« ・城南宮の庭園にある椿の花コレクションを見てきました | トップページ | ・今年も京都市主催の「花と緑の市民フェア」に、園芸福祉のブースを出して参加しました »

2015年4月22日 (水)

・千本釈迦堂でおかめ桜と見頃を迎えた見事な乙女椿を観賞してきました

千本通りには千本釈迦堂千本閻魔堂(えんまどう)あり、どちらにも素敵なサクラツバキが植わっています。千本通りは平安時代には朱雀大路で北は船岡山に繋がり、南には先に梅ツバキを紹介した城南宮に通じるかっての大通りでした。千本釈迦堂の参道は今出川通り上七軒交差点から北に直進します。千本釈迦堂大報恩寺は今から約800年前、鎌倉初期安貞元年(1227)義空上人によって開創された寺で、本堂は幾たびかの戦火を逃れた京都でも最古の建造物として国宝に指定されています。4月の初めに行きましたが、見頃だったのは阿亀椿(おかめさくら)という名で有名な、巨大な枝垂れ桜が満開でした。この白い花を咲かせるこの桜が阿亀桜と呼ばれるのは、この寺を建てた棟梁の良妻の物語に由来します。

参道の途中から見事なサクラが迎えてくれ、入口あたりにはこれまた見事な乙女椿が見頃を迎え、何十もの花が咲き乱れていました。全部で乙女椿45本あったでしょうか。境内にはそれ以外に、御衣黄桜(ぎょいこうさくら)や普賢象桜(ふげんぞうさくら)の木もあったのですがまだつぼみであったためか、ほとんどの人はその横を通り過ぎ、おかめ桜にシャッターを合わせていました。御衣黄桜普賢象桜はまたその後満開期に訪れていますので、改めて紹介します。


Ass1

千本釈迦堂の桜と乙女椿

Ass2

乙女椿1

ツバキはツバキ科ツバキ属の常緑木本です。艶のある葉は卵形で、互い違いに生えています。葉の先は尖り、縁にぎざぎざはありません。 葉は日本原生のヤブツバキよりも小さい。ピンク色の花弁を重ねた中輪で、花弁は円形で、幾何学的に整然と配列しているため、八重咲よりは千重咲と呼ばれます。樹高は2mくらいで、花色にはピンク色白色があります。

 

Ass3

乙女椿1の花A

乙女椿花言葉は、「控えめな美」と「控えめな愛」の2つがあります。香りはほとんどなく、赤色といっても紅色ではなくピンク色であり、正に控えめな美控えめな愛らしい花です。

 

Ass4

乙女椿1の花B

幾つかの花を選んで紹介していますが、どれを見ても大きすぎたりすることもなく、これだけたくさんの花弁があっても、くどさや嫌味を感じさせないです。

 

Ass5_c

乙女椿1の花C

どの花のどれ一つとして同じものはなく、そのピンク色合い花弁の見事な重なり具合は本当に神秘的です。

 

Ass6_d

乙女椿1の花D

この花は日向にあたっていて、やや盛りを過ぎて、一番外側の花弁は反転しかけています。

 

Ass7_2

乙女椿2

これは門から入って2番目の木で、稲荷社の手前にあります。

 

Ass8_2

乙女椿2の花A

こちらに花はやや日陰にあり、柔らかいピンク色合いが微妙で何かにおい立つような趣がします。中央の重なった若い花弁はハスの花のようです。

 

Ass9

おかめ桜

本堂手前の阿亀桜で、満開でした。鎌倉時代、大報恩寺の本堂を建てた大工棟梁の奥さんの名前が、おかめ(阿亀)さん。棟梁親柱の寸法を間違えて短く切り過ぎて苦悩します。そのことを知ったおかめさん棟梁に枡組みを使うよう助言し、無事に大役を果たしました。しかし、奥さんの助言で救われたことが露見しては棟梁の恥と、おかめさんは上棟式を待たずに自害します。満開枝垂れ桜は涙のようで、その傍らにはかわいらしいおかめさんの像があります。

