく観察しても、不定芽ができている様子は全くありません。

 

Dcc_15

加湿条件

 これは12月頃ベランダにあったスイートバジルの根元にはえていたクローンコエを、スイートバジルの芽生えと思い込み鉢上げして室内に持ち込み育てていました。途中で葉が多肉になってきてクローンコエと分かりましたが、そのまま育てていました。葉縁切れ込みは少なく、不定芽はやはりできていませんし、の間も水やりをするためか伸びています。

 

Dcc_16

雪の西大路通り

1月20早朝京都雪が降り西大路通り街路樹も、通行中に包まれています。まさかと思いましたが、昨日雪の予報的中しました。

 

Dcc_17

雪の日のベランダ

そんなわけでベランダ植物にも雪が積もり、払い除けたりしましたが、結局が降るのに任せました。イチゴ、ビンカ、オレガノ、チャイブ覆われてしまいました。その後になってビンカはやはり枯れてきましたが、イチゴほかのハーブはしぶとく生き残っていました。

 

Dcc_18

降雪後

ローズマリー耐寒性があり生き残っていましたが、その右側にあった別の鉢のレモングラス健在でした。ただ寒さに弱い中央のクローンコエだけは融けるように白くなって枯れました。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸事情 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・世界遺産・上賀茂神社での新年会に参加し、薪能を鑑賞してきました | トップページ | ・先日のNHK「あさイチ」で“カリフラワーを応援”の番組があり、その特性と料理が紹介されました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは ♪
クローンコエの葉の縁に出てくるベビーたち(不定芽というのですね)の
数が、乾燥・水遣り有りでこんなに変わってくるとは驚きでした。
多肉なのでそもそもが乾燥が好きと思っていましたが、考える順番が
違っていたと気づかされました。
乾燥条件という厳しい環境下だからこそ多肉になり不定芽をたくさん
出すようになったのですね。健気ですね。
うちにもクローンコエ(品種はよく分からないのですが)が一鉢あり、
せっせと不定芽を出しています。でも、日当たりのよくない家のせいか
どっしりと育たずひょろひょろのままです。
 
ところで一つお伺いです。 以前ご紹介下さった、ケニアのソープストーン製の
カバを拝見した折に触発されて作った陶芸のカバを、近いうちにアップしよう
かなと思っています。その記事内で、プロフユキさんの記事にリンクを貼らせて
いただいても構わないでしょうか、それともお嫌でしょうか。お教え下さいませ。

投稿: ポージィ | 2016年2月 6日 (土) 13時23分

こんにちは ポージィさん sign01

私もクローンコエは乾燥地が好きだからほとんど水をやらないでいて、ああよく
不定芽ができるものだと面白がっていたのですが。必死に生きていたんですね。happy01

考えてみれば逆だったんですね。たまたま乾燥地で生えていて、その環境に順応して
いただけで、水があれば普通に生育したんですね。smile

最近よく1年草を育てていて、暖かいところに置けば案外そのまま長い間生長したり、
株元からひこばえが伸びてきたりするのを見て、あれ宿根草なのかなと思うことが良くあります。bleah eye

待ちに待ったカバちゃんができたのですね、ぜひ拝見したいです。どうぞどうぞリンクを
貼って見て下さい。入れ物になった陶芸作品もあまり見たことがないので、すごく
興味があります。eye delicious eye

投稿: プロフユキ | 2016年2月 6日 (土) 22時54分

こんにちは。
クローンコエ、おもしろいですね。こちらでも入手できないものか(室内で育てます)と思っているのですが、いまだに見たことがないような気がします。
イチゴは寒さに強いですね。うちの庭で(小さいですが)イチゴが勝手に実ります…私は(庭に猫犬が入っているので)そのイチゴを食べませんが、ご近所さんは自分の庭でとれたイチゴを食べているようです。

投稿: きいろひわ | 2016年2月 7日 (日) 11時56分

こんにちは きいろひわさん sign01

イチゴがお庭に生えていますか。寒さには強いですからね。ビニール袋でも
かけ置くと早く実が大きくなるかもしれませんね。happy01

クローンコエは寒さにも弱いから、露地では枯れてしまうのであまり生えて
いないのかもしれませんね。bleah

今家のクローンコエもいっぱい子供ができて根も伸びていますので、送ることは
できますよ。私のプロフィールに書いてあるメールアドレスに住所を知らせて
頂ければ、いつでもお送りしますよ。丈夫だから4,5日くらいは何でも
ないでしょうから。delicious note

投稿: プロフユキ | 2016年2月 7日 (日) 15時37分

こんにちは♪
快くご承諾くださってありがとうございます。
ではでは…来週か再来週辺りに。
そのときは見てやってください (^^)

投稿: ポージィ | 2016年2月 8日 (月) 10時28分

こんにちは ポージィさん sign01 

それでは楽しみアップされるのを待っています。どんなのか興味いっぱいです。happy01

陶芸は魅力あるのですが、なかなかまだ手が出ていません。bleah

投稿: プロフユキ | 2016年2月 8日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/63168109

この記事へのトラックバック一覧です: ・クローンコエも水やりを普通にしてやれば、葉の縁に子宝を作らなくなります:

« ・世界遺産・上賀茂神社での新年会に参加し、薪能を鑑賞してきました | トップページ | ・先日のNHK「あさイチ」で“カリフラワーを応援”の番組があり、その特性と料理が紹介されました »