« ・今年のお盆には、イルカと楽しく遊べる日本ドルフィンセンター(香川県さぬき市)へ孫たちと行きました | トップページ | ・あなたはハスとスイレンの違いが分かりますか? »

2015年9月21日 (月)

・我が家のべランダを彩る朝顔の花は、どれも皆バックシャンです

毎年ベランダではアサガオを咲かせています。ベランダ手すりの上に載せたプランターで、を咲かせ毎年タネを取っていました。しかしその内にだんだんと花の咲が悪くなってきたり、花が小さくなったりしてきましてそのことを先に紹介しました連作障害も出たのかと思い、また土の量が少なすぎた心配もあり、今年は比較的大きめのポットアサガオを植えました。しかしポットを大きくすると、ベランダ手すりに乗せるわけにはいかず、においての当たるに置いて育てました。手すりより高く伸びてから、手すりのそばに移動し、ベランダ手すりに張った鳩避けネットに絡ませることにしました。

 その甲斐あってか何とか大きな花咲かせるようになりましたが、困った問題が起こってきました。ベランダ手すりにはいつものようにプランターを並べ、そこではタイム類ミント類に、イタリアンパセリクレソンツルナなどを栽培し、その横に風船カズラをまいていました。その風船カズラがグングンを伸ばし、またアサガオ分枝を繰り返し、日差しを遮ってくれるので、暑さしのぎにはなりました。

 

Bag1

 

ベランダのアサガオ

Bag2_1

ブルーのアサガオ1(水戸あおい)

しかし良い事ばかりでなく、ネット内側が入らなくなり、強い光必要とする植物たち生育が多少悪くなりそうでした。もっと困ったのは、今までのが張ったネットキュウリネットが粗かったので、内側でも咲いていました。しかし業者の張ったネットはかなりが細かく、アサガオがみんな外向きに咲いてしまうのです。おかげさまで大きく咲いた綺麗なアサガオも、後ろから見るだけになりました。幸い時折ネット内側咲く花も時折ありましたが、そのように今年の我が家ベランダで咲いたバックシャンアサガオたちを紹介します。

 

Bag3_2

ブルーのアサガオ2(水戸あおい)

 今年アサガオはどれも巨大輪で、かなりの大きさがありました。ただ余り大きすぎ花弁が多少弱くて破れやすいようでした。特に6階で強かったためかもしれません。巨大論の割にタネは取れそうでした。

 

Bag4_3

 

ブルーのアサガオ3(コンビアサガオ)

 こちらのアサガオコンビアサガオとして、ユウガオセットになったを植えました。ユウガオは咲いてもアサガオ咲く頃にはしぼんでおり、一緒には写せませんでした。

 

Bag5_4

ブルーのアサガオ4(コンビアサガオ)

 これも大きな花ですが、さぞかし綺麗だと思われたのですが、後ろ姿しか見られませんでした。

 

Bag6_5

ブルーのアサガオ5(コンビアサガオ)

同じくブルーアサガオ後ろ姿です。に見える小さな白い花フウセンカズラです。もうかなり風船もあちこちでユラユラ揺れていまして、成熟した風船からはタネもかなりとりました。フウセンカズラの黒いタネには、可愛い白色のハートマークがあることを先に紹介しました。

 

Bag7_6

ブルーのアサガオ6(飛猿)

 これは花弁が少しとがった紫色アサガオで、多くは外向きでしたが、一つだけ内側咲いていました。

 

Bag8_1

 

赤のアサガオ1(コンビアサガオ)

 この日はあいにくので、外側に咲いた沢山赤色アサガオも、に濡れてその重みで下向きになっていました。

 

Bag9_2

赤のアサガオ2(コンビアサガオ)

 かろうじて幾つか赤色アサガオが、内側に咲いてくれました。

 

Bag10_3

赤のアサガオ3(コンビアサガオ)

 これはポット支柱巻き付きネットに絡まるまでのところに咲いた花ですが、しっかりとを向いています。

 

Bag11_4

赤のアサガオ4(コンビアサガオ)

 これも支柱咲いた、数少ないでした。

 

Bag12_5

赤のアサガオ5(コンビアサガオ)

 これも同様ですが、ほとんどのつる先端近く咲き、このように支柱近く低い所咲く花は少しでした。これは上へ上へと伸ばし過ぎた結果だと反省し、翌年は早めに摘心をしようと思っています。

 

Bag13_1

薄紫色のアサガオ1(コンビアサガオ)

 これも綺麗大型薄紫色アサガオで、から見たかったのですが、残念ながらバックシャンだけでした。

 

Bag14_1

下から見た6階のベランダ1

 時折訪れる人ベランダ見たのか、すごいですねと言うのでどんな風にから見えているのか、からベランダを見てみました。

 

Bag15_2

下から見た6階のベランダ2

なるほどまったく緑のカーテンで、うす暗く見えますが、実際にはそうではないのですが、ジャングルのように見えますね。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せます

でそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。 


|

« ・今年のお盆には、イルカと楽しく遊べる日本ドルフィンセンター(香川県さぬき市)へ孫たちと行きました | トップページ | ・あなたはハスとスイレンの違いが分かりますか? »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

この夏は朝顔のおかげで涼しく過ごせたような気がしますが~

後ろ姿しかお目にかかれないというのはちょっと残念でしたか?
それでも、、、外から見るとご近所の方々はこの花の大きな朝顔に癒されたんではないかしら?
ブルーの朝顔は涼しげで私も大好きです~

今年は大きな花をと努力されたかいがありましたね。

夕顔と朝顔がセットに植えられていると、朝も午後からも花を楽しめていいですね~
風船カズラは一日中かわいらしいまんまるの姿が見られるし。。。
ナイスなセレクトの植栽でしたね。
種取りも楽しそうです~

投稿: 野花 | 2015年9月22日 (火) 21時48分

こんにちは 野花さん sign01

今日はベランダのネットの上をかなり透かしました。するとさっと日光が入り、これまで
緑のカーテンで涼しく過ごせたんだと実感しています。happy01

バックシャンだけでしたが、赤や紫、ブルーの花を見ていると、気持ちが落ち着きましたね。
朝顔の間にフウセンカズラがゆらゆら揺れていましたし。smile

近所の人は皆上を見上げて鑑賞してくれたようでした、朝には朝顔が、夕方からは
これまた大きい夕顔が咲いてくれましたから。eye note

大きな朝顔のタネのつきが今までは悪かったのですが、鉢を大きくして根が増えたせいか、
結構大きな種が付いているようです。夕顔もこれまた大きな種で、もう少しすれば種取が
楽しめそうです。wink

投稿: プロフユキ | 2015年9月23日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/62320842

この記事へのトラックバック一覧です: ・我が家のべランダを彩る朝顔の花は、どれも皆バックシャンです:

« ・今年のお盆には、イルカと楽しく遊べる日本ドルフィンセンター(香川県さぬき市)へ孫たちと行きました | トップページ | ・あなたはハスとスイレンの違いが分かりますか? »