« ・昨年から取り組んできましたイタリア野菜60種類の、特性と利用を書いた本が出版されます | トップページ | ・我が家のべランダを彩る朝顔の花は、どれも皆バックシャンです »

2015年9月15日 (火)

・今年のお盆には、イルカと楽しく遊べる日本ドルフィンセンター(香川県さぬき市)へ孫たちと行きました

今年のお盆には長男のところに次男が生まれましたので、全家族お盆休み高松に集まって過ごすことになりました。帰省ラッシュに巻き込まれながら、次男家族鳴門ビンビ屋で新鮮なお魚料理をとるつもりでした。びんび屋は以前に、ブログで紹介したことがあります。しかし誰が考えることも同じで、びんび屋超満員で、警察のパトカーが出て整理をする有様でした。やむなく他の店昼食をとり津田海岸を目指しました。お目当ては津田松原手前にある、日本ドルフィンセンタ-イルカとの触れあいをすることで、センター長男家族合流しました。

 

Kis1

イルカのジャンプ

日本ドルフィンセンターは、動物セラピーとして「イルカ触れ合い特別活動」を始めて12年目になるそうです。

イルカクジラとも近縁仲間で、屋島水族館にはクジラがいるということで子供小さい頃よく連れていきました。そのクジラスナメリと呼ばれる種類で、今ではイルカ仲間分類されています。この屋島水族館は、世界を驚かせた大型水槽メーカー日プラ(香川県内)運営していましたが、2015には廃園の動きも出ているとかで、心配しています。

 

Kis2

イルカプールへの通路

津田の松原に繋がるきれいなに、幾つかのイルカプールが作られ、それらが自由に行き来できるようになっています。

 

Kis3

アクセス

アクセス地図です。高速高松東道路津田東ICから降りてすぐで、広い駐車場があります。センターまでの無料バスも走っています。

 

Kis4

施設全景

アクセス通路両側が広がり、片側海水浴片側イルカの触れ合い体験ができます。先端にはマリンレストランがあり、1階にはウッドデッキ休憩所もあります。

 

Kis5

貝拾い

まだ小さい孫は、ビーチ小魚貝拾いに追われています。

 

Kis6_1

シュノーケルで魚とり1

少し大きい孫たちウエットスーツに着替え、シュノーケルを着けて早速突進

 

Kis7_2

シュノーケルで魚とり2

 結構大きな魚もいるとかで、つまもうとしていますが、それはやはり素手では無理

 

Kis8_1

イルカとの触れ合い1

ひとしきり遊んだあとは、反対側で、イルカ触れ合い体験に参加。

インストラクターお姉さん説明を聞いて、イルカとの触れ合いが始まります。

 

Kis9_2

イルカとの触れ合い2

一列に並んだイルカが泳ぎ、浅瀬イルカタッチしたり、間近見るイルカ感動するように工夫されています。

 

Kis10

イルカの餌やり

 ルフィンセンター人気プログラムで、小さな子供からお年寄りまで、気軽に参加できるようです。

 

Kis11_1

ドルフィンスイム1

 イルカ一緒泳ぐプログラムで、スタッフ一緒に入るので、安心して泳げます。

 

Kis12_2

ドルフィンスイム2

若いスタッフ一生懸命指導してくれ、感動します。

 

Kis13_3

ドルフィンスイム3

はじめは怖がっていた子供たちも徐々に慣れ、イルカとの接触・触れ合いを楽しんでいました。いつまでも触れ合い体験が続くことを願いながら、今晩宿泊地塩江温泉に向かいました。

 

日本ドルフィンセンター

センターを紹介する映像がありましたので、you tube からご覧ください。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 日本の街角 載せます

でそちらもご覧下さい

 

関連記事が 日本の街角 にもありますので、ご覧ください。


|

« ・昨年から取り組んできましたイタリア野菜60種類の、特性と利用を書いた本が出版されます | トップページ | ・我が家のべランダを彩る朝顔の花は、どれも皆バックシャンです »

・日本の街角 Hilights of Japan」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/62287450

この記事へのトラックバック一覧です: ・今年のお盆には、イルカと楽しく遊べる日本ドルフィンセンター(香川県さぬき市)へ孫たちと行きました:

« ・昨年から取り組んできましたイタリア野菜60種類の、特性と利用を書いた本が出版されます | トップページ | ・我が家のべランダを彩る朝顔の花は、どれも皆バックシャンです »