« ・久しぶりに大阪造幣局の桜の通り抜けをしてきました | トップページ | ・京都歴史探訪:京都府植物園を守護し、絹織物の守護神でもある半木神社の春祭りに参加しました »

2014年4月27日 (日)

・英国風フラワー・アレンジメンントの普及に努める、かわべ先生の著書出版祝賀会に出てきました

かわべ先生のことは先にお花のプレゼントを頂いた折の記事で紹介しましたが、先生は英国風フラワー・アレンジメンントの普及に努めてこられ、このたび7冊目著書かわべやすこの 京都ロンドン花物語」を出版されました。また25年にわたり京都のロイヤルホテルで開かれていたフラワーボックスを、緑豊かな下賀茂の地に移られることもあり、出版記念祝賀会が京都駅前のセンチュリーホテルで4月6日に行われました。私達夫婦もお招きいただき余裕を見て家を出たつもりでしたが、ちょうど桜見物の人込みでタクシーが進まず開催時刻ぎりぎりに滑り込み、私の祝辞が最初に予定されていたため先生にご心配をおかけしてしまいました。

 

Akw1

かわべ作品

今までの先生の著作は先の記事に紹介していますが、今回の素晴らしい作品写真はカメラマンでもあるご主人により撮影されています。ご主人川辺利晴さん撮影の「インドオリッサ 秘密仏教像巡礼」も一昨年出版されています。

今回の著書には多くの作品が収録されており、それらが春夏秋冬の4つの章に分けられています。それぞれの季節から1作品を選ばせてもらいました。

 

Akw

京都ロンドン花物語

 今回の著作は今までの作品中心の本ではなく、先生がロンドンでフラワーアレンジメントを学びながら過ごしてこられた、ロンドン時代楽しい思い出を英文と和文でエッセイを書かれた作品です。冬の章で先生は「花を贈るということは、受け取った瞬間の喜びを贈るということなのだ。[一瞬の感動]をプレゼントするなんてなんと贅沢なことだろう! その贅沢な思いを形にするお手伝いをさせていただく幸せを、いつも感じている」と書かれています。それが先生をフラワーアレンジメントに掻き立てている原動力なのだと感じさせられました。

 

Akw_2

 クラスターアレンジメント

材料:アジサイ(バイオレット)、スカピオサ、スィトピー(グレース、ステラ)、パンジー、ビオラ、ブルースター、フランネルフラワー、ダスティミラー(スターダスト、シラス)

 

Akw3

キャンドルアレンジメント

材料:バラ(ライム)、カーネーション(ブラドミント)、スカビオサ(レッド)、シキミア(グリーン)、ヒペリカム(グリーンジェイド)、ビバーナム(スノーボール)

 

Akw4

悲しみの花束

材料:バラ(ラベンダーヘイズ、アイスブレーカー)、ビバーナム(スノーボール)、リュカデンドロン、カーネーション、チョコレートコズモス、ダスティミラー(シラス)

 

Akw5

マーキュリーシャワーアレンジメンント

材料:フリージア(ラビット)、ラナンキュラス(オレンジ、クリーム、ピンク)、スマイラックス、ミカヅキネックレス、アジサイ(グりーン)

 

Akw6

デモ1

この作品からはパーティ会場で、にこやかにお話をしながら手早く作られたデモンストレーション作品を紹介します。

 

Akw7

デモ1

慣れない人にもより上級クラスの人にとっても、先生の作品のデモンストレーションに接することは、とても参考になることでしょう。

 

Akw8_1

デモ作品1完成

材料のお花の特性と、作品として仕上げるポイントを説明しながら、瞬くうちに作品が仕上がりました。私にはとてもできないことと、ただただ感心して拝見していました。

 

Akw9

デモ2

Akw10_a

デモ2

Akw11

デモ作品2完成

これはイギリスでよく見かける可愛らしい教会を、箱庭的にまとめた作品です。イギリスらしい木々の間に、桜の木も組み合わされました。イギリスには実際にサクランボを採る桜の木が結構植わっています。

