« ・童画のノスタルジーシリーズのほのぼのとした「第1集」記念切手が出ています | トップページ | ・今の季節の夕食前には、お気に入りのドイツの白ワインの一杯を楽しんでいます »

2015年12月26日 (土)

・今年はホルン奏者宮田先生によるクリスマス・チャペル・コンサートに行ってきました

例年のクリスマスには家人オルガにストとして教会参加するので、はいつもはで静かに読んでいます。しかし、今年ホルン奏者宮田先生ピアノ伴奏を依頼され、いつもとは違う京都伏見キリスト教会に行くので、参加することにしました。子供の頃はに連れられ、よく日曜学校には行っていたもので、教会雰囲気には慣れています。宮田先生から家人に渡された曲目は、讃美歌に混じり日本民謡メドレーが入っていて、家人も最初は戸惑っていたようです。

定刻教会に行くと案内の人の誘導で、教会受付をすませ、2会場に入りました。設備の整った教会で、エレベーターもありまた車椅子の入れるトイレ完備しており、お年寄りには優しい教会でした。

Dscn1

 

コンサートのチラシ

綺麗ですっきりとしたデザインチラシ作成されていました。

Dscn2

キャンドル・サービスの打ち合わせ

コンサートに先立ち、牧師様を囲んでキャンドル・サービス打ち合わせがされていました。

 

Dscn3

大兼久牧師

讃美歌あら野の果てに」に続き、大兼久牧師によるマタイ伝の福音書第2の一節が朗読されました。祈祷後再び讃美歌神の御子はこよいしも」に続き、いよいよクリスマスコンサート開会です。

 

Dscn4

プログラム

讃美歌あら野の果てに」と「神の御子はこよいしも」の歌詞がありました。

 

Dscn5

曲目他

神の力と節理・自然における神の栄光」ほかの曲目と、式次第が書かれています。

 

Dscn6

ホルン説明

ホルンがなぜこんなをしているのかや、ペダル説明など、普段聞くことの無い経験をしました。

 

Dscn7

ホースによる演奏

ホースさえあればこのように唇の形を変えることで、自由が出せるのですよと、ユーモアたっぷりに説明されました。

 

Dscn8

ピアニスト

ピアニストも引き込まれて、説明を聞いています。

 

Dscn92

ホルン説明2

ホルン持ち方などについても説明がありました。

 

Dscn10

お話

宮田先生キリスト教とのかかわり、それが生き方にもかかわってきたなどとの、興味深いお話聴衆も引き込まれていました。

 

Dscn112

ピアニスト2

ホルン演奏に合わせるピアニストホルン奏者一挙一動が見逃せません。

 

Dscn12

ホルン演奏

いつもと違いメロディーを吹くホルン演奏は大変なことと思われました。も、口元筋肉柔らかく保ち蒸気抜いたりまた口を湿らしたりと大忙し大奮闘で、ご苦労様でした。

 

Dscn13a

キャンドル・サービス

いよいよ子供たちによる、キャンドル・サービスが始まりました。また、「きよしこの夜」が歌われ、終わりを迎えました。

 

Dscn14

演奏が終わって

演奏が終わって控え室で、先生とピアニストの記念撮影お願いしました。先生毎月のように全国各地東奔西走演奏会を持たれ、12には大阪インマヌエル堺教会演奏会のあった後でした。帰れば所属の教会での、クリスマミサを迎えられるとか。

 

Dscn15

教会入口

伴奏終わりほっとした家人教会入り口で。

 

それでは宮田先生ホルン演奏による「デンマーク王子の行進曲」をyou tube からお聞きください。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの その他の写真 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 随 想 にもありますので、ご覧ください。 

 

|

« ・童画のノスタルジーシリーズのほのぼのとした「第1集」記念切手が出ています | トップページ | ・今の季節の夕食前には、お気に入りのドイツの白ワインの一杯を楽しんでいます »

・随想 Random Thoughts」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/62939312

この記事へのトラックバック一覧です: ・今年はホルン奏者宮田先生によるクリスマス・チャペル・コンサートに行ってきました:

« ・童画のノスタルジーシリーズのほのぼのとした「第1集」記念切手が出ています | トップページ | ・今の季節の夕食前には、お気に入りのドイツの白ワインの一杯を楽しんでいます »