« ・これからますます需要の伸びるタイムの栽培と利用 | トップページ | ・このように漢字で書かれた野菜の名前が分かりますか?(5) »

2013年11月13日 (水)

・「ゲゲゲの女房」をNHKのオンデマンドで見ました

NHK朝ドラの「ゲゲゲの女房」は、2010年の前半に放映されま

した。私の退職の翌年でしたから見られたはずですが、なぜか

ないままに過ぎていました。水木しげるのドラマ「鬼太郎が

た玉砕ー水木しげるの戦争ー」を見てから、水木さんに興味

を持ち、「ゲゲゲの女房」を毎晩少しずつ見ることにしまし

た。私はあまり妖怪漫画に興味がなかったのですが、水木さ

んの戦争体験と、一貫して妖怪漫画を書き続けたことに興味を

覚えたからです。そこで水木さんの著作「水木しげるのねぼけ

人生」、「のんのんばあ」、「ラバウル戦記」を読み、その感

想を先に書きま。また、その後に出た「水木さんの幸福

」も楽しい本でした。

 

Agg1_028_4

「ゲゲゲの女房」

 

ゲゲゲの女房」を見出すと主題歌に魅かれ、また茂夫妻の新婚早々からの生活風景が正に昭和世代には共感を覚え、貧しいなかにも必死にまい進してきてサクセスストーリーが高い視聴率を上げてきたことが良く分かりました。

 

Agg2_2a_2

二人の自転車シーン

 私達昭和世代にとって、東海道新幹線開通1964:私は大学2回生)と東京オリンピック1964:大学2回生)、それに続く大阪万博1970:私も結婚)は当たり前のよう受け取りつつも、何か日本の明るい将来を感じさせる時代であったと今にして痛感します。何も怖いものはなかった、ただ将来を信じて努力を続けることが当たり前で、目前の大きな目標に向かって生きてきた時代でした。

 

Agg3_3a_2

幼いときの二人の出会い

 ひたひたとあとをつけるべとべとさんに付きまとわれた布美枝に気がつき、優しくエスコートしたは偶然このときに出会っていたのでした。

 

Agg4_11a_3

結婚式

原稿の締め切り直前の茂(向井 理)はお見合い後直ぐ結婚式を迎えます。何かとハプニングが続き、布美枝松下菜緒)はなんとなく不安に駈られます。

 

Agg5_qa_2

結婚式2     

 何かと手元に永く置きすぎた布美枝の将来を考え、良かれと茂との結婚を勧めた父・飯田源兵衛村井家の変わった人たちに不安を感じています。源兵衛役の大杉 漣も母・ミヤコ 役の古手川祐子も、実に味のある魅力的な夫婦役を演じています。

 

Agg6_6a_2

仕事に没頭している茂

新婚生活に夢を持って東京に来た布美枝は、粗末な家に驚くと共に、仕事に没頭するとの生活に不安が募ります。

 

Agg7_1a_2

初めて買ってもらったプレゼント

良かれと思って仕事部屋を片付けた布美枝を叱ってしまったは、彼女の気持を考えていなかった自分の過ちに気づきます。そこで、なけなしの金で自転車を買い二人で近所の散策に誘い、自分のお気に入りの場所に案内し、深大寺では彼女が気に入ったワラ作りの馬をプレゼントします。

 

Agg8_5a_2

初孫の藍子を抱いて喜ぶ両親

仕事に追いまくられているは、布美枝藍子を里帰りさせます。

 

Agg9_6a_2

可愛い初孫の藍子

可愛盛り藍子ちゃんですね。

 

Agg10_ajpg_2

4人になった自転車シーン

はじめは2人であった自転車シーンも、2人の子供に恵まれ、4人家族となります。

 

Agg11_4a_2

別荘を訪れた茂一家

少し余裕の出たは富士山麓に別荘を購入しますが、あまりのぼろ屋に驚きます。しかし、気を取り直して片づけをして住みやすくします。

 

Agg12_a_2

記念謝恩パーティー 

まだ漫画が売れないで二人して努力していたときが一番の華でしたが、仕事が軌道に乗るにつれ別の心配も沸いてきます。ともあれ20周年の記念パーティーでお世話になった人を招待し今までのサポートに感謝をします。

 

最後に番組を盛り上げてくれた音楽をお聴きください。

 

まずは吉岡聖恵さん(いきものがかり)による主題歌「ありがとう」。ありがとう」は2011117日に第83回選抜高等学校野球大会の開会式入場行進曲に選出されました。連続テレビ小説の主題歌がセンバツの入場行進曲に採用されたのはこの曲が初めてです。 

 

ヒロインを演じた松下菜緒さんは、NHK紅白歌合戦紅組の司会にも起用されました。それでは彼女のピアノ演奏による「ありがとう」をお聴きください。

 

最後は、番組中のバックでドラマをしっとりと盛り上げてくれていた、窪田ミナさんによるピアノソロ「旅立ちの風」をお聴きください。

 

 

少し大きな写真特性などは、右サイドの その他の写真  載せますのでそちらもご覧下さい

 

 

関連記事が 随 想 にもありますので、ご覧ください。

|

« ・これからますます需要の伸びるタイムの栽培と利用 | トップページ | ・このように漢字で書かれた野菜の名前が分かりますか?(5) »

・随想 Random Thoughts」カテゴリの記事

コメント

ユキ先生、こんにちは^^

水木さんの作品、特に「ゲゲゲ」は、小さい時から
ずっと見ていました。
子どもにとっておばけ・妖怪は怖いイメージですが
水木作品によって、おばけ・妖怪にも気持ちがあることを
学んで行ったような気がします^^
漫画を世に送り出して今の地位を築くまでに
奥様と2人で頑張っていらっしゃったことが
よくわかりました。
ちょうど私が住んでいる所が、ドラマの舞台になった
C市のお隣なので、c駅周辺や深大寺をはじめ、
縁の地に訪れることがあるので
より親しみを持ちながら、毎朝楽しみに見ていました。


投稿: はるる | 2013年11月27日 (水) 17時33分

こんにちは はるるさん sign01

「ゲゲゲ」は、小さい時から見ておられましたか。確かに以前はもっと
社会も暗く、お化けのような何か怖いものの存在がありましたたね。happy01

子供の頃遅くまで遊んでいると、サーカスにさらわれるよとか言って、
早く家に帰るように注意されましたね。happy02

水木さんの育った世代は正に貧乏と努力の時代で、苦しかったけれど
それが報われた時代で、それが懐かしいですね。smile

今の若い世代の人は何でもある豊かな時代に育ち、努力しなくても何でも
手に入ると錯覚して育ちましたね。wink

それが大学を出てもエリートではなく、努力より要領と運で稼げるような
へんてこな社会になっていますからね。bleah

丁度お住まいがドラマの舞台近くでは、余計に親しみがもてたでしょうね。delicious

投稿: プロフユキ | 2013年11月27日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562363/58566904

この記事へのトラックバック一覧です: ・「ゲゲゲの女房」をNHKのオンデマンドで見ました:

« ・これからますます需要の伸びるタイムの栽培と利用 | トップページ | ・このように漢字で書かれた野菜の名前が分かりますか?(5) »