 

Ass10

おかめ桜の花

満開の花はしっかりと花弁を開いています。

 

Ass11

青空を背景のおかめ桜

青空を背景にして阿亀桜を見上げると、枝垂れ模様はまるでお亀さんの涙のように見えてきます。

 

Ass12

おかめ塚

これは阿亀さんの像で、手には助言した枡組みを持っています。

 

Ass13

一重椿

ヤブツバキユキツバキ日本原産のツバキで、多くの品種ができています。江戸時代にシーボルトツバキをヨーロッパに紹介していて、前に紹介したとおりヨーロッパなどで改良されたツバキが科名のカメリアという名前で日本に普及して広がっています。そのルーツ日本にあることも知ってほしいものです。

 

Ass14

一重椿の花

よく見ると完全な一重ではなく、数枚花弁が重なり、白の斑が入っています。

 

Ass15

乙女椿3

3本目の乙女椿で、まだ満開前も多数咲いていました。

 

Ass16

乙女椿3の花A

ちょっと上向きで、淡いピンク色が素敵でした。

 

Ass17_b

乙女椿3の花B

正面から見たところで、中心部はまだ丸く重なり合っていて、これもハスの花を思い出させます。

 

Ass18c

乙女椿3の花C

花弁数が多くてそれも見事に重なり合っていて、中央の若い花弁の先端は柔らかいようです。

 

 少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。    

|

« ・城南宮の庭園にある椿の花コレクションを見てきました | トップページ | ・今年も京都市主催の「花と緑の市民フェア」に、園芸福祉のブースを出して参加しました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

綺麗な乙女椿が撮れましたねgood
私は今年、いつもほどの椿は見られませんでしたsweat02
先日釈迦堂へ寄ったら、普賢象桜と御衣黄が満開でしたcherryblossom
明日にでもUPしますhappy01

投稿: ナビ | 2015年4月23日 (木) 01時14分

こんにちは ナビさん sign01

ナビさんのブログのおかげさまで、たくさんの乙女桜が見られました。happy01

あんなにたくさんの花を見られたのも初めてでしたが、でもなかなか
良い写真を撮るのは正直難しかったです。happy01

お亀像と桜との組み合わせをと思ったのですが、なかなかうまく
いきませんでした。bearing

御衣黄は地味なためか、あまり関心を引いていませんでしたね。smile eye

投稿: プロフユキ | 2015年4月23日 (木) 23時54分

こんにちは。

千本釈迦堂のおかめ桜とおとめ椿は、私も毎年たのしみにしています。
椿の方は、2月に北野の天神さんの帰りに、一輪だけ咲いていたのを
見れましたが、桜は、雨がつづいて今年も見損ねてしまいました。

どうやら、おかめさんから嫌われている(笑)みたいですね。

投稿: なかっちょ | 2015年4月25日 (土) 20時48分

こんにちは なかっちょさん sign01

千本釈迦堂のおかめ桜とおとめ椿は本当に素晴らしいですね。happy01

今年は雨が桜の時期にかぶり本当に、写真を撮るのが大変でしたね。
我が家からは近いので、晴れるとみれば飛んで行って写真を
撮っていました。smile

なかっちょさんの写真は迫力がありますね。今日の阪急電車の写真は
懐かしく拝見していました。私は学生時代は阪急の特急で大阪から
京都まで通っていましたから、あのチョコレート色の車体は
おなじみですので。eye smile

投稿: プロフユキ | 2015年4月26日 (日) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/61475417

この記事へのトラックバック一覧です: ・千本釈迦堂でおかめ桜と見頃を迎えた見事な乙女椿を観賞してきました:

« ・城南宮の庭園にある椿の花コレクションを見てきました | トップページ | ・今年も京都市主催の「花と緑の市民フェア」に、園芸福祉のブースを出して参加しました »