« ・今年も京都府立桂高校で行われました、第64回全京都農林産物品評会での審査に行ってきました | トップページ | ・今年も京都限定で出ている「葵祭の記念切手」を紹介します »

2015年11月15日 (日)

・京都植物園のエントランスで、見学者を迎える紅葉したケヤキとイチョウの木々

京都植物園エントランスには、今を盛りに紅葉に燃えるケヤキ木々と、イチョウ見学者を迎えています。このケヤキは先輩のT元植物園長ご自慢の木々で、植物園正門前アプローチに植えられています。まだ青々としているケヤキの若葉の時期の様子今年はまだ早くて見られなかった昨年のフウの木の紅葉をに紹介しています。

 京都植物園では現在の南側の正門に加え、地下鉄北山駅近くの北東角の北山門に加え、北西側の賀茂川門もできていますが、一番趣のあるいのはやはり古くからある南の正門です。ここには、アプローチにある紅葉真っ盛りのケヤキイチョウの木を紹介します。

  

Kki1

ケヤキとイチョウの紅葉・黄葉

Kki2

ケヤキの紅葉

 

ケヤキ木々は丁度紅葉時期を迎え、綺麗に色づいて植物園見学者を迎えていました。ニレ科ケヤキ属落葉性高木で、秋の紅葉が美しい樹木です。には個体によって色が異なり、赤や黄色紅葉します。 

 

Kki3

ケヤキの紅葉(拡大)

 近づけば近づくほど、その紅葉見事さが良く見えるようになります。

 

Kki4

ケヤキの紅葉の落ち葉

 歩道にもこれらの紅葉した葉が、じゅうたんを敷いたように、正門へのアプローチまでつながっています。

 

Kki5

ケヤキの紅葉した枝

 あちこちのにも、紅葉・黄葉が重なり合っており、行く秋を惜しんでいるかのようです。

 

Kki6_2

ケヤキの紅葉した枝2

こちらのではやや黄葉が多いようです。にはこのように微妙紅葉黄葉が混じっているようです。

 

Kki7_3

ケヤキの紅葉した枝3

 重なった木々を通して正門を撮ってみました。微妙紅葉程度の違う葉の色を楽しめます。

 

Kki8_2

ケヤキの紅葉の落ち葉2

 折り敷く歩道落ち葉にも、紅葉と黄葉重なりが見られるようです。

 

Kki9

ケヤキの紅葉した枝(拡大)

これは紅葉といっても朱色に近い、鮮やかな色合いもありました。

 

Kki10

ケヤキの紅葉の間から見える正門

 正門近くではまだ緑色の残った木々も見られ、紅葉とのコントラスト綺麗でした。

 

Kki11

ケヤキとイチョウの紅葉の間から見える正門

 パーキングに向かう角には1本イチョウの木があり、見事に黄葉していました。

 

Kki12

イチョウの黄葉した枝

 イチョウは市内の街路樹にもよく植えられていますが、ここにイチョウの木があるのには普段ほとんど気が付いていなくて、今回黄葉したに初めて気が付きました。

 

少し大きな写真特性などは右サイドの 観賞植物の紹介 に載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連の記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・今年も京都府立桂高校で行われました、第64回全京都農林産物品評会での審査に行ってきました | トップページ | ・今年も京都限定で出ている「葵祭の記念切手」を紹介します »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ご無沙汰しております。。。

見事な紅葉ですねmaple
京都植物園、行ってみたくなりました。
全部散る前に、紅葉狩りに行かなくてはdash

投稿: snufkin♪ | 2015年11月16日 (月) 21時09分

こんにちは snufkin♪さん sign01

最近は出不精になり、あまり出かけなくなりましたが、植物園には仕事もありよく出かけます。happy01

植物園のバラも素敵ですが、正門前のエントランスの紅葉が見事でそこでしばらく眺めていました。smile

秋は短いですから、ぜひお花のあるうちにお出かけ下さい。smile note

投稿: プロフユキ | 2015年11月17日 (火) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/62684653

この記事へのトラックバック一覧です: ・京都植物園のエントランスで、見学者を迎える紅葉したケヤキとイチョウの木々:

« ・今年も京都府立桂高校で行われました、第64回全京都農林産物品評会での審査に行ってきました | トップページ | ・今年も京都限定で出ている「葵祭の記念切手」を紹介します »