« ・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行2(伊吹山山頂のお花畑1) | トップページ | ・ケニヤ土産と言えばソープストーンで作った小物入れや灰皿があり、いずれも野菜や動物の形をしています »

2015年8月22日 (土)

・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行3(伊吹山山頂のお花畑2)

酷暑京都市内を離れ、琵琶湖クルーズの遊覧船で多景島をめぐり、琵琶湖の大きさを満喫しました。またその後伊吹山ドライブウエイを快適に進み、いよいよ標高1260スカイテラス駐車場に到着し、お花畑を散策しました14種類の高山植物のお花を見つけ、そのうち6種類を前回に紹介しまして、今回は残りの8種類紹介します。必ずしも高山植物とは言えないものもありますが、ここ伊吹山にしか生息していない種類も幾つかありました。また1種類だけでなく、23種類は混ざって一緒に群生して生えているところもたくさんあり、本当にお花畑様相でした。


 

Iko1

伊吹山の花々

Iko2

シシウド

 セリ科シシウド属の多年草で、日本固有種でもあり本州から九州にかけて分布します。食用にはなりませんが、を乾燥させたものは風邪むくみの薬になります。

 

Iko3

 

シシウドのつぼみ

まだ固い、シシウドつぼみです。

 

Iko4

 

満開のシシウ

シシウドは8月~11月にかけて、茎先に複数の散形花序を出し、小さな白い花火が開いたように多数つけます。

 

Iko5

 

メタカラコウシシウド群生

前回紹介しましたメタカラコウと、シシウド群生が見られました。お花畑には入らないよう注意書きがしてありますが、お隣の国の人は傍若無人に入り込み寝ころんで写真を撮っていました。本当を知らない人もいるんですね。(-_-)

 

Iko6

 

イブキジャコウソウ

シソ科イブキジャコウソウ属の小低木で、海岸から高山帯までの日当たりの良い岩地生育します。名前の通り伊吹山に多く生息しており、全体にじゃ香のような芳香があります。

 

Iko7

イブキジャコウソウの花

 開花期6-8で、枝の先端に短い花穂をつけます。紅紫色可愛い唇形をしています。

 

Iko8

ヨモギ

 ヨモギはキク科ヨモギ属の多年草です。ヨモギモグサ材料になり、ここ伊吹山が古くから有名な産地です。もぐさ(艾)は、ヨモギの裏にある繊毛精製したもので、主に灸(きゅう)に使用されます。ヨモギだけでなく、伊吹山古来から「薬草の宝庫」として名高く、200種類以上薬草自生しています。

 

Iko9

キンバイソウとシモツケソウの群生

 キンバイソウと、前回紹介しましたシモツケソウ群生が見られました。キンバイソウキンポウゲ科キンバイソウ属の多年草。中部地方と近畿地方の山地から亜高山帯の、やや湿った草地林縁に生えます。7月~8月にかけて、鮮やかな黄色から山吹色で、直径3-4 cmをつけます。

 

Iko10

 

キンバイソウの花

 キンバイソウ花弁のように見えるものはガクで、真ん中の芯のうち外側の太いものが花弁で、細いものはおしべです。ウメのように咲き、黄色であることから、金梅草と名付けられました。(ちょっと花が遠すぎました(_・。)

 

Iko11

 

サラシナショウマ

 サラシナショウマは、キンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草です。

 

Iko12

サラシナショウマの花

 葉は互生して、長い枝の先に多数白い花を付け、開花期89月頃で、には両性花雄花があります。

 

Iko13

カワラナデシコの花

 ナデシコ科ナデシコ属の多年草開花期69月で、淡紅色が一般的ですが、白色も多いようです。日当たりの良い草原河原に生育し、路傍山地の斜面、海岸砂浜等でも生育します。

 

Iko14

 

ヤマホタルブクロ

 キキョウ科ホタルブクロ属の多年草初夏に数個の釣り鐘型の花穂状につけ、は柄があって、可愛くうつむいて咲きます。花色には赤紫とがあり、関東では赤紫関西ではが多いようです。ヤマホタルブクロホタルブクロの変種で、ガク片の間が盛り上がっています。

 

Iko15

ウツボグサ

 シソ科ウツボグサ属の多年草で、日当たりのよい山野の草地群生します。開花期68月頃で、38cm花穂紫色唇形可愛い花密集して咲かせます。を背負う「うつぼ」に花穂の形が似ていることから、「ウツボグサ」との名前が付いています。

 

Iko16

ウツボグサの花

日干しした花穂ハーブティーとして用いたり、また、枯れて褐色になった花弁止血作用治癒促進作用があり、外傷薬として古くから利用されてきました。

 

Iko17

 

お花畑を散策する登山者

 振り返りますと、登山道を歩きながら多くの人がお花畑をのんびり涼風に吹かれながら散策していました。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 日本の街角 にもありますので、ご覧ください。 

|

« ・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行2(伊吹山山頂のお花畑1) | トップページ | ・ケニヤ土産と言えばソープストーンで作った小物入れや灰皿があり、いずれも野菜や動物の形をしています »

・日本の街角 Hilights of Japan」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

伊吹山~
お花が沢山のお山~
そして日本百名山でしたね。

以前、一度だけ出かけたことがあるのですが、もう20年以上前なので、あまり記憶にないのですが~
イブキジャコウソウだけはしっかり記憶に残っています。ここの名前がついてるだけに、印象深かったです。
可愛らしいお花ですよね
そして。北海道のアポイ岳に沢山咲いていたのを思い出しました。

山野草がいろいろ咲いていて、見つけるたび心ときめくのがわかります。
そして花の名前がわからないと、早く知りたいと思って調べてしまいますよね~
あ~ユキさんの場合は知らないお花はなかったかしら?
この中で私はシモツケソウが好きかな
ピンクの花火がぴかぴかしてるようで~
広く眺めがいいお山~また行ってみたくなりました。

投稿: 野花 | 2015年8月29日 (土) 13時38分

こんにちは 野花さん sign01

野花さんは本当にお元気ですね。またご家族でいつまでも山に登れる幸せを
お持ちでいいですね。happy01

伊吹山は関西では普通に見られる山で、新幹線や東海道線からもよく見えるので
親しみある山で、イブキサンと言っていましたが、正式にはイブキヤマなんですね。smile

織田信長も薬草園にしていたみたいで、昔の人には貴重な薬草の宝庫だった
のでしょうね。おかげさまでいろいろの植物が残っていますが、高さがそれほど
ないので、本当の高山植物は少ないですね。bleah

名前は本当にいろいろで、だいたいの分類は分かるのですが、書くときには
できるだけ確認をしていますが、間違いもよくありますよ。bearing

投稿: プロフユキ | 2015年8月30日 (日) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/62135832

この記事へのトラックバック一覧です: ・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行3(伊吹山山頂のお花畑2):

« ・京都から琵琶湖クルーズと伊吹山・お花畑へのバス旅行2(伊吹山山頂のお花畑1) | トップページ | ・ケニヤ土産と言えばソープストーンで作った小物入れや灰皿があり、いずれも野菜や動物の形をしています »