 

Akw12_a

デモ3A

この作品はかなりのボリュームがあり、「私は手が大きいからつかめますが、普通の人には難しいでしょうね」と先生はにこやかに話しながら作成されました。

 

Akw13_3

デモ3

束ねられたお花を、さらにライスペーパーを数枚重ねそれを更に何度も折り重ねて、包まれました。

 

Akw14

デモ3

Akw15

デモ3

かなりの太さになった豪華な花束を、更にリボンでざっくりと結びます。

 

Akw16

デモ作品3完成

いよいよこれが完成作品で、抽選で参加者プレゼントされました。同じテーブルの人に当たったようなのですが、残念なことに逆回りの番号で当たりを逃しました。嬉しいことに昨日、私たちの結婚祝にと同じデザインの花束が先生から届きました。感謝感激でした。

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの 観賞植物の紹介 載せますのでそちらもご覧下さい


 

関連記事が 園芸植物・園芸情報 にもありますので、ご覧ください。 


 

|

« ・久しぶりに大阪造幣局の桜の通り抜けをしてきました | トップページ | ・京都歴史探訪:京都府植物園を守護し、絹織物の守護神でもある半木神社の春祭りに参加しました »

・園芸植物・園芸情報 Hort. Plants & Information 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ステキなフラワーアレンジメント作品ですね!
お花の質感といい、お色といい、とてもきれいです。
この一か月くらい、いろいろあって、週末すら休めないような感じなので、こういうお花を見ていると和みます。

投稿: きいろひわ | 2014年4月29日 (火) 22時46分

こんにちは きいろひわさん sign01

近所の鳥の種類も大分変わってきたようですねdelicious 

こちらではツバメが少なくなり、カラスが幅を利かしていますsmile

今回のイングリシュアレンジメントは、日本の生け花のように気取ったところはなく盛り花の
延長線上のようですが、でもなかなか面白いですね。note

投稿: プロフユキ | 2014年4月29日 (火) 23時54分

何て素敵な花房の数々。
こんな素敵なものを見ると、心が癒されます。
色んな花をふんだんに使って、豪華で美しい。
色の組み合わせが、心ひかれます。

こんなアレンジメントが生まれる過程を見られるのも、貴重な体験ですね。まるで魔法使いとの出会いみたいなネ。

投稿: 野花 | 2014年5月 1日 (木) 11時03分

こんにちは 野花さんsign01

作品の彩は控えめですが取り合わせが素敵ですね。happy01
英国風のアレンジメントはどこか日本人の好みにも合いますね。note

淡い色の花々を組み合わせて、それでいて特徴を出していていいですね。smile
こんなアレンジを説明をしながらみんなの前で作り上げる技術には全く驚きました。delicious

投稿: プロフユキ | 2014年5月 1日 (木) 22時47分

はじめましてconfident
そして、ありがとうございます。
出席していた生徒の一人ですが、自分ではデモの写真を上手に撮れていませんでした。
ブロフユキ様のサイトには、先程、偶然、たどりついたのですよ。
おかげ様で偶然に導かれ、学ぶ機会をいただき、ありがとうございましたsign03

投稿: ねむの木 | 2015年4月11日 (土) 13時27分

こんにちは ねむの木さん sign01

かわべ先生のお弟子さんでしたか、私は前の席でしたのでよく
撮れてよかったです。happy01

でもかわべ先生は本当にお話しながらも手際よく、お花をアレンジ
されるのに感心していました。eye

植物の記事も載せていますので、またブログをのぞいてみてください。smile

投稿: プロフユキ | 2015年4月11日 (土) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/59538270

この記事へのトラックバック一覧です: ・英国風フラワー・アレンジメンントの普及に努める、かわべ先生の著書出版祝賀会に出てきました:

« ・久しぶりに大阪造幣局の桜の通り抜けをしてきました | トップページ | ・京都歴史探訪:京都府植物園を守護し、絹織物の守護神でもある半木神社の春祭りに参加しました »