« ・きらっ都プラザで開催されたJapan Teddy Bear Festival 2015 in Kyotoで、MilkyWay主宰のかつらさんの作品を拝見してきました | トップページ | ・京都出身の遊墨漫画家・南久美子さんのホッコリさせてくれる作品を紹介します »

2015年10月19日 (月)

・京都植物園で悪役「ダース・ベイダー」によく似たアリストロキアの花をみました

京都植物園に行くといつでもいろんな花に出会え、先日はスイレンとハスの違いを紹介しました。今回は温室で思いがけず、映画スター・ウォーズ」の悪役「ダース・ベイダー」に似た開花しているのを見て、その驚きました。なぜこんなをしているのかと不思議に思いますが、この仲間には食虫植物もあり、誘引するためこんなになったのかもしれません。

 

Art1

 

アリストロキア

アリストロキアウマノスズグサ科の植物で、原産地熱帯~温帯に分布しています。植物園には3種類あり、木本性つる性で長く伸びる種類もあり、開花期は主に初夏~秋のようです。種類によって姿は様々ですが、どれも奇妙でおもしろいを咲かせます。花色地味なものが多いですが、個性的姿最大魅力でしょう。花びら退化して、その代わりにがくが大きく発達しています。

 

Art2

サルバドレンシス

原産中米で、映画「スター・ウォーズ」の悪役ダース・ベイダー」に似たが開花し、独特存在感を放っています。の大きさは約5センチナメクジ天敵という。

何とも不思議な形をしたで、たくさん咲いていると魔法の世界に迷い込んだのかというような気がします。

 

Art3

 

サルバドレンシスの花

一個の花の寿命約一週間ですが、地際に発生した花茎長期間にわたって伸張し を一個ずつ着けていきます。

 

Art4

トリカウダタ

Art5

トリカウダタの花

メキシコ原産はまっすぐ伸び、つるにはなりません。開いた3ひも状に伸び、先端がよじれています。花色濃い赤褐色で表面には光沢があります。

 

Art6

 

アルボレア

多くのアリストロキア属つる性であるのに対し、高さ3メートル程度のかん木になる種類です。

 

Art7

アルボレアの花

一つの花の寿命一週間程度ですが、株元につく花茎には次々とが咲き、長期間楽しめます。直径7センチ程度の頭巾のようなをしており、花色茶色で、下部白くなります。

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。 

 

|

« ・きらっ都プラザで開催されたJapan Teddy Bear Festival 2015 in Kyotoで、MilkyWay主宰のかつらさんの作品を拝見してきました | トップページ | ・京都出身の遊墨漫画家・南久美子さんのホッコリさせてくれる作品を紹介します »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
 
わは〜 ホントにダースベイダーですね!
何か 人相悪い〜 と言いたくなるような o(*^▽^*)o
 
ホントに 世の中には不思議な植物が たくさんありますね〜。
今回のは名前が覚えられそうにありません (;´▽`A``
どこかで見かけたら「ダースベイダー!」と呼んでしまいそうです (o^-^o)

投稿: 花mame | 2015年10月20日 (火) 19時05分

こんにちは 花mameさん 

これで色が黒ければ、まったくのダースベイダーですね! happy01

このコーナーに来ると、不思議のアリスの国に来たような気分になり、
夢心地でシャッターを切っていました。smile

最初の品種は本当のダースベイダーの顔そっくりで、他の品種は3本の
長いひげが伸びて、一見スルメのような凧のような、顔に加え異様な形を
していてまじまじと見てしまいました。eye wink

投稿: プロフユキ | 2015年10月21日 (水) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/62504849

この記事へのトラックバック一覧です: ・京都植物園で悪役「ダース・ベイダー」によく似たアリストロキアの花をみました:

« ・きらっ都プラザで開催されたJapan Teddy Bear Festival 2015 in Kyotoで、MilkyWay主宰のかつらさんの作品を拝見してきました | トップページ | ・京都出身の遊墨漫画家・南久美子さんのホッコリさせてくれる作品を紹介します »