« ・家人の誕生祝のリクエストで、伊勢神宮参拝となばなの里のウインター・イルミネーションを見に行きました(1) | トップページ | ・クリスマス・イブ前日のクリスマス兼新年用の飾りつけをした玄関風景 »

2013年12月21日 (土)

・家人の誕生祝のリクエストで、伊勢神宮参拝となばなの里のウインター・イルミネーションを見に行きました(2)

今年も家人の誕生日が近づいたある日、新聞広告に載っていた“伊勢神宮参拝となばなの里のウインターイルミネーション”に行ってみたいとのリクエストで、早速申し込みました。2年前にも私は三重県長島のなばなの里に行っていまして、その見事なベゴニアガーデンフクシャガーデンについて先に紹介しました。

An1

なばなの里

明るいうちに伊勢神宮・外宮からバスでなばなの里に向かいましたが、高速で事故があったため一般道を通り、なばなの里についた頃は丁度暗くなり観客のピークがやや過ぎていました。しかし3000台止れる駐車場は、かなりの混雑でした。

An2

歓迎ラビット

自由時間は90分ありますが、花ひろば等含めて30万㎡の途方にくれるような広大な広さがあります。そこで、地上45mまで上がれる展望台・アイランド富士で全景を見ることにし、その後は家人の希望のベゴニア・ガーデンをゆっくりお花たちを見ることにしました。

An3

イルミネーション・ツリー

誘導指示に従って進みましたが、そこかしこにイルミネーションされた木々がありました。

An4

紅葉と池のイルミーネーション

大きな池の周囲に植えられたモミジの紅葉と、水面のイルミネーションが素敵でした。

An5

展望台・アイランド富士

たくさんの人が何重にも並んで、アイランド富士の搭乗を待っていました。心配したほど待つこともなく順番が来て、アイランド富士に乗り込み、座ったままで地上45mまで上がり、そこで展望台は1回転して園の全景をゆっくり見ることができました。

An6

ベゴニア・ハンギング

イルミネーション・ポイントはタップリあり、200mの光のトンネルも見たかったのですが、まず予定通りベゴニア・ガーデンに入りました。私は2度目でしたが、初めての人はこの見事なベゴニア・ワールドには驚くことでしょう。

An7

ベゴニア・ガーデン 撮影スポット

多くの鉢植えのベゴニアに囲まれた撮影スポットがあリましたので、私達も1枚撮ることにしました。

An8

フクシア

以前にも紹介しましたが、この低温期にフクシヤも元気に咲いていました。

An9

ベチュニア・ハンギング

これらの見事なペチュニア・ハンギングを、このように立派に咲かせるのは大変だろうなと思いながら、今回もたっぷり見せてもらいました。

An10

ぺチュニア・ハンギングとベゴニア

ベゴニアペチュニアユリなど多くの花々を見せてもらった最後に、もう一度ベゴニアとペチュニア・ハンギングの部屋がありました。池の水面にも、たくさんのベゴニアが浮かべられていました。

An11

鏡池と紅葉

 

ベゴニア・ハウスを出るともう残り時間も少なくなっていましたので、イルミネーションを見ながら入り口に急ぎました。途中には鏡池があり、モミジの紅葉が素敵でした。

乗車後一路京都に向かいましたが、京都駅に着いたのは11時過ぎでした。今日1日で1万4千歩歩いて、「伊能忠敬万歩計」によく頑張ったと誉めてもらえました。

それでは you tube で、なばなの里ベゴニア・ガーデンと、ウインター・イルミネーションをご覧下さい。

ベゴニア・ガーデン

ウインター・イルミネーション

少し大きな写真特性などは、右サイドの 日本の街角 載せますのでそちらもご覧下さい

関連記事が 日本の街角 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・家人の誕生祝のリクエストで、伊勢神宮参拝となばなの里のウインター・イルミネーションを見に行きました(1) | トップページ | ・クリスマス・イブ前日のクリスマス兼新年用の飾りつけをした玄関風景 »

・日本の街角 Hilights of Japan」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/58796154

この記事へのトラックバック一覧です: ・家人の誕生祝のリクエストで、伊勢神宮参拝となばなの里のウインター・イルミネーションを見に行きました(2):

« ・家人の誕生祝のリクエストで、伊勢神宮参拝となばなの里のウインター・イルミネーションを見に行きました(1) | トップページ | ・クリスマス・イブ前日のクリスマス兼新年用の飾りつけをした玄関風景 »