« ・平安京の南に位置した城南宮で、平安人の愛でた枝垂れ梅とツバキを観賞してきました | トップページ | ・千本釈迦堂でおかめ桜と見頃を迎えた見事な乙女椿を観賞してきました »

2015年4月17日 (金)

・城南宮の庭園にある椿の花コレクションを見てきました

3月末に城南宮にいき、見事な梅の花・散り梅と更に散り椿を紹介しました。ツバキのコレクションとしては哲学の道横にある霊願寺の見事なツバキのいろいろの花を見たことがあります。ここ城南宮には自生する藪椿に加え、城南椿をはじめ300本のツバキが咲いています。前回紹介した散った後も存在感のあったツバキの花は、城南椿の花でした。

ここでは散る前の城南椿の花も紹介します。私はツバキの花では、乙女椿の幾何学的に整った形が大好きで、いつも心惹かれます。城南宮乙女椿はまだ開花初めでしたが、千本釈迦堂には数本の見事な乙女椿がありますので、また見に行きたいと思っています。

 

Atj1

城南宮のツバキ

Atj2_a

初嵐

Atj3_a

初嵐の花

白一重、筒咲きで11~3月が開花期

 

Atj4_a

白玉の花

白一重、筒咲きで11~3月が開花期

 

Atj5_a

白侘(わび)助の花

白一重で、筒咲きでおちょぼ口の様に咲き11~3月が開花期

 

Atj6_a

藪(やぶ)椿の花

白一重で、平開咲きで2~4月が開花期

 

Atj7_a

加茂本阿弥の花

白一重で、抱え咲きで2~3月が開花期。別名「窓の月」、端正で重みの感じられる白一重の花と濃緑の葉は、気品があり茶花としても知られています。

 

Atj8_a

白千重咲き

Atj9_a

白千重咲きの花

白色の八重咲で、柔らかい花弁が美しい

 

Atj10_a

蝦夷(えぞ)錦

Atj11_a

蝦夷錦の花

白地に紅縦絞り、八重咲で2~3月が開花期

 

Atj12_a

曙(あけぼの)

Atj13_a

曙の花

淡桃色で、一重椀咲き葯が大きく黄金色で、花弁はしわが少なく厚みがある。花期11月~4月。

 

Atj14_a

乙女椿の花

桃色で千重咲き、花弁幾何学模様が美しい。3~5月が開花期。

 

Atj15_a

有楽(太郎冠者)

Atj16_a

有楽(太郎冠者)の花

紫色を帯びた桃色で筒咲き、12~3月が開花期。有楽椿の名は、織田信長の実弟である織田有楽斉が茶席の花として愛用したことに由来しています。京都では有楽椿、江戸では太郎冠者の名で呼ばれるようになりました。現存する古木は、京都や奈良などの古社寺や格式ある旧家にしか見られない価値ある銘椿です。

 

Atj17_a

胡蝶侘助

Atj18_a

胡蝶侘助の花

紅色の白斑入り、ちょこ咲き。2~4月が開花期。

 

Atj19_a

玉の浦

Atj20_a

玉の浦の花

真紅の白覆輪、一重でラッパ咲き。4月が開花期。

 

Atj21_a

紅侘助

Atj22_a

紅侘助の花

紅色でちょこ咲き(ワビスケ咲き)、2~3月が開花期。

 

Atj23_a

藪椿

Atj24_a

藪椿の花

紅色一重で中輪で、開花期は2~4月。

 

Atj25_a

城南椿

Atj26_a

城南椿の花

濃紅色で筒咲き、2~4月が開花期。苔の上の散り椿が見事。

 

Atj27_a

菱唐糸

Atj28_a

菱唐糸の花

桃色で八重唐子咲きの中輪、3~4月が開花期。

 

Atj29_a

錦魚葉椿

Atj30_a

錦魚葉椿の花

紅色の一重咲き、開花期は4月。錦魚葉椿とは葉の先が帯化し、3~5裂して金魚の尾のように見えることからそう呼ぶ。この写真ではそのような葉は見られなかった。

 

Atj31_a

百合椿

Atj32_a

百合椿の花

濃紅色で一重咲き枝垂れ性で開花期は3~4月。

 

 少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。    


|

« ・平安京の南に位置した城南宮で、平安人の愛でた枝垂れ梅とツバキを観賞してきました | トップページ | ・千本釈迦堂でおかめ桜と見頃を迎えた見事な乙女椿を観賞してきました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

驚きです。
椿ってこんなに種類が沢山で。。。。
それを一度に見ることができるなんて、、素晴らしいです。
同じように見える花もどこか異なる所があるのでしょうね。ちゃんとそれぞれに名前がついてるのがすごいと思います。
それぞれに意味があって、いわれがあったりするのでしょうね。

私は、、、単純に真っ白な一重の椿が一番好きかな~

最近、神社、寺院に油をまくいやなニュースが。。。。
悲しくなってしまいます。
是非、犯人には気持ちを改めて、止ること願っています。

投稿: 野花 | 2015年4月17日 (金) 11時21分

こんにちは 野花さん sign01

ツバキは日本在来の植物ですから、品種が多いんですね。特に京都の寺院は
それらを栽培していたので、いろんな品種がいまだ残っているようです。happy01

以前東山の霊願寺のツバキを紹介したことがあったんですが、今のブログ
ではまだでしたのでちょっと多かったのですがまとめてみました。smile

白の一重の花がお好きですか。私は乙女ツバキが好きなのですが、侘助も
おちょぼ口をして可愛いですね。delicious

ツバキの生えた庭園をのんびり散策すると、本当に心が落ち着きます。
いたずらをしたり落書きをする人の気持ちが分からないですね。wink

投稿: プロフユキ | 2015年4月18日 (土) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/61450586

この記事へのトラックバック一覧です: ・城南宮の庭園にある椿の花コレクションを見てきました:

« ・平安京の南に位置した城南宮で、平安人の愛でた枝垂れ梅とツバキを観賞してきました | トップページ | ・千本釈迦堂でおかめ桜と見頃を迎えた見事な乙女椿を観賞してきました »