« ・カランコエ5種寄せ植えの、各色の花が満開を迎えています | トップページ | ・ベランダのステビアはコーヒーの友としてかなりの期間使ってきました »

2015年12月 3日 (木)

・創業180周年を迎えるタキイ種苗の農場見学会・研修会の参加しました

今年はタキイ種苗京都優良種苗採種販売を始めた1835(天保6年)から、数えて180になります。昭和101935年)に京都府乙訓郡新神足村に長岡実験農場を設置し、科学的育種研究に着手しました(後のタキイ長岡研究農場の誕生)。ここにおいて多くの長岡交配優良種苗が育成されました。この研究農場昭和431968年)に滋賀県甲西町に移転し、併設の園芸専修学校附属園芸専門学校と改称され、有為な人材を育てていることは先に紹介しました。

今年は創業180周年を迎えて研究農場での見学会・研修会が実施され、私も菜園講座受講生さん達と一緒に見学させてもらいました。研究農場スタッフは勿論、タキイ本社からも多数の応援があり、まず力を入れている機能性成分を多く含むファイトリッチ野菜の活かし方の講習会があり、その後盛大に準備されたガラス温室、ビニールハウス栽培圃場野菜栽培収穫物を見学し、また新鮮な野菜を用いた料理試食会もありました。ここでは見学した野菜の幾つかを紹介します。


Tnk1

メロンと花

Tnk2_2


メロン・かわい~ナ

1株から1020収穫可能な豊産種

 

Tnk3

コスレタス・晩抽ロマリア

結球縦長で、年間を通して安定し、草勢は中程度で晩抽性にすぐれています。

 

Tnk4

赤ダイコン

紅小僧』の改良品種で、「」がはいりにくい品種とか。

 

Tnk5

キャベツの機械収穫

見学者の注目を集めていた、キャベツ収穫機です。

 

Tnk6

ミニトマト

完熟したミニトマトが鈴なりの各品種です。

 

Tnk7

スタンド型花壇

ひときわ目立ったスタンド型花壇がありました。

 

Tnk8_1

スタンド型花壇1

近寄って見ると、横方向花苗を差し込むホルダーがあり、白妙菊各色のパンジーが組み合わされていました。

 

Tnk9_2

スタンド型花壇2

Tnk10_3

スタンド型花壇3

こちらも同様で、異なった色のパンジー組み合わされていました。

 

Tnk11

ポスター型花壇

こちらはポスター型に、組み合わされて絵模様が描かれていました。

 

Tnk12

ポスター型花壇・ハート

ミニハボタンで、ハート模様が描かれていました。

 

Tnk13

ポスター型花壇・クローバー

こちらは色違いパンジーを組み合わせて、クローバーマークが描かれていました。

 

Tnk14

トルコキキョウ(ユーストマ)の盛花

以前のトルコキキョウ品種改良され、ユーストマという名前などでよく出回っています。花弁八重となり、カラーフルになり、花持ちもよくなっています。

 

Tnk15

トルコキキョウ・バイオレット

開花に伴い多少色合い変化する、バイオレット色です。

 

Tnk16_2

トルコキキョウ盛花2

白、黄ピンク色トルコキキョウ組み合わせです。

 

Tnk17

トルコキキョウ・白

純白豪華トルコキキョウです。

 

Tnk18

ハボタン組み合わせ

これは各色色素を吸い上げさせた、ハボタン組み合わせです。

 

Tnk19

ヒマワリ

最近ヒマワリ人気もたかく、背丈低いものや高いものが育成されています。

 

Tnk20

試食コーナー

最後には、新しいファイトリッチ野菜などの試食コーナーがあり、生徒さん達も満足して帰られたようでした。

 

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい


関連記事が 園芸植物・園芸事情 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・カランコエ5種寄せ植えの、各色の花が満開を迎えています | トップページ | ・ベランダのステビアはコーヒーの友としてかなりの期間使ってきました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
京都駅から見えるタキイ種苗ですね。
最初の試験農場が、私の生まれ育ったところだとは初めて知りました。
子供の頃には、既に滋賀県に移転していてたのですね。
ちなみに、神足と書いて、こうたりと読める人はなかなかいません。
(これは、余談ですがhappy01
野菜から花、土壌なと多彩な研究開発がされているのですね。
時代にあったファイトリッチ野菜、またその調理方法、興味がわいてきますup


投稿: 花みずきょん | 2015年12月 8日 (火) 18時25分

こんにちは 花みずきょんさん sign01

長岡でおられたのですか。まだ自然豊かでした。学生時代には良く長岡農場に
見学に行きましたよ。狭い道をくねくね曲がった覚えがあります。happy01

宅地化が進んできたので、高くその土地が売れて、それで滋賀の甲西町の広い
用地が購入できたようですね。bleah

神足読めます! 阪急電車で大阪から四条まで通っていましたから、向日町が
向日市になったりして時々戸惑います。smile

タキイは京都らしい企業で、地道に付き合いを大事にして、頑張っていますね。
四条河原町の売店もなくなり、皆不便になったと言ったりしています。

いよいよ寒さ本番ですね、京都も最近暖房を入れだしましたよ。happy02

投稿: プロフユキ | 2015年12月 8日 (火) 20時19分

はじめまして、こんにちは。

「はじめてのイタリア野菜」を読ませていただきました。
農業とは関係ない仕事をしていましたが、以前からイタリア野菜を作ってみたいと思ってました。

それで今週の月曜日に私もタキイ研究農場を見学させていただきました。
そのあとでプロフユキさんも先週こられてたことを知ってびっくりしました。
同じ日でなかったのが残念です。

菜園講座もされているみたいですが、一般の人でも受講はなのでしょうか?

投稿: こんあつ | 2015年12月12日 (土) 10時22分

こんにちは こんあつさん sign01

「はじめてのイタリア野菜」を読んでいただいたそうで、有難うございます。happy01
料理にイタリア野菜はよく使われていますが、その栽培方法などの情報が
少ないので書いてみました。幸い好評で再版が決まりました。smile

タキイ研究農場の見学にも行かれたのですね。今年は特に創立180年記念で
盛大でしたね。菜園講座の生徒さんたちも、誘引クリップや粘着テープなどを
頂いて大喜びでした。wink

菜園講座は西院そばの京都市のラボール学園(075-801-5925)で一般に公開でやっています。
ただ時間が毎月第1と第3水曜日の1:30~3;30で、毎日お勤めのある人
には不便かも。第3期の講座が始まったところです。もし時間が
ありましたら、大歓迎です。リピーターさんも多く、皆さん仲よく
楽しんでいます。note

投稿: プロフユキ | 2015年12月12日 (土) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/62800695

この記事へのトラックバック一覧です: ・創業180周年を迎えるタキイ種苗の農場見学会・研修会の参加しました:

« ・カランコエ5種寄せ植えの、各色の花が満開を迎えています | トップページ | ・ベランダのステビアはコーヒーの友としてかなりの期間使ってきました »