« ・京都・香川歴史探訪:歴代朝廷を恐れさせた崇徳天皇の怨霊を、竹田恒泰著「怨霊になった天皇」に見る | トップページ | ・春の丹波路の庭園ではミント、ラベンダー、タイム、フラックス、サントリナ、ラムズイヤー、セージなどの花が咲き始めました »

2014年6月14日 (土)

・春植物園で見かけた可愛い花々:カルミア、ギガンチウム、サルビア・スペルバ、シャリンバイ、カラーとハナビシソウ

京都植物園に5月の終わりころ、バラの花を見に行きました。少し盛りを過ぎていしたが、まだまだ立派にいろんな花が咲いていました。植物園バラの花は先に、ツルバラハイブリッドティーフロリバンダポール仕立てについて紹介しました。そこで今回はそれ以外に見かけた可愛い花たち、カルミアギガンチウムサルビア・スペルバシャリンバイカラーハナビシソウについて紹介します。

 

Ash1

可愛い花たち                                                   

Ash2

カルミア

 ツツジ科カルミア属の常緑性低木。別名はアメリカシャクナゲ。北アメリカ、キューバ原産の花木で、酸性土壌でよく生育します。東京市長からアメリカを寄贈したお礼として、ハナミズキと共に入ってきたとされています。

 

Ash3

カルミアの花

  4月から6月にかけて、白色からピンク色の花をたくさんつけます。五角形で浅いお椀のような形をしていて、花弁幾何学的な面白い模様があり、可愛い花です。

 

Ash4

ギガンチウム

Ash5

ギガンチウム

 ユリ科ネギ属の秋植え球根植物。ヨーロッパからアジア、北米などの原産とされています。4月から7月にかけて巨大球形状の見事なで大きいものでは直径10cmを超えるくらいの綺麗な花を咲かせます。極端な乾燥には弱いことと、25℃以上の高温には弱いという特性があります。アガパンサスと同じく、ブルーのきれいなを咲かせます。

 

Ash6

ギガンチウムの花

  花茎が長く伸び、その先端にたくさんの球状に集まっており、花色は濃紫色が一般的ですが黄色、白色から黄色などもあります。花が枯れ始めると早めに切った方が、翌年の花着きが良くなるようです。が終われば花茎ごと切り取り、は自然に枯れてくるまでできるだけ生長させて、養分球根に貯蔵されるように気を付けます。

 

Ash7

サルビア・スペルバ

 シソ科サルビア属の常緑多年草。ヨーロッパ、地中海地方の原産とされています。種間雑種として作られ、多くの品種があります。耐寒性が強く、直立する性質があります。多湿を嫌いますので、排水のよい土に植えてやります。

 

Ash8

サルビア・スペルバの花

  6から10頃花茎が伸びて、紫色あるいはピンク色のをたくさんつけます。真夏にはやや花は弱りますが、長期間咲き続けてくれる丈夫な花です。

 

Ash9

シャリンバイ

  バラ科シャリンバイ属の常緑性低木。日本、韓国や台湾の海岸近くに生息しています。庭木公園木としてよく植えられています。和名のシャリンバイは、枝の分岐する様子や葉の配列する様子が、車輪スポークのように見え、またに似ているからそう呼ばれるようです。

 

Ash10

シャリンバイの花

  は厚くて、光沢があります。4から6にかけて、白色あるいは淡紅色5弁の花をつけます。10月から11月頃、黒紫色の果実をつけます。奄美大島では樹皮を煮出した汁を、大島紬の染料に使われるようです。

 

Ash11

佐野サクラ

 

Ash12

佐野サクラのミニサクランボ

山桜系で一重の純白大輪の花をつける観賞用の桜の木ですが、まれに花の咲いた後このように小さな果実をつけることがあります。しかし残念ながら、食べられるサクランボまでには発達しないで、落果してしまうようです。

 

Ash13

カラー

  サトイモ科オランダカイウ属の宿根草。南アフリカ原産で、オランダ経由で日本には江戸時代に入ってきたため、オランダカイウの別名で呼ばれることもあります。花色は白色が一般的ですが、黄色あるいはピンク色、赤色のものもあります。

 

Ash14

カラーの花

  と思われるところはサトイモミズバショウと同じで、仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる部分でっロート上に巻いており、その中に黄色に見える部分が小花の集まった肉穂花序です。サトイモの花については先に、「ベランダでアロエの花が咲いたのはなぜ」で紹介しました。

 

Ash15

ハナビシソウ

 ケシ科ハナビシソウ属の耐寒性1年生草。同属植物には数種あり、いずれも北米に分布しています。耐寒性があり、病虫害もほとんどない丈夫な花です。日当たりと排水さえよければ、どこでも旺盛に生育します。

 

Ash16

ハナビシソウの花

  花壇切り花用に栽培され、4月から5月にかけて直径7から10㎝位で、4弁の花をつけます。花色淡黄色オレンジ色朱色で、八重の花もあるようです。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい

関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。 



|

« ・京都・香川歴史探訪:歴代朝廷を恐れさせた崇徳天皇の怨霊を、竹田恒泰著「怨霊になった天皇」に見る | トップページ | ・春の丹波路の庭園ではミント、ラベンダー、タイム、フラックス、サントリナ、ラムズイヤー、セージなどの花が咲き始めました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

カルミアの花。。。かわいいですね。
というか。。。
変わった形の花ですよね。

昭和の時代の部屋の電気の照明灯の覆いにも見えるし。。。。
小さな赤い点々模様が、、、刺し子のようにも見えますね。

まだまだ見知らぬ花があって、こうして私の知らなかった新しいものを見せて頂くとうれしい気持ちになります。

投稿: 野花 | 2014年6月15日 (日) 15時09分

こんにちは 野花さん sign01

まだまだ知らない不思議な形をした花があるみたいですね。happy01

本当にカルミアは昔見た電燈の笠みたいで、赤い模様も刺し子みたいでもあり、
また万華鏡をのぞいているみたいでなんで、こんな模様をしているんだろうと
不思議な気がします。note smile

ギガンチウムもカラーもあんな形になったそれぞれの歴史があるんでしょうね。
面白いです。shine delicious

投稿: プロフユキ | 2014年6月15日 (日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/59816323

この記事へのトラックバック一覧です: ・春植物園で見かけた可愛い花々:カルミア、ギガンチウム、サルビア・スペルバ、シャリンバイ、カラーとハナビシソウ:

« ・京都・香川歴史探訪:歴代朝廷を恐れさせた崇徳天皇の怨霊を、竹田恒泰著「怨霊になった天皇」に見る | トップページ | ・春の丹波路の庭園ではミント、ラベンダー、タイム、フラックス、サントリナ、ラムズイヤー、セージなどの花が咲き始めました »