« ・海外で買った絵などを飾った我が家の壁ギャラリー(4):西ヨーロッパ国々のタイルなど | トップページ | ・かっての豪商角倉了以や明治の元勲山方有朋の別荘であった第2無鄰菴が誰でも拝見できます »

2015年1月20日 (火)

・エシャレット、エシャロットとベルギー・エシャロットの違いが分かりますか?

シャロットは英名で、別名はベルギー・エシャロットです。ただしフランス名はエシャロットで英名とややこしい名前です。ユリ科ネギ属で、タマネギの仲間で小さい球ができます。原産地は中央アジア、2025℃くらいの温暖な気候を好みます。タネはほとんど輸入種です。ベルギー・エシャロットの名前でなければ、国内で販売されているほとんどはラッキョウを軟白したエシャレットであり、本来のエシャロットではありませんので注意が必要です。イタリアやフランス料理にはよく用いられ、ミネラル(特にカリウムと鉄)とβ―カロテンとビタミンCを含み、高血圧予防、動脈硬化予防が期待されます。

 

 

Aes1

 

エシャロットとエシャレット

Aes2

栽培中のエシャロット(オランダ)

 英名のシャッロットよりフランス名エシャロットで知られるように、欧米では一般的に知られた野菜でメインというよりは細かく刻んで他の野菜と組み合わせて使われます。タマネギの小型の形だが、タマネギより香りはきついが、炒めると良い香りになります。フランス料理などレストラン需要には欠かせない野菜で、みじん切り、薄切りにしてソースを作り肉や魚の料理によく使われます。

 

 

Aes3_2004m

エシャロットとラッキョウ

 後で書くように国内では軟白したラッキョウエシャレットと呼んでいますが、それがエシャロットと呼ばれることもあり、生産者や市場では混乱しています。間違ってラッキョウエシャロットと思い込み料理する例もあるようで、本来のエシャロットの利用が深まれば一層需要が増すものと期待されます。

 

Aes4_14125n

収穫期のエシャロット

 収穫期のエシャロットはこのようのタマネギ小型で、母球の周りに幾つかの小球がつきます。

 

Aes5_14125n

薄皮を取ったエシャロット

 でも外の薄皮をむくとこのように、薄赤紫色をしておいてラッキョウとはまったく香りも色も異なります。

 

Aes6_2014n

軟白したラッキョウ(エシャレット)

 これはエシャレットとして売られている、軟白して作られたラッキョウで、全くエシャロットとは異なります。

 日本ではラッキョウの消費を伸ばすためにエシャレットと名前がつけて売られた経緯があり、更に統計資料で若どりラッキョウがエシャロットと呼ばれたこともあり、市場などでは混乱が続いています。エシャロットタマネギの仲間であり、やや縦長の小球で3~6球くらい分かれて着きます。薄皮を向くと写真のようにやや薄赤紫色を帯びています。一方エシャレットと称するラッキョウは縦に細長く、軟白しているために白色であり、また味と香りは異なるので容易に区別がつきます。当面はレストラン需要に備え、本来のエシャロットを栽培してほしいものです。

 

Aes7_usa2009n

市場でのエシャロット(USA

これはニューヨークの市場で見かけた、エシャロットです。

 

 

Aes8_14126n

 

エシャロット料理・エシャレットと厚切ベーコンのあっさり炒め

 

 少し大きな写真特性などは、右サイドの 野菜とその花の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい


関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。  

 

|

« ・海外で買った絵などを飾った我が家の壁ギャラリー(4):西ヨーロッパ国々のタイルなど | トップページ | ・かっての豪商角倉了以や明治の元勲山方有朋の別荘であった第2無鄰菴が誰でも拝見できます »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
 
以前、実家に頂いたものを分けてもらって、我が家のベランダで育てています。
エシャロットと言って もらったものですが、多分 ラッキョウだろうなと思っていました。
オランダの栽培中の お写真を拝見しますと 葉がネギのように太いですね。
スーパーなどで「エシャロット」として売っているものは もう少し細いような気がします。
 
我が家のは 細かく刻んで料理などにも使いますが
ラッキョウのように 漬物にもしますし、生のまま お味噌を付けて食べたりもします。
本物のエシャロットは 漬物や生で食すことはあるのでしょうか? (o^-^o)

投稿: 花mame | 2015年1月23日 (金) 16時52分

こんにちは 花mameさん sign01

エシャレットとエシャロット、紛らわしいですね。ちょっと写真を撮ろうとデパ地下に買い物に
行き、丁度卒業生が売り子でいたので、エシャロットあるって聞いてそのままくれたものを買って
帰りました。でも帰ってよく見るとなんと軟白したエシャレットhappy01 騙されてしまいました。
エシャロットと書いてある場合もありますからね。happy02

別の日、あれ違っていたよと卒業生に言って、今度は自分で間違いなくエシャロットを買って
帰りました。smile

一度両方を栽培して比べてみようと思っていますが、ネギ坊主が出てきたときに、
エシャロットの花茎は中空で、ラッキョウは花茎がつまっているはずなんです。smile

フランス料理でも生で使うことはありますが、刻んでソースにするようですね。

投稿: プロフユキ | 2015年1月23日 (金) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/61005323

この記事へのトラックバック一覧です: ・エシャレット、エシャロットとベルギー・エシャロットの違いが分かりますか? :

« ・海外で買った絵などを飾った我が家の壁ギャラリー(4):西ヨーロッパ国々のタイルなど | トップページ | ・かっての豪商角倉了以や明治の元勲山方有朋の別荘であった第2無鄰菴が誰でも拝見できます »