« ・ブログを書き始めて早いもので5年目に入りました | トップページ | ・暑さに涼を感じさせる「天橋立の股のぞき」はいかがですか »

2014年7月25日 (金)

・海外で買った絵などを飾った我が家の壁ギャラリー(3):イギリス・バースで買ったレース編みの額

先に海外で買った小さな絵などを飾った我が家の壁ギャラリーの、クマのプーさんやピーターラビット、 クマのプーさんのベビーフレームと切り抜き立体画 を紹介しました。今回はイギリス・ロンドン西方の保養地バースで買った、レース編みの額とキーホルダーを紹介します。レース編みの工芸品は香港、台湾、ベニスやベルギーなどが有名ですが、バースにはイギリスの内外から観光客が訪れるため、良質の工芸品がお土産用に並べられています。

 イギリスと言えばかっては世界の大国でしたが、そのイギリスも初期にはローマ帝国に占領されて植民地となっていました。紀元前55年にローマ軍のユリウス・カエサルが侵入し、今のイングランドウェールズは占領されてブリタンニアと呼ばれ、ブリテン島の起源となっています。


Abl1

レース織の額

バースには天然の温泉があり、2世紀ごろのローマ時代には温泉の町として発展しました。バースBath)という町の名前を英語のbathという語の語源と思われがちですが、実際には温泉があるから付いた地名であり順序が逆のようです。今もローマ浴場跡であるローマン・バスがのこされて世界遺産にも指定されています。バースコッツウォールズにも近く、ロンドンに次ぐ観光地として多くの人が訪れています。

 

Abl2

バースの地図

 

Abl3

バースツアー

イギリスの主要観光地には、乗り放題の観光バスが整備されており、観光客は自由に行きたい観光地を巡っています。バースにもそのバスツアーがあり、車をパーキングに止めてローマン・バスバース修道院などを散策しました。

 

Abl4

キャンドル模様

バース修道院近くのレースショップで手ごろな値段で、レース織の入った小さな額を販売していました。修道院修道女は日課の手仕事としてナンズワークと呼ばれる手芸品を作っており、そんな作品の一つのようです。キャンドル聖書の模様が編まれています。

 

Abl5

チョウチョ模様

これはチョウチョ模様で、よく見るとなぜか2チョウが重なっているように見えます。

 

Abl6

ハープ模様

これはハープ模様で、台付ですから大きなハーブなのでしょうか。

 

Abl7

2匹のネコ模様

バスケットに入って満足げなネコと、もう一匹はちょっと出遅れてあくのを待っているネコのように見えます。

 

Abl8

花のレース織模様の入ったキーホルダー

このレースは別のちっちゃなお店で買ったキーホルダーで、チョウチョお花などいろんな模様のレースが入っていました。可愛らしいお婆さんが一人で切り盛りしていました。昼にこの店を見つけいろんな可愛い模様のキーホルダーを買ったものの、もっと欲しくなり夕方訪れるともう閉まっていましたが、欲しい模様と個数を書き、その頃住んでいたアッシュフォードの町まで送って貰ったこともありました。

 

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの マイコレクション 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が マイコレクション にもありますので、ご覧ください。 


 

|

« ・ブログを書き始めて早いもので5年目に入りました | トップページ | ・暑さに涼を感じさせる「天橋立の股のぞき」はいかがですか »

・マイコレクション My Collection」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/60042300

この記事へのトラックバック一覧です: ・海外で買った絵などを飾った我が家の壁ギャラリー(3):イギリス・バースで買ったレース編みの額:

« ・ブログを書き始めて早いもので5年目に入りました | トップページ | ・暑さに涼を感じさせる「天橋立の股のぞき」はいかがですか »