« ・春植物園で見かけた可愛い花々:カルミア、ギガンチウム、サルビア・スペルバ、シャリンバイ、カラーとハナビシソウ | トップページ | ・ウォルト・ディズニーのキャラクターたちとクマのプーサンの可愛い記念切手が出ています »

2014年6月21日 (土)

・春の丹波路の庭園ではミント、ラベンダー、タイム、フラックス、サントリナ、ラムズイヤー、セージなどの花が咲き始めました

丹波では菜園の他に小さな芝生の庭園があり、いろんな種類のハーブを植えています。アーティチョークレモングラスも植えていますが、レモングラスは寒さに負けたのか萌芽してきませんでしたので、小さな苗を植えていました。やっと大きくなったと思ったら、留守の間にアルバイトで除草に来ている人が、鉢の中まで草を引いてくれ雑草と思われ抜かれてしまいました。仕方なくまた苗を買って育成中で、今度はラベルを入れて保護しています。アーティチョークは蕾が大分大きくなってきました。もう間もなく食べられるでしょう。

 今回は、庭園に鉢植えしているミントラベンダータイムフラックスサントリナラムズイヤーセージなどが開花してきましたので紹介します。

 

Aih1

いろいろのハーブ

Aih2_a

キャットミント

シソ科ハッカ属の多年草で、西アジア原産のハーブです。5月から9月にかけて、青紫色の花を穂状に長期間咲かせる丈夫な花です。ミントのことは先に、「・これからますます需要の伸びるペパーミントの栽培と利用」に書きましたので、特性はそちらをご覧ください。


Aih3_a

キャットミントの花

 

小さいは、複雑で綺麗な形をしています。シナモンに似た特有の香りがありますが、ネコがそれほど好むことはないようです。

 

Aih4_a

パイナップルミント

 

シソ科ハッカ属の多年草。西アジア原産のアップルミントの交雑種です。葉は卵型で、白色あるいはクリーム色が可愛く入っています。パイナップルの香りがかすかにあり、ハーブティービニガー魚料理などに使われます。7月から9月頃、穂状花序の白い花を咲かせます。

 

 

Aih_a

フレンチラベンダーA

Aih6_a

フレンチラベンダーAの花

 

ラベンダーのことは先に、「・今年も窓際ではオンシジューム、ベランダではラベンダーラベンダー・セージ、ローズマリーが咲いています」で書きましたので、特性はそちらをご覧ください。今フレンチラベンダーは2品種あり、大鉢で元気に生育していますので、今年はさし穂を取って挿し木で増やそうと思っています。

フレンチラベンダー花穂の先端には、-3本包葉ウサギの耳の様に突き出しているのですぐ分かります。

 

Aih7a

フレンチラベンダーB

Aih8_a

フレンチラベンダーBの花

 

Aih9_a

コモンタイム

Aih10_a

コモンタイムの花

 

コモンタイムのことは先に「・これからますます需要の伸びるタイムの栽培と利」に、その特性についても書いています。コモンタイムは名前の通りタイムの代表種で、煮込み料理などの臭み消しにはよく用いられます。

 

Aih11_a

シルバータイム

 

の縁が白い斑模様で彩られた、美しい品種です。にはピンク色のが咲き、一層艶やかになります。やわらかいレモンの香りがします。

 

Aih12_a

フレンチタイム

Aih13_a

フレンチタイムの花

 

コモンタイムから更に選抜された、香りの良い選抜種です。植物全体を肉、魚料理の風味付けに使い、防腐効果も高いので保存性も高めます。5月から8月頃、茎の先端に白色あるいはピンク色の唇型の花をつけ、よい香りがします。

 

Aih14_a

フラックス

Aih15_a

フラックスの花

 

アマ科アマ属の1年草で、原産地は中央アジアです。すらっと茎を伸ばして、6月から8月頃に小さな白色ブルーをたくさん咲かせます。ハーブとして使われますが、過去には茎から繊維(リネン)を、種子から油(亜麻仁油)を取りました。ニンジンやジャガイモのコンパニオン植物にもなります。切り花やポプリ、クラフトの材料に使ったり、ハーブバスとして利用できます。

 

Aih16_a

サントリナ

 

キク科ワタスギギク属の常緑性の小低木。芳香があり、ハーブとして利用されます。食用には用いられませんが、乾燥葉は細断してポプリに用います。葉の形がレースラベンダーに似ているので、コットンラベンダーとも呼ばれます。夏には球形の鮮やかな黄色の花を咲かせます。

 

Aih17_a

ラムズイヤー

シソ科イヌゴマ属の宿根草で、原産地はトルコなどの西アジア。和名は子羊の耳という、葉の形状から来ています。別名はワタチョロギ。マット状に地面を這って広がるため、グランドカバー花壇に用いられます。葉は長さ10㎝位で、銀白色の綿毛で覆われ、草全体が銀白色で上品な色合いです。特に毛並みは滑らかで、いつまでも触っていたいような素敵な手触りをしています。花茎は初夏に伸びてきて、紫色の花を咲かせます。耐寒性はありますが、高温多湿には弱い方です。

 

Aih18_a

コモンセージ

Aih19_a

コモンセージの花

 

セージについては先に、「・これからますます需要の伸びるセージの栽培と利用」を書きましたので、コモンセージ(ガーデンセージ)の特性はそちらをご覧ください。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの ハーブの紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

 

関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。 

|

« ・春植物園で見かけた可愛い花々:カルミア、ギガンチウム、サルビア・スペルバ、シャリンバイ、カラーとハナビシソウ | トップページ | ・ウォルト・ディズニーのキャラクターたちとクマのプーサンの可愛い記念切手が出ています »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/59851239

この記事へのトラックバック一覧です: ・春の丹波路の庭園ではミント、ラベンダー、タイム、フラックス、サントリナ、ラムズイヤー、セージなどの花が咲き始めました:

« ・春植物園で見かけた可愛い花々:カルミア、ギガンチウム、サルビア・スペルバ、シャリンバイ、カラーとハナビシソウ | トップページ | ・ウォルト・ディズニーのキャラクターたちとクマのプーサンの可愛い記念切手が出ています »