« ・北海道の余市で見事なサクランボとリンゴ、ブルーベリー、プルーンの果物を見てきました | トップページ | ・学生時代の登山やスキーを楽しんだ山々の、記念メダルが引き出しから出てきました »

2015年6月25日 (木)

・これからますます需要の伸びるコーンサラダ(マーシュ)の栽培と利用

まだそれほどポピュラーではないが、食生活の洋風化に伴って利用の拡大しそうな野菜・ハーブを紹介してきました。現在までに紹介してきた26種類のうちよく見て頂いているのは、シナモンバジルチコリスイートバジルフローレンスフェンネルイタリアンパセリなどでした。今回はクレソンに代わる野菜として期待される、コーンサラダを紹介します。 

Mks1_1

フレンチに使われたマーシュ

 フランス料理ではステーキなどの添え物以外に、このように4種の貝のクラム風料理のトッピングなどにも、使われていました。

Mks2_008n_x

珍しいチコリの仲間たち(オーストリア) 

 これはオーストリア・ウイーンの野菜マーケットで見かけた、西洋野菜たちです。下段の左角にアーティチョークが見え、その右にはトレビスチコリ赤チコリプレコーチェ、その上の左にフローレンスフェンネルが見えます。

 

Mks3_usa2009n

根付きのバジル(USA

 これはアメリカ・ニュヨークのこれもオープンマーケットで見た野菜で、根つきの新鮮なバジルを大量に売っていました。一株に数本の茎が集まっているようで、3ドルでかなりの葉数があるようです。

 

Mks4_1

鉢植えのマーシュ

 コーンサラダオミナエシ科の1、2年草で、別名はマーシュあるいは,ノヂシャです。コーンサラダという名は,トウモロコシ畑によく生えていたことに由来しています。地中海沿岸が原産地で,ヨーロッパ,北米,アジアに広く分布しています。野菜としての利用はヨーロッパでも比較的新しく,わが国には明治初年に導入されたが普及しませんでした。近年になって他の葉菜類と共に、若い葉を利用するベビーリーフとしての需要が広がってきています。

 株元から多くの根出葉が出ており、対生につく葉は単葉で切れ込みはあまりありません。葉色は緑色だが,赤みを帯びる種類もあります。花は56月ころ多数つき,白色,淡紅色,青色などの変異があります。はロート状で,その先端は5裂しています。果実は長さ約2.5cmくらいで、種子は軽く千粒重は約1g程度になります。

 

Mks5_2

収穫されたマーシュ

 耐寒性があり越冬可能ですが,寒冷地では寒害を受けないようプラスチクフィルムなどで被覆してやります。低温期で他の野菜のない時期に,早く生育させて収穫できる点に長所があります。その長所を生かすためには,冬季に温暖なところが栽培の適地となります。あまり品種改良が進んでいないが,冬季でも生育できる耐低温性の強い品種が好ましい。低温期に生育を促進するためには,ビニールなどで被覆してやります。ただ早生系でよく生育しても花ができないことが好ましく,その意味で晩抽性の性質をもつ品種が望まれています。

生育旺盛で栽培に手はかからないが、良質の軟らかい葉を収穫するには、排水の良い有機質に富んだ壌土が適します。8月~9月にかけて播種し、播種1~2週間でよく発芽します。生育に応じ小型の葉を秋から春にかけて順次収穫します。春に種子を播けば初夏までに収穫できます。畑に直接条まきし、間引きしながら株間を1520㎝にしていきます。低温期にはビニールフィルムなどで霜害を避けるよう管理します。

 

Mks6_1

マーシュ料理1

 この料理は、「イワシのソテー、マーシュ添えのローズマリー風味」です。

近年市場に出まわるようになったのは,最近の野菜小型化の嗜好に合ったからです。小型化の代表的な葉菜で,肉料理などの付け合わせにも適します。クレソンの代わりにもよく,ソレルロケットなどでも代用できます。そこで,小形で小さな葉全体を利用するほど付加価値は高くなります。

Mks7_2

マーシュ料理2

 この料理は、「あぶりサーモンとマーシュのユズ風味サラダ」です。

マーシュの味は淡白で,噛んだあとに上品な香りが口の中に残り,さわやか感があります。軟らかでさくさくした歯触りは和風,洋風を問わず合い,和え物サラダにも適します。

 

Mks8

コーンサラダの栄養成分

 葉の新鮮重100g当たりタンパク2g、脂質0.4g、炭水化物3.6g、カルシウム38mg、リン53mg、鉄2.2mg、ナトリウム4mgカリウム459mgβ―カロテン355μgB0.07mg、B0.09mg,ビタミンC38.2mgを含んでいます(米国農務省データーベース)

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 野菜とその花の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。


|

« ・北海道の余市で見事なサクランボとリンゴ、ブルーベリー、プルーンの果物を見てきました | トップページ | ・学生時代の登山やスキーを楽しんだ山々の、記念メダルが引き出しから出てきました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/61792634

この記事へのトラックバック一覧です: ・これからますます需要の伸びるコーンサラダ(マーシュ)の栽培と利用:

« ・北海道の余市で見事なサクランボとリンゴ、ブルーベリー、プルーンの果物を見てきました | トップページ | ・学生時代の登山やスキーを楽しんだ山々の、記念メダルが引き出しから出てきました »