« ・あなたはカカオ、バオバブあるいはソーセージの実を見たことがありますか? | トップページ | ・タキイ専門学校の同窓会に呼ばれ懇親会で綺麗どころの踊りを堪能してきました »

2015年2月20日 (金)

・京都府植物園の洋ラン展で入賞作品を見てきました

京都府植物園は日本でも有数のコレクションを誇っていますが、入場料金が安すぎるためかそのコレクションを見に来る人は残念ながら少ないようです。何とか入場者数を増やすようにお手伝いをしていろいろ提言をしましたが、付帯設備も新しくされて徐々に入場者数は上向きになってきたようです。敷地は戦後米軍一部接収されたりもしましたが、京都自然の植生は今も下鴨神社境内同様に保たれています。今までにも園内に半木神社が鎮座していること、素晴らしいバラツルバラハイブリッドティーフロリバンダポール仕立て)のコレクションがあることなどを紹介しました。本当に種類が多いのは熱帯植物で、前回に貴重な熱帯果実の幾つかを紹介しました。今回は、洋ラン展で見た入賞作品を紹介します。

 

Yrt1

洋ラン展入賞作品

Yrt2_a

ミニカトレア ヤンミンオレンジ

ミニカトレアヤンミンオレンジです。苗のサイズは高さ約25cm × 15cmで花輪

 

サイズ約3cmで、花数310輪ぷりぷりのバルブにオレンジの鮮やかな花をたくさん

 

つけます。この品種は愛好家のみならず洋蘭初心者にも人気のようです。

 

Yrt3_a

ミニカトレア ヤンミンオレンジの花

生育も早く丈夫育てやすいようです。 基本的な開花期は冬~春、他の季節に咲く場合もあります。オレンジ色の花が綺麗です!

 

Yrt4_a

 

リカステ 都

リカステは特異な花形と、主にピンク色を中心とした非常に美しい花色で人気が高い洋ランです。大きな球根状バルブを地上部にもち、常緑性のきわめて大きなバルブの上に展開します。ただし、一部の種類は落葉性で、冬になるとすべての葉を落としバルブのみで春まで過ごします。

 

Yrt5_a

リカステ 都の花

3枚の萼片(外花被)が非常に大きく発達し、ちょうど三角形に見える花形がとても特徴的です。花として観賞している部分のほとんどはこので、本来の花弁は小さく中央にあります。

Yrt6_a

リカステ ショーナンブライト

Yrt7_a

リカステ ショーナンブライトの花

これは上の‘都’と同じリカステで、この品種はガク花弁ピンク色をしています。それぞれ花弁の中央がやや濃いピンク色をしています。

 

Yrt8_a

パフィオペディラム スピセリアナム

 

 パフィオペディラム花弁の一部が袋状になった、不思議な姿をしたランです。食虫植物と思われがちですが、虫を捕捉する機能はありません。株にバルブはなく、のみで生育します。葉を57枚程度で、その中央から花芽が伸びてきて開花します。花が終わると株のわきから新芽を伸ばし、新芽が同様に生長して開花します。本種・スピセリナム西ミャンマーから東インドに広く分布し、ビルマ(ミャンマー)からインドアッサムに自生しています。現在の交配種のほとんどに利用されてきた原種的な種類です。

 
 

Yrt9_a

パフィオペディラム スピセリアナムの花

 

 洋ランのなかでは比較的低温にも強く、5程度の温度で冬越しが可能です。また、やや弱めの日光でも生育し、をつけます。冬に咲く丸形の花は整形花と呼ばれ、花弁光沢があるのが特徴です。非常に落ちついた感じの綺麗な花です。

 

Yrt10_a

パフィオペディラム フィリピネンセ

上のスピセリアナムと同じ、パフィオペディラムです。花は、長い花茎の先に単独か、少数を穂状につきます。

 

Yrt11_a

パフィオペディラム フィリピネンセの花

 萼片3枚のうち上向きのは幅広く、大きくなり、側面の2は互いに融合して、唇弁の背景になります。花弁3弁のうち側方2細長くなり垂れているのが特徴で、長いヒゲを生やしたおじいさんのイメージです。唇弁袋状、またはつぼ状になります。

 

Yrt12_a

フラグミペディウム ベッセイ

花の形は上2種類のパフィオペディルムによく似ていますが、この種類はアメリカ大陸産です。パフィオと違って一般の園芸店で見かけることは稀です。

Yrt13_a

フラグミペディウム ベッセイの花

ネットで調べても基本的な生育パターンは不明のようで、水分を好み夏の暑さには弱いようです。

 

 少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい


関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。    


|

« ・あなたはカカオ、バオバブあるいはソーセージの実を見たことがありますか? | トップページ | ・タキイ専門学校の同窓会に呼ばれ懇親会で綺麗どころの踊りを堪能してきました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

我が家にはシンビジュームとオンシジュームがあります。
他の蘭は湿気がないので(薪ストーブのため湿度は20%位)買ってきても枯れてしまいますsweat01
でも、毎年花が咲いてくれるので楽しんでいますpaper

投稿: 里山のプーさん | 2015年2月22日 (日) 10時51分

こんにちは 里山のプーさん sign01

薪ストーブですか、良いですね雰囲気があって。我が家は床暖房だから
見た目には何も変わりません。happy01

灯油と異なり薪ストーブでは乾くのでしょうか? ラン類は空気中の水分を
気根で吸収するのが多いので、乾燥には弱いようですね。happy02

我が家ではいつも霧吹きを持っていて、暇があれば葉に葉水を与えています。
オンシジュームが咲くんでしたら、温度は十分あるんですね。smile note

デンドロとローズマリーが咲きだしてきました。upeye

投稿: プロフユキ | 2015年2月22日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/61169281

この記事へのトラックバック一覧です: ・京都府植物園の洋ラン展で入賞作品を見てきました :

« ・あなたはカカオ、バオバブあるいはソーセージの実を見たことがありますか? | トップページ | ・タキイ専門学校の同窓会に呼ばれ懇親会で綺麗どころの踊りを堪能してきました »