« ・我が家の花にはど根性を示すアサガオとペチュニアもあります | トップページ | ・これからますます需要の伸びるオレガノの栽培と利用 »

2015年10月 4日 (日)

・ヨーロッパその他の各都市で買ったシンブルコレクション(その5)

 

ヨーロッパでは女性裁縫道具を集めると幸せになるといわれており、とりわけシンブル(指ぬき)欧米では結婚お守り女性幸せをもたらすアイテムとされているようです。その中でも金属製陶器製シンブルは、コレクターズアイテムとして人気があるようで、大抵の都市ではお店でよく見かけました。家人シンブルスーベニアスプーンを集めていまして、シンブルについては先に紹介しました(シンブルコレクション1その2その3その4)。シンブルには専用ラックがあり、ラックと共にシンブルを紹介してきましたが、4回目から間があいていました5回目をラックの残りの主にイギリスで買ったシンブル紹介します。シンブルを見ていると、それを買った様子、描かれた場所のことなどが思い出されます。


S11a

エイボンのテディベア 

イングランド中部ストラトフォード・アポン・エイヴォンシェイクスピア故郷としてよく知られており、多くの観光客が訪れています。このエイヴォンには可愛いテディベア博物館があります。大小さまざまなテデイベア館内はあふれていて、いつも子供たちでにぎわっています。

 

S12a

エイヴォンのシェイクスピア生家

この地名エイヴォン川渡る道と言う意味で、この地方にはこのような古い表現名前をよく見かけます。エイヴォンにはシェイクスピア生家シェイクスピア劇場など見る所は多く、英国滞在中何度も訪れた楽しい所です。

 

S13a

グロースター

イングランド南西部にある古い町で、7世紀創建セントピーター修道院起源のあるグロスター大聖堂を中心に発展してきました。このシンブル大聖堂で買ったもので、よく見かける題材です。

 

S14a

ネス湖のネッシー

スコットランドに行った際、ネス湖一周しましたが、西側にあったネッシー博物館で買ったネッシーシンブルです。ネス湖ネッシーの事は先に、「・英国で買ってきた皮製ブックマーク(ネス湖編)」で紹介しています。

 

S15a

食事風景

 イングランドで買ったシンブルですが、オランダ風古い衣装をまとった夫婦が、チーズを切ってお茶をしています。オランダ人を描いたものでしょうか。

 

S16a

バース・パルトニー橋

ストラトフォード・アポン・エイヴォンからエイヴォン川はこのバースまで流れており、古いパルトニー橋観光名所になっています。英語温泉語源になるバースの街ローマ時代から利用されてきた温泉で有名で、瀟洒な落ち着いた綺麗な街です。ここで買った素敵レースの入ったキーホルダーを、先に「・海外で買った絵などを飾った我が家の壁ギャラリー(3:イギリス・バースで買ったレース編みの額」で紹介しました。

 

S17a

コーンウオール・マウスホール

英国イングランドでももっとも西の端にあり、「地の果て」の象徴として知られランズ・エンド:Land of Endと呼ばれる観光地があります。コーンウォールの形容詞がコーニッシュで、コーンウォール発祥コーニッシュ・パスティについて後に紹介します。コーンウォールには マウスホールと呼ばれる港町があり、コーンウォールマウスホールネズミを洒落て作った愛嬌のある可愛いシンブルです。

 

S18a

セント・マイケルズ・マウント(St.Michael's Mount

セント・マイケルズとは聖ミカエルの事で、フランス語では "サン・ミッシェル" になります。このセント・マイケルズ・マウントは本家フランスモン・サン・ミッシェルと同様に、満潮時には離れ小島ですが引き潮になると陸続きになり、聖ミカエルを祭ったです。コーンウオールに住んでいる英国人招待訪問し、夕日輝く島を眺めながらのレストランでの食事最高でした。

 

S19a

ブレア城

英国スコットランド中部にあるアーソル公爵家代々居城で、白亜の名城として知られています。1921年(大正10年)3月、当時皇太子であった昭和天皇が欧州訪問の際にもブレア城を訪れられ、侯爵並びに村の人たちに温かく迎えられました。その際の写真お城に飾られており、私たちの訪問時にそのことを初めて知り驚きました。

 

S110a

ボートン・オンザ・ウォーター

イングランドエイヴォンからバースへの途中の、コッツウォルズ地域にある日本風にいうとかやぶき屋根伝統的屋根通り立ち並び、古い町のあるたたずまいが人気を呼んでいます。また、黄色みを帯び「蜂蜜色の石」「ライムストーン」とも称される石灰岩「コッツウォルズストーン」を使った建物群特徴的景観をなしていて、特別自然美観地域指定されています。

 

S111a

イタリア庭園・ヘリガン

英国西部コーンウォール地方セント・オーステルに位置する「ロスト・ガーデンズ・オブ・ヘリガンThe Lost Gardens of Heligan)」は、古生代化石が眠る神秘のスポットシダジャングルイタリア庭園があります。

 

S112a

コーニッシュ・パスティ

パスティ(Pasty)と呼ばれるパイコーンウォール地域発祥地で、コーニッシュパイとも呼ばれています。コーンウオールには錫鉱山があり、坑内に入る昼食用に作られたのが始まりのようです。中に入れるは様々ですが、主に牛ひき肉タマネギジャガイモなどが主流です。パスティブリティッシュパイの形とは異なり、餃子のように包んで焼くのが特徴です。

 

S113a

チッピング・カムデン

イングランドコッツウォルズにある小さなマーケット。ハイストリートには中世エレガントテラスのある建物が未だに保存されており、その美しさから毎年多くの観光客を集めています。

 

S114a

チルム城

カンタベリー西部にある小さな村には由緒あるセントメアリ教会チルム城があることを先に、・イギリス・チルムとタイ・チェンマイで買った銀細工の小物を紹介します 」で紹介しました。チューダー様式が立ち並び、レストランやギフトショップに混じり1軒のアンテイークのお店があり、よく小物を探しに行ったものです。

 

S115a

ケント州・ワイカレッジ

アッシュフォード近くにあるワイ村には、ロンドン大学ワイカレッジがあり、研究員として滞在していました。にこのクラウンマークが、京都の五山の送り火の様に築かれており、上空からも見えます。カレッジには芝生の中にヘリポートがあり、卒業式典にはロンドンから皇太后などが来られます。

 

S116a

シャーロックホームズ

シャーロキアンであることを、先に「・ボクはシャーロキアン(切絵、キーホルダ-、ポストカードなど)紹介しました。このシンブルでも、一目でわかるホームズ横顔が描かれています。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの マイコレクション 載せますのでそちらもご覧下さい


関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。

|

« ・我が家の花にはど根性を示すアサガオとペチュニアもあります | トップページ | ・これからますます需要の伸びるオレガノの栽培と利用 »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/62409606

この記事へのトラックバック一覧です: ・ヨーロッパその他の各都市で買ったシンブルコレクション(その5):

« ・我が家の花にはど根性を示すアサガオとペチュニアもあります | トップページ | ・これからますます需要の伸びるオレガノの栽培と利用 »